音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜UVI Falconの使い方編10

SERUM編はこっち

www.terrax.site

Falcon前回はこっち

https://www.terrax.site/entry/UVI_Falcon9

今回は単純にオシレーターにLFOをかけてウニョウニョさせる方法を覚えましょう。

シンセの醍醐味。

 

まずEmpty Partを用意しましょう。

f:id:terraxart:20210104205859p:plain

 

次にキーボードスペースを右クリックしてSynth Templateを選択。

f:id:terraxart:20210104210347p:plain

 

次にANALOGウインドウの文字をクリックしてWavetableを選択。

f:id:terraxart:20210104210448p:plain

 

今回はwaveのRezhodesというやつを使いましょう。波形の奥行きに変化が大きいと音も変わりやすいです。この辺はSERUMの解説ページを見てね!

f:id:terraxart:20210104210810p:plain

 

弾きながらこのwave Indexをクルクル回すと音がウニョウニョ言ったらLFO掛け甲斐があります。

f:id:terraxart:20210104211304p:plain

 

それではこのWave Indexの位置をウニョウニョ動かすためにこのつまみを右クリックしてProgramの位置でNew LFOを選択しましょう。

LayerでもKeygroupでもいいですが、使うオシレーターが増えるとかかる部分が変わってくるので要注意です。

f:id:terraxart:20210104212335p:plain

 

あとはPROGRAMのところにLFOパッチが出てくるので、これをクリックすると詳細編集ができるようになります。

メトロノームマークがDAWテンポとのシンクです。これを点灯させると、Freqのつまみが拍数単位になるので求めるスピードを選択しましょう。Depthはウニョウニョの深さです。

f:id:terraxart:20210104215637p:plain

 

基本はこのやり方をあらゆるつまみに適合していけるので、手動で回して変化するつあみに自分で掛けてみましょう!

 

お試しあれ!

 

 FALCONについて初心者が扱う範囲としてはこの辺りかと思います。

エフェクトについては、各位が好きなサードパーティがあるでしょうし、これ以上作り込む場合は、項目が多岐に渡りすぎてしまうので、下記からマニュアルをダウンロードして検索してみてください。

https://s3.amazonaws.com/uvi/UVIFC/falcon_manual_jp.pdf

また機会があれば、マニアック編でお会いしましょう!

 

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

時々セールをやるから、一年間待てるなら、セールの時に購入させてもらおう!!一緒にお得なチケットで拡張音源も買えるよ!!拡張音源が独創的で、日本人に一番合うソフトシンセだと思っています。