音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

コード譜サイトの使い方~不定調性論的思考に

もう皆さんコードを調べるスタンダード化と思いますが、インターネットにはたくさん曲の歌詞とコードが調べられるサイトがありますよね。

今回はその使い方と不定調性論的なアプローチ(?)でより自分らしく弾く方法をお教えします!無理くりかもしれないけど、よく読んでいただければわかる通り当たり前のことを書いてます。

 

例えばこの間カバーしたKing Gnuさんの「白日」

www.youtube.com

 

この曲をたとえばコピーしたりするときは、

「白日 コード」

などと検索しますよね、

 

すると

白日 / King Gnu ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード - U-フレット

「白日 」 | King Gnu ギターコード譜 | 楽器.me

白日 / King Gnu のコード譜 | コードスケッチ

いくつか出てきますね、便利ですね。

どのサイトもキーを変えることが出来たり、簡単なコードで弾けるような設定にすることもできます。

ギターの押さえ方やピアノコードが出てきたりしますね!!

 

<コード表記が違う>

画像を添付できないのでリンクしてみて頂きたいのですが、

冒頭のコードがちょっと違いますね。

U-フレットさんは、

C#    Cm7(b5)

となっており、楽器.meさんは

Db  Cm7

となっています。

このとき、あなたはどちらが正しいと思いますか??

例えばもう一つコードスケッチさんを見て、二番目のコードがm7(b5)だから、きっとCm7(b5)が正しくて、Cm7の方は間違いだ、そう思うかもしれません。

不定調性論的思考では、

どちらも正しいと断言できないし、どちらでもOK。要はあなたの耳にどちらが心地よいか

ですね。

私はこれはm7だと聞きとったのでコードサイト多数決に反してm7を使っています。これは私がビートルズの「Yesterday」が好きで、このI-VIIm7という流れにパブロフの犬的な反応をしてしまうので、このようには判断してしまうからです。

よぉく考えてみてください。

ミュージシャンは確かにどちらかのコードを弾いたかもしれません。

でも、それってミスだったかもしれないし、本当にそれで「正しい」と思いますか?って本人に聞いても「そんなんしらん」となると思うのです。

たとえ「このコードしかない!」

と本人が信じていたとして、じゃあ、だれがそれを「それは正しい」とジャッジするのでしょうか??

そんなジャッジが下されることなどないんです。

つまり、ミュージシャン本人が「これかな?」と思った動機を体現し、メンバーがそれに同意し、録音チームがそれを許容し、レーベルがそれを許容しただけで、誰もジャッジなんてしていないんです。

それをよぉぉく考えてみてください。

テストの答案に、それっぽい答えを書いたら、皆がそれに対して「同意」または「許容」するだけの試験。

クリエイティブですよね。誰もジャッジしないし、採点も正誤の判断もしていません。

そして5年経ってライブでやるときは、コードを変えているかもしれません。

 

だからどっちでもいいんです。

ただし、「本人の感じをできる限り正確に再現したい」という場合はまた別です。

しかしながらこの場合も、ビートルズの「A Hard Days Night」の冒頭のコードと同様に、本人たちが弾いたのではないコードまで想定して似たようなサウンドを出さなければなりません。

倍音などが強調されたり、エフェクトが掛かっていることで明らかにサウンドが変わってしまう場合もあります。

そして先だっても話題に出た、ミッシェルの二番目のコードのように、

www.terrax.site

正確にコピーすると、逆に周囲が?????となるコードも実は存在しています。

当時からのバンドスコアが、より安易に響くコードになっており、みながそれでコピーしてきているからですね。

だから、結局これも、本人と周囲の許諾の程度が問題になり、正誤を判断しながら行うと、途端にクリエイティビティが腐ってしまう、という現状が起きます。

また、コード譜サイトだって人が作ったのものですから、間違うこともあります。

参考にさせて頂きつつ、自分でも聴きとりながら演奏し、自分なりにコードをまとめ直す必要が出てきます。あとはその作業に"どの程度自分を投入するか"だけです。

   

最後は

「自分にとって、今どちらが良いか」

を自分で判断する、そう、じつは頼るものなんてなかったんです。自分の外側に正解がない時もあります。それを勇気をもって認められれば、あとは簡単です。

伝統は権威をくれますが、あなたに忠実ではありません。その伝統をたどっていくと、あなたの指向性といつか反するときが来ます。その時あなたは別な伝統技法を参考にしたり、より新しい時代の別の考え方を参考にしたりします。

でもその一貫性って、あなたが作った一貫性であって、それが正しいと誰が判断するの?何で判断するの?そしてそれを万人がそれを認める、あんてことありえます?

