音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性論と「ハーモニー探求の歴史」4;読書感想文

前回

www.terrax.site

4第6章 独自論の誕生

同章で紹介されるシェンカー理論の考え方は優れた独自論の在り方を示しています。

独自論とて公開されれば、世界に何人かはそれに影響される人、同調できる人が現れます。その理論が優れているかどうかではなく、「似たような感性を描いていた人」「考え方が似ていて共感できる人」が確率的に存在する、というだけです。ましてや影響力のある人がそれを良し、とすればまたその話は広がります。しかしやはりそれに共感できる人はタイプが限られています。

戦後の教育システムのように洗脳教育のように普及させないとなかなかそれを「主流」と思うことは出来ないでしょう。それとて偶然の産物です。ゆえに方法論を押し付ける人もいれば、とっとと自分のやり方で走る人もいます。しかしすべてはあなた自身の選択の責任です。

だから「主流でないから二流」とも言えず、「主流だから素晴らしい」とも言えず、これらは親の世代からの洗脳によって判断をさらに曇らせてしまいます。食えているから偉いのでも、世間の物笑いだから人より劣る、ということもないと思います。

どんな生き方をしても後悔するのですから、せめて自分が望む生き方を選択し、近づいていきましょう。

同書では、シェンカー分析の中身に触れていないので、ご興味のある方は下記を読むと良い、と紹介されています。

調性音楽のシェンカー分析 

シェンカーは音楽を「ひとつの生き物」のようにとらえ(有機体)、ハッピーエンドの物語のようになっていて、不協和音は協和音(主和音)に最終的に解決される、といったイメージでいたようです。

 

これを同書では「メタファー」と読んでいます。メタファーについては下記で述べちます。

www.terrax.site

これも個人の共感覚的な知覚に基づくもので、シェンカーは、なぜリーマンはそのように感じないのか?とでも思っていたかもしれません(リーマン理論には批判的だったようです)。

しかしリーマンにはリーマンのメタファーがあり、それぞれが自分の肉体がフィルターとなり感じられる音楽の映像を理論化していったにすぎないわぇです。

個人の感覚ですから、どっちが正しいか?ではなく、人の数だけ価値観がある、となります。

こう考えると同書が紹介するシェンカーの「音は概念上は持続している」というような「シェンカーのイメージ」もまた、彼にとって都合の良い解釈であり、それによって彼は首尾一貫した感じ方もできたのでしょう。それがモチベーションになり自分を邁進させられます。

 

このメタファーという考え方に気がついて、不定調性論も2015年ごろの改訂で、不定調性論は一般論に優位なのではなく、私個人のイメージである、と宣言しました。

そして同時に、あなたもあなた自身のイメージを受け入れ、構築し、人に押し付けないほうが良い、というようなことも書き始めました。

 また"耳は第五倍音までしか進まない"というようなシェンカーの主張も、結局「自分ルール」です。拙論で

ひとつの音がどこまで親和するかを自分で決められる

とした発想です。この発想が生まれた日は一日狂喜していました笑。凄く楽になりました。この考え方は2010年ごろだったと思います。教材をまとめているときにある日の午前中閃きました。当時のシェンカー先生に声を大にして話したいアイディアです。

そしてしばらくして、それは自分にしか通じないメタファーだと考えると、さらに楽になりました。

でも最初は自分にだけしか通じないものをずっと作っていたのか、と感じ受け入れられませんでした。

 

第7-8章 

シェーンベルクの登場です。

"ひとつの楽曲には一つの調しかない"

シェーンベルクの言葉です。不定調性誕生前夜ですね。同書ではここでビートルズのGooday Sunshineのヴァースごとのキー分析しているのも面白いです。

何よりシェーンベルクがリーマンとも、シェンカーとも違うアプローチで和音の構造を示しているのが面白いです。

きっとこれからも新しい和音の解釈は生まれるのでしょう。現代も17世紀と同じ過渡期である、と思っていれば間違いないでしょう。

 

12音技法やピッチクラスセット理論についても大方の説明が触れられていますが、あくまで導入的です。

 

アメリカが西欧に負けない独自の方法論を作るんだ、という意気込みがあったのでは?という指摘は面白いです。さすがアメリカ。

ピッチクラスセット理論は今にしてみればコード進行論に似ています。

あの曲とこの曲はコード進行が一緒なんだぜ?

みたいなことを1910年代に述べる人がいたら、それこそ歴史に名前が残ったでしょう。

ピッチクラスセット理論は、曲中の無造作に見える音の連鎖の数理から共通性を見出し、だれだれの無調の曲のこの部分は、モーツァルトのこの曲のこの部分と同じである、ということが言えた、という点が画期的でした。

でもこれは結果論であり、あくまで楽曲の構造分析法に過ぎません。

 

12音技法は作曲技法ですが、ポピュラーミュージックに応用しようと思うと、

・一つの音列→モード

・転回/反転自由→ネガティブハーモニー的、ポリモード的

となり、結局は無調にしなくてもいいので12音技法を応用する、となれば、不定調性、という概念が最もしっくりくる、とわたしなりに感じます。60年代以降「汎調性(pantonality)」という言葉が出てきました(60年6月,ジャズレビュー、ジョージラッセルの定義。-出典;オーネット・コールマン『ジャズを変えた男』-)

 オーネット・コールマン―ジャズを変えた男(amazon)

ので、主流はそちらですが、決して調性が「汎」すべてに行きわたっている、というような悟ったような心持ちではありません。定めたくても定まらない、という心境でそれをまた楽しんでいるので「不定」なんです。むしろ汎調性=無調と解釈してもいいくらいです。

不定調性は、調的な要素を用いながら、求める方向に自在に展開していくので、

・定めることをしない

だけです。

その対義語は「定調性音楽」であり、従来の機能和声、旋法音楽など、調べが一定の音楽などをすべて含みます。

 

時代が調性音楽、複調性、多調性、汎調性、無調といった段階を経ながら拡張してきたのでたくさんの言葉が生まれているだけで、それを逆から見れば、定調性か不定調性のグラデーションに過ぎません。

逆に私が「不定調」という概念を作ってしまったことで、プロの方の適当な概念の確立を邪魔しているようで申し訳ないです。でも自由に使ってください。権利を主張したりないので。宣伝はするかも、ですが。使ってくれたら嬉しいです。

 

おまけ

西田先生の発表をリズム学会で拝見したことがあります。華奢で綺麗な人だったように覚えています。

この「ハーモニー探求の歴史」計五名で書かれた力作です。ぜひお手に取ってみてください。音楽史系の専門家用かもしれません。一般の方だとこの話を披露する機会も引用する機会もかなり限られてくると思いますが、話のネタとしてはとても面白い話が沢山出てきます。

 

また同著に登場する、今野氏の音理研の発表内容など、こちらでご覧いただけます。 

Society for Music Theory of Japan

<概要文の紹介>

http://sound.jp/mtsj/Konnnoresume.pdf

http://sound.jp/mtsj/20161002Konno.html

こちらまでお問い合わせください。

 




 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

けっこうこの本凄いかも!!!和声の精神史がだいたい把握できます。

ハーモニー探究の歴史 思想としての和声理論