音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

アレンジ考10-70年代サウンド10

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き70年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

音源は著作権の関係でyoutubeでご覧ください。

作曲家編曲家目線で、アレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

<74年ホーン/ストリングスセクションの参考に>

Barbra Streisand "The Way We Were"

ピアノ始まりストリングス盛り上がり系。

 

TSOP The Sound Of Philadelphia MFSB featuring The Three Degrees

Jungle Boogie

Al Wilson - Show And Tell

Blue Magic - Sideshow

Helen Reddy- Leave Me Alone ( Ruby Red Dress )

Olivia Newton-John - I Honestly Love You

 

The Stylistics-You make me feel brand new

ストリングスとオルガンの美しい曲。今でも印象に残っています。

 

Marvin Hamlisch - The Entertainer

 

Lamont Dozier - Trying to hold on to my woman

語り系ソウルストリングスってかっこいいですよね。

 

 

<ソウル/ファンク系>

Love Unlimited Orchestra ~ Love's Theme 1973 Disco Purrfection Version

ワカココギターストリングスソウルナンバー。ストリングス&ホーンも完璧。

 

Dancing Machine

Kool & The Gang - Hollywood Swinging

 

THE MAIN INGREDIENT just don't want to be lonely

同一ベースパターンで展開していく素晴らしい曲。

 

Stevie Wonder - Living for the City

 

 

 

 

<AOR>

Maria Muldaur - Midnight At The Oasis

こういう声は現代でも十分CMに使われそうなほどフレッシュですね。曲のグルーヴもいいです。

 

Feel Like Makin' Love

日本人が洋楽に焦がれてバンドでコピーするだけどかっこよくならない曲です(自分もやった)。

 

The Carpenters - Top Of The World

これもよく言われるのですが、やはりカレンのボーカルが上品さを醸し出しているのであって、普通にやるとただのフォークソングになります。不思議!笑。

 

Rikki Don't Lose That Number

いちいちスティーリー・ダンになる。

 

Don't Let The Sun Go Down On Me

それまでにない力強くかつ間のあるピアノバラードです。後半のブラスとダイナミックなコーラスとの組み合わせも印象的です。70年代サウンド万歳ですね。

 

 

<おまけ>

Mike Oldfield - Tubular Bells Full Album

チューブラーベルの響きに怪しさがあるなんて!時代を作りましたね。

 

David Essex - Rock On

ヘンテコなサウンドの代表曲。ボーカルのディレイも かっこいい。

 

Blue Swede - Hooked on a Feeling

 ウガチャカ!ウガチャカ!といえば。元曲はこちらです。ちょっと耳に残る効果的コーラスの事例ですね。

 

Olivia Newton-John - Let Me Be There

今superflyとかがやっても売れそうなテイストです。この低音ボーカルコーラス、現代でやったら印象的かも。

Ringo Starr- You're Sixteen (You're Beautiful, and You're Mine)

こちらでも低音コーラスが。この曲ポールは「カズー」で参加しています。とぼけた音が楽しいです。

 

Billy Preston - Nothing From Nothing

5人目のビートルズと言われるプレストンの作品、イントロの元ネタはこちらとのことです。すっかり昼の演芸劇場!という感じのテイストが定着してますね。

 

Dionne Warwick and The Spinners - Then Came You

この曲も冒頭、リズムのパレイドリア効果を起こさせる「頭のわからない曲」ですね。かっこいい。

 

Chaka Khan and Rufus - Tell me something Good

こういう隙間だらけのアレンジっていいですよね。でもボーカリストの力量とかにかかってるんですが。