音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜UVI Falconの使い方編3

SERUM編はこっちだよ。シンセの基本についても学べるリック貼っときました!

www.terrax.site

 

Falcon前回はこっちだよ!

www.terrax.site


 

Falconでsine波を作ろう。

これ、基本ですね。シンセはここからスタートですよね。。すみません遠回りしちゃって。

f:id:terraxart:20190627171335p:plain

まず鍵盤画面上のエクセルみたいなセル部分を右クリックしてメニューを出します。

その中で「CREATE KEYGROUP」からSynth Tamplateを開きましょう。

f:id:terraxart:20190627171607p:plain

こんな感じでオシレーターが出ます。

SERUMやってきた人はもうおわかりですね。

f:id:terraxart:20190627171859p:plain

波形のところクリックしたら基本波形が選べます。この段階で鍵盤弾けば音が出ます。
VOICES=同時発音数。
STEREO=ステレオモード化。

PHASE SPREAD=ボイスのフェイズ処理の種類。広がり感。
STEREO SPREAD=ステレオモード時の広がり感の種類。PANの加減。
DETUNE=ピッチ調整のバリエーション。

この辺は触って覚えてください。触った通りのコーラス効果の調整です。

 

PWM=波形横幅変形。主にLFOをかけ効果的に活用。波形の画面が変わるわけではないので勘で調節です。

START PHASE=波形のスタートポイント。
POLARITY=極性逆転。

HARD SYNC=音が歪むような、高次倍音が引き立つようなサウンドに自動的にします。

SHIFT=コントロールオシレーターの”揺れ”調節。

f:id:terraxart:20190627173612p:plain

では今日はこのメニューから行きましょう。

Undo,Redoはいいですね。

f:id:terraxart:20190627174234p:plain

例えば、このように上下をドラッグすれば、ヴェロシティで鳴らす音の範囲を設定できます。

f:id:terraxart:20190627174457p:plain

こんなふうにもう一つ「CREATE KEYGROUP」からSynth Tamplateで今度はノイズを作ったり。これで地裁ベロシティではノイズが、大きいベロシティではサイン波が鳴ります。持ち慧遠音色はには左右も指摘できます。同様に音色範囲の端っこをドラッグする感じです。

ここでの作業を

• CUT(カット)
• COPY(コピー)
• PASTE(ペースト/貼り付け)
• DUPLICATE(デュプリケート/複製)
• DELETE(デリート/削除)
• SELECT ALL(セレクトオール/すべてを選択)
• DESELECT ALL(デセレクトオール/すべての選択を解除)
• INVERT SELECTION(インバートセレクション/選択の反転)

みたいなメニューから作っていってもOKです。これらは音色(keygroup)範囲を

切ったり貼ったりみたいなメニューなんですね。

f:id:terraxart:20190627175138p:plain

当然こんなふうに上に別の音色グループをかぶせてもいいですね。

f:id:terraxart:20190627180930p:plain

音色を選択して「Extend」メニューを使えば、パパッと拡張してくれます。いちいちドラッグしなくても大丈夫です。

f:id:terraxart:20190627181223p:plain

うわぁ、スペル間違ってるぅ恥イ。。

またcommandで二つの音色を選択しながら、resolveメニューを使えば、重なっている部分を上下(velosity)、左右(key range)で解消できます。

f:id:terraxart:20190627184428p:plain

この赤い音がセンターノート(Center Root Note)です。C3になっていれば、ピアノの鍵盤と同じですが、

f:id:terraxart:20190627184752p:plain

このようにBフラットになっていると、bフラットの鍵盤がC3になるので、鍵盤と音がずれるわけです。一つの鍵盤で和音を作りたいときは、同じkey groupをコピーして横にkey groupのセンタールートをずらせばいいわけです。

重ね合った部分にフェードをかける場 合は、AUTO FADE OVERLAPPED KEYGROUPS を実行します。

f:id:terraxart:20190627190304p:plain

二つのkey groupをcommandを押しながら両方選択して、Auto fade overlapped keygroupsで二つの音源の重なり部分がフェードされて音色が作られます。面白いです。

f:id:terraxart:20190627190714p:plain

オォォ、フェードになってる。

あとはこれらの音色グループを自由に移動したり重なりの順序を変えたりといったメニューがあります。ほぼなんでもできますね。adobeみたい。

f:id:terraxart:20190627192204p:plain

またここで音色を消したり、別のトラックを作り同じmidiチャンネルにすれば、さらに音が重ねられますね。

f:id:terraxart:20190627192408p:plain

ここを同じA1チャンネルんすれば、単純に二つの音色を重ねられますね。

 

うーーん、、なんでもできちゃうなぁ、、

 

今回はだいたいこの辺で。

次回はその上のオシレーターセクションの部分に詳しくなりましょう。

f:id:terraxart:20190627193022p:plain
 

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

時々セールをやるから、一年間待てるなら、セールの時に購入させてもらおう!!一緒にお得なチケットで拡張音源も買えるよ!!拡張音源が独創的で、日本人に一番合うソフトシンセだと思っています。