音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

制作メモ;(DTMカバーをしてみた) 夜に駆ける / YOASOBI

www.youtube.com

めちゃくちゃ難しかったです。

楽器が少ないとミックスって難しい。。

 

結局カッティングギターは自分で弾きました。うまく打ち込めませんでしたゆえ。二本入っていますが左チャンネルはX'pandです。このDirty ストラトはうまいこと混じります。サウンドもこうした総合音源の中では一番使い勝手がいいように感じています。

毎年100円セールやっていたりするのでDTMやる人はぜひ。

f:id:terraxart:20200605094533p:plain

www.terrax.site

 

右チャンネルは生です。

f:id:terraxart:20200605094952p:plain

アンプリチューブといつものEQ、Breverb、FF pro コンプです。ロック系はGuitar Rig使うのですが、カッティングみたいなクランチ系は、こちらの方が近い音が多いので、音を作るベースにしております。

 

ベースはMODO BASSです。

MODO BASSは低音が分厚く、中音に太さがありません。ブイーン!!て弾いた時、細くなります。分厚くするために苦労してます。

時々弾き方をスラップに切り替えて主張させてます。

下記は弾き方切り替えのやり方。

f:id:terraxart:20200605100210p:plain

ドラムのボトムは最近買ったADDICTIVE DRUMS

f:id:terraxart:20200605095439p:plain

BFDでもいいのですが、ロック系はやっぱりこちらの方がパンチがあるなぁ、と。

 

f:id:terraxart:20200605100558p:plain

それでも音が細くてサンプルをかぶせてます。音の太さって大事ですね。

 

ピアノは基本はいつものWAVESなのですが、キラキラ!とするところはNEXUSのピアノをかぶせてます。

f:id:terraxart:20200605100806p:plain

 

 

問い合わせがあった最後のコードは。

f:id:terraxart:20200605101205p:plain

C7(b5,#9)

です。短いアレンジなので、はいトニック!ってスッキリ終わらせるとなんだか消化不良だったんです。

そういう時は噛み応えのあるドミナントコードで締めくくっておくと、余韻で20秒ぐらい曲の印象は伸びます。

不定調性的思考ですね。気に入らない方はごめんなさい。

 

他のアレンジでもこういうことやっています。

短いアレンジをお腹いっぱいにするための工夫です。

 

ドミナントは"強烈なトニック"になるんです。

 

f:id:terraxart:20200605094353p:plaintopic image