音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

アフターパンデミックの時代を創り始めよう

3年ぐらいは我慢しないといけないな、人生のあらゆる楽しみを...。

そんな風に感じました。

どうやってこれまでやってきたやり方ではないやり方で現状のストレスを発散するかを考えよう、と思いました。

 

"緊急事態宣言"が連発される中で、まだ今まで通りの楽しみ方をしようとする人がいるのか、と感じます。でもこれは啓蒙できる側の責任です。

「これまでのやり方ではこの大事変は治らない」

と感じます。だからここで小さな声を上げておきましょう。

今までの楽しみ方ではないやり方で、今まで以上の楽しみ方を発明するしかありません。そこに一年だけ注力すれば、あとはそれが世界のスタンダードになります。

緊急事態宣言をするなら、そういうことを流布しないと社会は変わりません。

 

音楽業界について言えば、例えば今まさにパンデミック下で営業を行なっているライブハウスや、営業組織は、アフターコロナ時代のことなど考えることもできず、ひたすら新しいあり方にもがいています。しかし、それが新しい文化を造っているのかもしれません。

また営業形態を変え、現状に即したあり方に運良く変化できた人は、アフターパンデミックにどのように音楽を普及すればいいかをいち早く考えていることでしょう。

 

「音楽を聴かなくなると、音楽がなくても平気だと人は思うのではないか」

これは今までの価値観へのしがみつきです。音楽など滅んでも良い、という覚悟を持って表現を作らなければいけないと思います。

 

全ての物事への向き合い方を変えなければ緊急事態は乗り越えられません。

 

スペイン風邪の時代も同じだったと思います。

あの大災害を経て、娯楽への新たな熱を帯びたジャズ、ロック、ポップ・ミュージックは誕生しました。今の音楽は全て戦争を含めた大災害の後に生まれました。

これから30年経てば、また次の誰も予想もしないような音楽ジャンルが生まれ、新たな現代的な娯楽だ、と感じるような文化が生まれると思います。

音楽が歴史から消えたことはありません。人々の生活から消えたことはありません。

そもそも音楽が失われることを心配するのは杞憂です。

 

私たちの世代こそがまさに”戦後の筍”となり、新たな文化形態を作らなければなりません。他の誰でもない当事者は我々です。

 

まずは能動的に自分ができる小さなことをやればいいと思います。

 

今こそ、新たな戦後を創りましょう。

 

国は文化への延命措置を優先にはできません。

より重要視しなければならない国家的問題があるからです。

続けざまの大震災の連続に国家すら疲弊しています。

 

だから緊急事態下は自分たちで自分を守らなければなりません。緊急事態を国に出させてはいけません。私たちが協力することで国家は「助けるべき国民」をはじめて見つけられます。

主権は我々にあります。責任も我々に降ってきます。

我々は血流であり、国家はそれによって動くに身体です。

 

だから今こそ「工夫」しなければなりません。

これまで考え込んだレベルをはるかに超えたところで考えないと出てこないようなアイディアが必要です。

 

今こそ工夫しなければ、文化を自分たちの手で破壊させることになるでしょう。

国が文化を奪うのではなく、自分たちの手で息を吸うのをやめ、自死してしまうだけだと思うのです。

 

嘆くのはもう止めましょう。無意味に遊ぶのもやめましょう。

緊急事態、なのです。いつまでも遊ぼうとするから、緊急事態が無くなりません。

いわば国家は入院し、集中治療を受けています。何度も心肺停止になりそうな状態です。

その血流である私たちは互いに必要なものを贈り合わなければ、その母体は滅びてしまいます。

 

批判する人は少し黙っていてください。

 

「あとは自分がやるだけ」そう口に出すだけでも違います。

 

オリンピックも国がやる、やらないと決めるなら完全無欠の鉄壁な構えでやる、やらないと決めて行動すれば良いだけのことです。

オリンピックをやる理由を今回だけは、世界中の人々に感動ではなく、ワクチンや医療援助を届けるために実施する、というスローガンにすれば良いだけです。そのためにどう実施するかを考えるべきだったのです。

これまでを維持するためでも、娯楽としてやるのでもありません。

今回だけは特別だと思います。

 

まずは、勇気ある人が、明朝前向きに朝食を作る。

それだけで救われる人がいます。

一人一人やれることは小さくても、その意識は静かに伝播し(ウイルスよりも強力に)、優れた人材がその風を感じ、きっと全てを大きなうねりにまで広がるでしょう。

  

アフターコロナは今始まったばかりです。

f:id:terraxart:20210628142638j:plain