音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

M-Bankスティービー・ワンダー楽曲(コード進行)研究レポート公開シリーズ25★★★

スティービー・ワンダーの和声構造

~非視覚的クオリアを活用した作曲技法~

<前回>

www.terrax.site

 

目次ページはこちら 

アルバム28;「A Time To Love(2005)

A Time To Love

事例118;Sweetest Somebody I Know(CDタイム 0:23-)

open.spotify.com

Aメロ

D♭M7(13) |E♭m7 A♭7(♭9) | D♭M7(13) |E♭m7 A♭7(♭9) |

D♭m7(11) Bm7(11) |Am7(11) Gm7(11)|F#M7 AM7 E♭m7 A♭7 |

D♭M7 |D♭M7 A♭7(♭13) |

非常に聴き取りづらいコードなのではないだろうか。ボサノバの雰囲気を持ったone note sambaのようなテイストを持っている。

中半で11thのm7が下がってくる感じでも絶妙にメロディバランスが保たれている。ここから続くBメロはさらに聴き取りづらい、これは、どのように進行してもある程度のバランスが取れてしまうほどの調的アンバランスに拡散してしまっているので、聴き方によって、またメロディに合うコード進行体系をさまざまに見つけられてしまうだろう。これを正確に聞き取る必要はないと感じたので、比較的バランスが取れているAメロのみをここに記録することにする。

 

事例119;Moon Blue(CDタイム 0:29-)

open.spotify.com

Aメロ

A♭m |B♭m7(♭5) E♭7 |A♭  |D♭m7 G♭7 |

BM7 B7 |B♭m7(b5) E♭7 |EM7 D♭m7 |B♭m7(♭5) E♭7 |

A♭m |B♭m7(♭5) E♭7 |A♭  |D♭m7 G♭7 |

BM7 B7 |B♭m7(b5) E♭7 |EM7 D♭m7 |G♭7 G♭7(♭9) |

Bメロ

BM7 B7 |D♭m7/B D♭m7(♭5)/B |BM7 B7 |B♭m7(♭5) E♭7 |

A♭m A♭m/G |D♭7 |F#7sus4(♭9) |B♭m7(♭5) E♭7 |

比較的A♭マイナーの調性的であるが、三小節目のA♭の陽転が美しい。またBメロに入ってからも単純なマイナーダイアトニックではなく、D♭m7(♭5)/Bというサブドミナントマイナーコードへの変化を分数コードで用いるなど、F#7sus4(♭9)といった変化和音も大変味のあるコードとして使われている。楽曲の雰囲気も月夜のイメージを喚起させるものとなっている。

また曲の後半では、A♭m |B♭m7(♭5) E♭7の進行をベースにA♭メロディックマイナースケールでソロがとられている。なかなかメロディックマイナースケールを単品でここまで長く使用される事例を列挙するのも大変であろうから、事例として覚えておくのは良いだろう。

同曲では“blue”という色を表す言葉が使われている。共作の曲だが、きっと彼が感じる“bluesという概念”が最初に提示した“太陽の存在”と同様に表現されているのだろう。

なお全盲者の色の概念などは、参考文献の項目などにインターネットで見られる記事について列挙させて頂いた。

 

その印象を考えると、自分が感じるblueと晴眼者が感じるblueがなぜ違うのか、という差異をいつも感じることになる。そして常に教えてもらう側である。これも推測であるが、負けず嫌いな彼にはそれはイヤであろうから、きっとそれ以上の価値観を“blue”にあたえ、夜の雰囲気と音楽的印象でblueを作りだしているのだと思う。

同曲の後半に続くピアノソロこそ、彼が感じるblueなのではないだろうか。そうした独自性を誰でも持っている。自分が健常者だと思ってしまうと、人並な価値観を持っていなければならない、などと思ってしまうが、それはあり得ない。人と人とは違うのだし、どんなに他人より優秀であっても、心の目がみえていなければ、スティービーに“blue”とは何かを教わる羽目になる。ゆえに、自分らしく、自分のままを表現せよ、人間皆裸になれば同じ、という発想になるではないか。

 

事例120;From The Bottom Of My Heart(CDタイム 0:47-)

open.spotify.com

Aメロ

AM7  |DM7 E7(♭9) |AM7  |DM7 E7(♭9) |

AM7  |Bm7 |Em7 |A7(♭5) Em7 A7 |

DM7  |GM7 A7(♭9) |DM7  |GM7 A7(♭9) |

A♭m7 |B7 |Em7(♭5) E♭7 |Dm7(11) |G7 |

Bメロ

CM7  |F#m7(♭5) F7(♭5) |Em7  |A7(♭13) |

Dm7 |Dm7/G |CM7 |Dm7 G7 |

CM7  |F#m7(♭5) F7(♭5) |Em7  |A7(♭13) |

Dm7 |Dm7/G |CM7 |Bm7 E7 |

II-Vで確実に展開していく要素を結構堅実に使っている。ロン・ミラーや音楽大学の作曲課程で学んだ基礎が時折余裕を持って現われてくる。

不定調性論さえあれば、別に伝統技法を学ばなくても良い、という解釈をされる人がいるが、少し違う。不定調性論は、伝統技法にガッチガチにはめられた時、初めて効果を発揮する論法であるかあら、ある程度の基礎学習は必要であり、それらの基礎学習が進む中で、同時に学習を進めて頂きたい。

