音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)テンキーのないキーボードでの録音ショートカット設定

www.terrax.site

 

f:id:terraxart:20210329132818p:plain

セットアップからコマンドで

コマンド窓で「録音」と打ちます。

f:id:terraxart:20210329133106p:plain

一番上に出てくる録音のオン/オフはサウンプラープラグイン「POLAR」のコマンドです。

通例の録音はその下の「トランスポートマスター」とあるものです。

f:id:terraxart:20210329134751p:plain

あとはクリックしてショートカット動作を打ち込むだけ。

もし先に割り当てられているものがあれば、

f:id:terraxart:20210329134908p:plain

アテンションメッセージが流れますから重複が避けられます。

テンキーがあれば、③が録音ですね。

テンキーがない場合は、例えばウチですと「⌘+3」にしています。

これ例えば、⌘+Hとかも設定できますが、macでは、これが「アプリケーションの画面を背面に隠す」と言うショートカットで、それが優先されてしまうのでDPでは使えない、的なこともありますのでご注意ください。

 

このように自分が使いやすいコマンドを入れておくと、作業の効率が信じられないくらいよくなりますし、慣れてくるとそれなくして作業ができません。

 

例えば自分で設定したもので有用なのが頭に巻き戻すショートカットh「esc」です。

f:id:terraxart:20210329133839p:plain

スイッチマークはescキーなのですね。

 

またソロモードの切り替え、

f:id:terraxart:20210329133959p:plain

Shift+option+Z

 

または「ハードウェアドライバの設定」

f:id:terraxart:20210329134410p:plain

option+D

 

f:id:terraxart:20210329134610p:plain

他にも設定できるけどされていない空欄のところがたくさんあります。

 

お試しあれ! 

DP10へのアップグレードはこちらまで!

乗り換えは「DP10クロスグレード」をお選びください。上記ページでも内容をご確認いただけます。

f:id:terraxart:20201110170616p:plain

その他、様々な購入前のお問い合わせはこちらから。

h-resolution.com