音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;おもひでの輝き〜ソロピアノ作品;明日も命がある、ということ

www.youtube.com

以前作った作品です。

歌詞もちゃんとあったのですが。

===

おもひでの輝き

あの風の中へ 君は羽ばたいた
愛満ちた そのまなざしを きっと忘れない
あしたはもっと笑おう 君との時をこの胸に
とどめよ この想い この場所へ
永遠に このいまを

 

ただ空を仰ぎ ただ歌い 泣いて
君のため できることは 君を想うこと
あしたはもっと歌おう 君との夢をこの胸に
刻めよこの想い この場所へ
明日よ 歌となれ
君と 歌になれ

===

 

 

M-Bank講師の実母の実話のストーリー。

大戦中、戦場に向かう男たちにステージで歌を歌い、見送ったそうです。

ピンときました。

音楽と戦争の結びつきなんて我々にはおぞましいですが、それが唯一の慰み、だという時代があったことがなんとも理解が及ばず、言葉になりません。

2015年にはできていた歌ですが、形にしようがありませんでした。

最近インスト、ピアノ曲に凝っていますので、ついピンときて、いまの今、ピアノ曲にしてしまいました。

 

不定調性論という方法論ができて、自分自身は自分自身を本当に自由にできました。

(ただ年取って自意識が劣化しただけかも)

数年前までは、真に自由な音の配置に抵抗がありました。

真に根拠もないのにそんなことをやっていいのか、疑問でした。

方法論があっても世間が良くない、というやり方をすることを避けていました。

しかしながら、別に社会の立法がそれを制限しているわけではありません。

イメージで根拠づけられることを絶対とする、という曖昧さを方法論が得てから、意識も変わり、こうしたアレンジにも自身を説得させながら進めることができました。

本当に不思議。そうしたらメロディが浮かぶようになったんです。

なんと説明して良いやら。

本来は、一人一人が自分の自由を創造しないといけないのかもいけないですね。

 

 

今回は、曲想はなめらかで統一した柔らかい質感が欲しかったので調的に準じました。

テンポをとっておらず、とにかく一音一音手打ちで骨が折れました。

これをピアニストは即興でやっているなんて!!

今回は、ヴェロシティとペダルのタイミングで混じる音を一般的不協和ギリギリまで保つ、みたいなことを試験的テーマともしました。

DTMでしか表現できないような音もあるかも。でもこれが現代の音楽。

f:id:terraxart:20200205092223p:plain

こういうのとか。

これはかなり厳しい音の混じりになるところでペダルを踏むんですが、あまりに音を消し去ってしまうのが嫌いで、機能和声的協和感に問題のない音データをペダル先まで伸ばすことで、音が切れないようにしてます。物理的にはおそらく弾けません(手が間に合わない)。こういうのは本来アレンジの問題であり、またペダル箇所の吟味の問題であり、もっともっと追求しなければピアノ曲として、実際に引けるか弾けないかを考えてきた芸術としては甘いのですが、DTMという新たな音楽表現においては、こういうことが可能になり、いわば探求の時間が短縮された、と言ってもいいでしょう。

だからこそ私のような者でもその入り口までこうしてこれたのだと思います。

100年前になかった音が今はあり、今できることをして自分の人生を構築したいです。芸術は伝統でもあり、まだ誰も知らない価値観でもあります。なぜなら50年後には全てが常識だからですね。それは過去の作品がやってきたことを見ればわかります。

遠慮せず確信を試みられるときは、試みれば良いと思います。

 

==== 

自分の周りには、時代に辟易してしまって、現状を受け入れられない人がいます。

作曲家なのに今、曲を作れない人は、時代に翻弄されているんだと思います。

繊細なんでしょう。表向きが刺々しい人ほど会ってみると繊細です。

文字は仮面です。でも音には全て出てしまう。だから怖いのだと思います。

そこに必要なのは、やはり自分自身を鍛えていく、ということで、これも作り続けるしかない、というのがうまくできている、と感じます。

仕事をするしかない。作曲するしかありません。

 

==== 

この曲もコードや展開が云々ということは考えていません。

考える前に手が動いてそれを決めてくれます。そういうことが「音楽的なクオリア」を操る、ということだと思います。

いずれ寝てても曲できるかな。

 

 

未来の日本への希望を胸に死んでいった先人と、平和すぎて絶望を胸に生きる現代人の不思議な折り合いが無常だなあ、と思います。

有り余るほどの平穏な日本をじっちゃんばっちゃんたちが作った、と思うと、この絶望も無常も無気力も"与えられた幸福"だと思います。必要なら、感謝して無気力を謳歌してもいいんじゃないかと思います。

その先に自分のやりたいことが見つかった人はやればいいし、見つからない人はずっと文句を言って生きればいい。それでも、明日死が決まっていた彼らよりもこれから先、幸福を実感できる可能性は高いのですから。

 

誰しも思い出があります。他愛ないことでもずっと心を支えてくれる思い出。

死に瀕して、思い出はきっと痛みを和らげた、と信じます。

過去と今と未来と。あなたの小さな思い出もきっといつも輝いてますよね。

いや、輝かせないといけないんでしょう。生き抜くために。

あの日のあの人との想い出。

色々、いろいろ思いを込めてアレンジしました。

 

明日もまた静かにいつも通りに過ごせるなら、それって最高じゃない?

 

次は10分のピアノ曲!これで一区切りできると思います。

 

その他のDTM調性あり作品(ポップスカバーとか!)はこちら

(Digital Performer)Digital Performer~DAW制作関連記事目次です。

 

 

f:id:terraxart:20200205004643p:plaintopic image