音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

DTM関連;BFDのプリセットが読み込まなくなった/BFDアンインストールの方法

BFDのインストールの鉄則は。

朝はダメ。

夜も遅すぎ。

夕方に。

凄い速いパソコンと回線持ってる人はこの限りではありません。

f:id:terraxart:20200429174203p:plain

いつかアンインストールして読み込み直そうと考えておりました。とほほ。

 

アップデートで解決?

人によってはアップデートで解決できるかもしれません。

f:id:terraxart:20200501110132p:plain



アプリケーションの中のFX License Managerを開いて。

f:id:terraxart:20200429174517p:plain

この画面右のところでアップデートできます。できたら「Download」タブからダウンロード!

これでも治らない場合はあの地獄の一日ダウンロード待ちをやるしかない...。

 

 BFD3のアンインストール(mac)

アンインストールは二つ方法があります。

1.ライブラリ⇨Application Support⇨FXpansionの中に「BFD Uninstaller」というのがある人はそれで消せます。

ウチは「FXpansion」「fxpansion」というフォルダなどがそれぞれ二つのライブラリのApplication Supportの中にありました。

 

2.もう一つ方法があって、アプリケーションでまたFXLicense Managerを開き、

f:id:terraxart:20200501103155p:plain

De-authorize BFD3を選び、

f:id:terraxart:20200501103430p:plain

この画面の左下、Also uninstall softwareにチェックを入れれば、アンインストールできます。かならずシリアルナンバーを、Fxpansionのサイトで事前にチェックできるか確認しておいてから!!

www.fxpansion.com

===(中級者以上向け)

念のためPC内フォルダを「BFD」で検索してFX pansionのフォルダ等、あきらかに削除しきれていないキャッシュデータなどがあったら全て削除してください。

間違ってその他のFXpansionのデータを消さないように!

===

 

そのあとでBFD3インストール。

 

その日の制作仕事等を終えた15時-16時ぐらいに時間が取れる日をセッティングしましょう。

自分が使ったソフトウエア史上最も分かりづらいインストールの手順だと思います。

①ダウンロードチケットのダウンロード。

先のFXpansionのサイトからチケットをダウンロード。

f:id:terraxart:20200429180404p:plain

 

 

②ライセンスマネージャーでチケットを開く。

f:id:terraxart:20200429180512p:plain

ダウンロードしたチケットを読み込んでください。ここでオーサライズを行う場合もあります。ここまで把握しておいて一応下記を見るとわかりやすいです。公式の説明(英語)です。

www.youtube.com

f:id:terraxart:20200429174705p:plain

約40GB。見ると絶望するので2ー4時間他のことをしましょう。

 

③コアライブラリの移動。二度目のインストール。

すっかり夜です。

今回私は外付けSSDにコアライブラリを移しました。mac内にしたい人は、書類フォルダなどに移動する感じでしょうか。

f:id:terraxart:20200501104534p:plain

移動が終わったら、そこにある「BFD3 Core Library Installer」をダブルクリック!!

ここでもう一回インストールするのがミソなんですね。

f:id:terraxart:20200501104700p:plain

どんどん先に進みます。

f:id:terraxart:20200501104722p:plain

すると、ここでまた何時間かかるかわからないインストールが始まります。

さっきのはダウンロードで、これはインストール。

だから寝る前にこのインストールをして、寝るなり、遊ぶなりしておけば、深夜には終わっています。

夜中にトイレで起きるときにでも電源切ればいいです。

BFD安売りセールなどをやってるときにこれをやると、世界中でダウンロードしている人がいるので最初のダウンロードで二日間ぐらいかかりますので注意。

 

f:id:terraxart:20200501105015p:plain

4007秒って66分ぐらい?2時間ぐらいかかったイメージだけど。。

60分のインストールでもすごいけど。

 

④立ち上げ、ライブラリの指定。

f:id:terraxart:20200501105225p:plain

ソフトを立ち上げて。

上記のようにContent Locationが立ち上がるので、先ほど移動したデータのフォルダを丸ごと指定すると、データの読み込みが始まります。

確か自動で始まったかな?もし自動で始まらなかったら、上記画面左下の「Serch folder」でライブラリを選択します。

f:id:terraxart:20200501112443p:plain

これでソフトにデータが読み取込まれます。

これはエクスパンジョンなしで2分ぐらい?

完了です。 

f:id:terraxart:20200501105427p:plain

presetも読み込んだ!!!!

ちょっと古いけど、『24』ドラマ最終回みたいな疲れ。

留意点

なおBFD使用の制作途中のデータがあったり、エクスパンジョンを結構入れていたりする場合はアンインストールを行うと全てやり直しなので、次のように考えてください。

 

・エクスパンジョンのデータをよくメモっておく。

・まず現在作成している曲、今後直す可能性のある曲データでエクスパンジョンを使っている曲のデータはフリーズ、またはバウンスさせてオーディオデータにしておく。

(これでとりあえずはオーディオデータにできるのでMIDIの状態で再生したらエクスパンジョンがなくて読み込まない!!ということを避けられます。)

・あとは使うデータから一個一個読み込もう。

 

今回の原因ですが、おそらくSSD購入や何やらでコアライブラリーを色々移動させていているうちに、mac側の読み込みがバグったのかな?、という印象でよく分かりません。

 

お試しあれ!!

諸々のお問い合わせはこちらから!

M-Bank スタジオレンタル・ブログ・HP等のお問い合わせ

<広告>

日本最大級の音楽素材販売サービス「Audiostock」