音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;(DTMカバー) 香水 / 瑛人〜歌詞に乗らない言葉を表現する伴奏からオタク頑張れって話。

www.youtube.com

キーを上げましたので、ギターアレンジだとちゃきちゃきしてしまうのでいっそピアノアレンジ。勢いで作って行ったらこうなりました。

コードはリフレインが多いパターンなのでなかなかグルーブと引き出しが問われる楽曲です。

印象に残る歌詞と、素朴なアーティスト性がすごく魅力的です。

 

最初にアレンジを仕上げてりんな氏に自由に歌っていただき、その歌の感じに合わせてピアノを練り直したのが完成版のアレンジです。

ダイナミクスで感情を表現、みたいなことを中心に考えていたと思います。

f:id:terraxart:20200605103257p:plain

サビのグッと来るところに9thと3rdの淀み。もどかしい切なさを出したい感。

不協和音=もどかしさ

みたいなところってありません?

f:id:terraxart:20200605103548p:plain

後半同じところを今度は5thのスライド。これはきついけど。b5thはブルーノート的に感じることができるクオリアをギリギリ活用してどのタイミングで5thにスライドするか何度も聞き直しました。

何度も何度も繰り返してしまう人間の性、これはさっきの3度よりも人間的に問題を抱えた感が出たほうがいいと思い、よりきついコードにしました。

ヴェロシティも重要で、聞こえすぎると不協和だし、聞こえないとまた不協和です。これはDAWでしかできないアレンジかな、なんて思います。

 

何語っちゃってんだって言われそうですが笑、ごめんな、こういう風に歌詞の裏に潜む感情を音に置き換える方法論を作ってるんで、生きている間にできる限り説明しておかないと!

ひょっとするとこれはすごい伴奏ピアニストなら、即興的にできるかもしれません。

そしてそういうことに気がつく人はほとんどいません。本人も説明しません。

故に音楽文化が盛り上がらないんです笑。価値が見出されないんです。

そして偉い人が理解しないんです。

むしろ言葉の通じない外国人の方がよく分かっていたりします。

芸術文化のアツい国の方が多いです。

 

特に優れた作家やプレイヤーはとんでもないいことをさらっと瞬間芸でやっているので、こうした構造論だけでなく、彼らの言葉に耳を傾けていただきたいです。

 

基本ベレベラ喋るのはかっこよく無いとか言ってるアーティストは死ぬしかりません笑

昔はyutubeがなかったから雑誌やライナーノーツで勝負する生き方だったんです。

 

今はもう違います。カッコ良さの定義が違います。ぜひ発信してください。

文化が高まります。

だからまず隗より始めよ、ということで自分も厚顔無恥で発信してます。この手の話に価値が生まれるのももうすぐです。

 

かっこいい人にかっこよく語ってもらうといいですね。

「なんでもいいんだよ!」とか言わず。それは50年代のロックンローラーのシャイな習慣を引き継ぎ過ぎです。本当はみんな繊細で考えすぎてるからこそ出た言葉です。

 

またボーカリストもしかりです。ちょっとした音使いとか表情とか、ニュアンスとか、衣装とか、全てコンセプトや一貫した何かによって貫かれています。言葉にならない音で表現されているところが本当はもっと多いです。

最近はオタクのみなさんが進化して(自分も最上級のオタクだけど)、こうしたことをより深く分かってくれてる方が多いです。社会文化的にそれがキモいだけで、芸術への理解、という意味で金持ちが世界中でやってることはこれと同じことです。

逆にオタクは頑張ってお金持ちになって、アイドルのライブハウスを自分らで運営するぐらいの志を掲げてもいいと思います。アーティストを支えているのはパトロンです。一般人です。パトロンがいなくなれば芸術は成り立ちません。これは産業革命前からずっとそうです。

だから理解してくれる人は、理解してもらって、財力を持ってください。

持ちましょう。

何の話だっけ笑。

そう、音楽家は一音一音考えて置いてるので、もっと価値を上に見てもらってもいいですよ、って話です。すごいアーティストはそれが全く感じられなかったりするからもったいないです。そういうことを理解してアーティストからそれを引き出して発信させるキッズがたくさん生まれてほしいです。

 

70ー80年代ごろはオカルトブームで、オカルトと組み合わせされてへんな感じになってしまったんですが、現代はオカルトはジョーク化されてきているのでもっと真実を考えることができるようになったと思います。

何がすごくて、どこがアートなのか、とかは勉強しないとわかりませんが、いずれにせよ文化を支えるのは我々オタクであるべきです。彼らは自由に生きていて羨ましいから社会から非難されているだけです。社会の方が遅れているよね。

社会保障の優れた国家がどういう生き方を推奨しているかを見ればわかります。

 

まあ、そうでないと、自分、生きるところないしなぁ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