ここでは、AメロでAメジャーのキーからDM7にII-Vで接続して転調している。そしてA♭m7に展開し、Em7(♭5) E♭7 |Dm7(11) |G7 |というジャズではよくある、おなじみの半音下行のベース進行で和声をつなぎながら、サビではCに転調する。そしていきなりF#m7(♭5)へのII-II♭を持ってくる徹底ぶりである。このあたりの色彩感も一つ一つ各位で演奏しながら歌いながら試していただき活用されたい。

 

事例121;Passonate Raindrops(CDタイム 0:14-)

open.spotify.com

Aメロ

B♭m |B♭m(#5) |B♭m6 |B♭m7|

A♭ |A♭(#5) |A♭6 |Cm7(♭5) F7(♭9) |

B♭m |B♭m(#5) |B♭m6 |B♭m7|

A♭ |A♭(#5) |A♭6 |A♭7 |

Bメロ

D♭ E♭m |Fm G♭ |A♭m B♭7 |BM7 B♭7 |

A♭m E♭/G |F# D♭/F |EM7 |A♭ |

D♭ E♭m |Fm G♭ |A♭m B♭7 |BM7 B♭7 |

A♭m E♭/G |F# D♭/F |EM7 |E♭m7/A♭ |

Aメロは得意のクリシェの二本立てである。B♭mをIとすると、A♭のクリシェはVII♭のクリシェであり、逆にB♭mをスティービーが良く使うIImのクリシェにすることもできよう。メロディと併せて考えると、どちらでも解釈できるが、私の聴いた印象は、ImとVII♭の五度のクリシェという印象である。

Bメロは、D♭ E♭m |Fm G♭ |までがD♭メジャーキー、A♭m B♭7 |BM7 B♭7 |ここがD♭マイナーキーという凝りようである。ユーミン氏もそうであるが、メジャーキーとマイナーキーの混同の具合はさらにすさまじい。甘いものと辛いもの、軽いものと重いもの、寒いものと温かいものを平気で合わせてくる。またサビの後半では、A♭m E♭/G |F# D♭/F |というクリシェ類似形もあらわれてくる。

四度進行をベースラインの上で半音進行化させる方法である、ここからEM7に結びつける。これがIVM7やVI♭M7のような飛翔感を与え、次にここからIIm7/Vに帰着させ(ちょうどIVM7-IIIm7/VIの進行感的な帰着感の利用)、見事主調D♭に帰着させ、平行短調のB♭mに戻してくる。

そこには非視覚的な感覚、または混合化されたイメージを感じる。一瞬悲しみと喜びが入り混じってくるような、光と陰りが交互に襲ってくるような違和感があるが、これがスティービーなりの世界表現なのだ、個性なのだ、と本人が把握している場合、これを示すことによって彼を理解しよう、という想いになる。三浦氏の著書に、

 

彼の素顔はほとんどの人が知らない。彼は自分自身でもよくそれをわきまえていて、ことあるごとに人々に素顔の自分を知ってもらおうと努力している。言語のハンディがある日本の人たちに対しても同様に。(中略)そんな、ありのままの自分を理解してもらおうとするスティービーには、周囲の人間をして協力を惜しませない強い何かがある。

 

とし、締めくくりとして、

 

ここで私は、自分の見たまま聞いたまま感じたままを書いた。(中略)この本がスティービーの努力に少しでも役立つ=彼を愛する人が彼の素顔を心に思い描く上で少しでも役に立てばこれ以上の喜びはない。うれしいことはない。

 

としている。

残念ながら三浦氏のその後の動向を私は知らないのだが、同著は今回のレポートにとても重要な要素を投じて頂いた(著書はM-Bankにて読むことができます)。

たしかに私もまたスティービー・ワンダーという人物を遠く離れたこの位置からその素顔や苦悩を、音楽上の構造から何となく感じることができた。所詮、不定調性論というのは、個人の読解による個性の発展を目指したものであるから、云ってみれば、このレポートも単なる私小説の枠組みを出ない。しかし音楽的技法や、全盲であることの世界感を様々な観点から学び、多くのミュージシャンを知ることができたという点で、大きな学びを得ることができた。

このレポートが三浦氏を知る人にもし届くのであれば、私も幸いである。

 

事例122;True Love(CDタイム 0:16-)

open.spotify.com

Aメロ

AM7 F#7(♭9) |Dm7 G7 |Em7 A7(♭13) |Fm7 B♭7 |

CM7  Am7 |A♭m7 D♭7(#11) |Bm7 |E7(♭13) |

AM7 F#7(♭9) |Dm7 G7 |Em7 A7(♭13) |Fm7 B♭7 |

CM7  Am7 |Bm7 E7 |AM7 DM7 |AM7 A7 |

Bメロ

Dm7 G7 |Em7 A7(♭9) |Dm7 G7 |Em7 A7(♭9) |

Fm7 B♭7 |Gm7 Cm7 |F7   |Bm7/E |

AM7 F#7(♭9) |Dm7 G7 |Em7 A7(♭13) |Fm7 B♭7 |

CM7  Am7 |Bm7 E7 |AM7 F#7 |F7 E7 |

この曲はII-Vそのものが破たんしているのではないか、というような進行感である。ハードバップ的なII-Vの連鎖が新鮮である。

それにしてもこの曲はアカペラで歌えるのだろうか。きっとスティービーは歌えるだろう。しかし自分は和声のガイドなしに歌うことはできないので、これもまたスティービーの音楽の世界を惜しげもなく披露した楽曲になっている。

このアルバムはますますスティービー・ワンダーがスティービーのありのままを表現して世界に発信しているアルバムであると思う。ある程度の制作の自由が許されるがゆえに、単純にR&Bのアルバムを作るのではなく、やはりこの世に偏見や境界というものがない、自由な感性で行われる音楽によって、世界中の人に彼の主張や価値観を伝えようとしているのではないかと思う。

そう本人が思っていなかったとしても、音楽にはその感性が現われており、そうした孤高の音楽性を今後どのように世界中のファンに活用していくのか、社会的に活用していくのだろうか、という点に着目していきたくなるではないか。

ユーミンのアルバムでは36枚目にして「I Love You」という曲が収録されている。ラブソングの女帝をして36枚目に出てきたこのシンプルな告白の題名。その深い意味は、さすが私は汲み取れない。そしてスティービー・ワンダーも最新アルバムにこの「True Love」という表題の曲を提示している。単なるラブソングなのかもしれないが、もっともっと音楽をしないと彼が云わんとしたいことは分からないのではないかなどと思ってしまう。

 

事例123;Can’t Imagine Love Without You(CDタイム 0:13-)

open.spotify.com

Aメロ

2/4 B♭ |4/4 E♭ Fm7 |Gm7 B♭m7 E♭7 |A♭M7 B♭m7 |Cm7 E♭m7 A♭7(♭9)|

D♭M7 Cm7 |B♭m7 A♭ |Gm7 C7(♭9, ♭13) |A♭M7 Gm7 Fm7 B♭7(♭9) |E♭ B♭7 |

E♭ Fm7 |Gm7 B♭m7 E♭7 |A♭M7 B♭m7 |Cm7 E♭m7 A♭7(♭9)|

D♭M7 Cm7 |B♭m7 A♭ |Gm7 C7(♭9, ♭13) |A♭M7 Gm7 Fm7 B♭7(♭9) |E♭ |

こちらはまた美しい転調の連続した曲である。

まさしく完璧なシークエンスという感じである。コードの流れと跳躍にリズムがあり、演奏していても心地良い流れなのではないだろうか。

E♭ Fm7 |Gm7 B♭m7 E♭7ここはE♭のI-IIm-IIImと流れ短三度上がったII-Vで変化をつけて、流れに沿ってA♭でまた同じ流れを使っている。そして後半は

D♭M7 Cm7 |B♭m7 A♭ |Gm7 C7(♭9, ♭13) |と

A♭M7 Gm7 Fm7 B♭7(♭9) |E♭ B♭7 |

を対句にして今度は通例IVM7から下がってくるような印象を持たせた進行感をD♭とA♭で演出している。

キーはそれぞれ転調しているということもできるのだろうが、これはやはりコードの接続がもたらす流れの中で音楽を意味づけて接続的できるスティービーらしさであり、こうした進行感をまねて、身につけて、出来上がる音楽の雰囲気にストーリーを埋め込める訓練と実績を積んでいくことで音楽的なクオリアが作曲者の中にも確立されていくだろう。

 

彼が世界平和や人種差別に問題意識を掲げて活動をしているのは有名な話であるが、このレポートを読んで頂ければ、それは単なる売名行為などではなく、彼の人生観や、物事を把握する概念が、それを教えてくれるからで、シンプルに彼の世界に対する物の見方、解釈の仕方への理解を求めている活動であると感じるようになった。

偉大なミュージシャンであることには変わりはないが、きっと自分がやっていることをただ深く考えず理解してほしいと切実に思って振舞う子供のような影も見たような気がする。

 

目次ページはこちら  

その26へ 

www.terrax.site

 

 

 

 

 


==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

通院しなくても自宅で分かった方がいいよね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Qw--3lr5L._SL1000_.jpg

体重計・体組成計 Foreita 体脂肪計 家庭用 体重計・体脂肪計・体組成計 体重/体脂肪率/体水分率/内臓脂肪レベル/BMIなど測定可能 電源自動ON/OFF Bluetooth対応 iOS/Androidアプリで健康管理【12ヶ月保証】日本語説明書 電池付属 (ブラック)