そう、それはとても難しいことです。どこまでも正しさを追求してもその曖昧さは変わりません。紀元前の時代から言われていることです。

だからそれが分かれば、

「このサイトは間違っている」

なんて言わなくなりますし、コード譜面サイトなど感謝しかありません。

「ここまでやってくれてありがとう、あとは自分で何とかします!」

まあ、どのように思っても最後はやはり自分の判断ですが、昔はこういうサイトなど無かったんで、自分で聞きとっては、ノートを作り、っていうことしていたので我々世代にとっては本当に感謝しかありません。

でも耳コピができるようになったからこそ、今曲をカバーするスピードが上がっている、という意味でもまたよかったな、とも思います。

 

<細かいコードをどこまでとるか>

たとえば、楽器.meさんはコードを凄く細かく取ってくれています。

「春風が吹くだろう」のあたりですが、

Ab  GbonBb  Cdim  F

となっています。一方U-フレットさんは、

G#   F7

となっています。これはどちらが"正しい"のでしょう。

これも先ほどと同じです。ピアノ弾き語りやインストゥルメンタル演奏では、コードは細かく書いてあった方がアレンジに手間取らなくて瞬間的にそれっぽく演奏ができます。盛り上がりを表現できたり、原曲の感じをコンパクトに再現できます。それはそれでとても便利です。中級者以上向きのコードの取り扱いですね。

しかし初心者や中級者にはこうした細かいコード移動は難しく、逆にうまく再現できない場合もあります。その場合、

Ab  GbonBb  Cdim  F

このパターンなら、

Ab  GbonBb 

だけ弾いてみたり、

Cdim  F

だけ弾いてみたり、 コードを間引きして、それっぽくなる弾き方を探ることもできます。もちろんU-フレットさんの

G#   F7

で、弾いて「あ、これでいいや」と思えたならそれで結構です。

でも上達していくと、「なんかちょっとしょぼい」と感じるようにもなります。

そうしたら、もっと自分らしくコードを加工していけばいいですし、そんなとき楽器.meさんのような細かいコード割はとても助かるでしょう。

私の場合は、ベース入れて、ギター弾いて、ピアノ入れて、という感じで全体でこの盛り上がりを原曲に沿って入れているのでコード解釈まではしていません。この辺はもうなんとなくで出来るようになってしまっていて、そういうのはコピーをたくさんやってきたからだと思います。

難しいコードもどんどん簡単にして弾いてください。難しいコードはあとで練習すればいいんです。それが正しいと思わず、違和感を認め、それでも演奏する楽しみを追求する、どの目的を追求しても構いません。

また、コード理論を勉強しておけば、コードを代理して簡単にしたり、ギターならバレーコードをなくしたりすることもできます。この辺は伝統理論で代理する事で「みんなが聞いたことのある流れを崩さずに構成出来る先人の知恵」をさくッと活用する事が出来ます。これは理論的に正しいからそれが出来るのではありません。代理されたコードの感じもみんなが聞いたことがあるから、それが許容されやすい、というだけで、理論で正しいからそれが可能だ、という意味ではないんです。その代理も良く行われていて、その世界ではなじみ深い人も多い、というだけです。許容されやすさを選択しているだけです。

 

最後は

知識→感覚での処理になります。

知識を覚えてがんじがらめになるのは、最初の数年です。

その数年の時に「理論駄目だ、自分を束縛する」と思い込んで辞めてしまうんですね。

その先に5年もやっていると、体が勝手に動くようになるので、そうなるとスピードが倍加していきます。これはスポーツとおんなじです。フォームを理屈で覚えて、繰り返しやることで、脳よりも体が先に反応するようになります。

理屈だけで考えている段階は窮屈ですが、頑張ってその壁を越えていきましょう!石の上にも三年です。だいたい飽きるのも三年です。恋が三年が冷めるのと同じ理屈だと思います。脳が変化する単位というのがあるのかもしれませんね

   

<なぜ違うコード解釈になるか>

それはあなたの育った環境、学んだ内容、耳の特性、あなたの性格、視聴環境、得意楽器、好きな音楽ジャンルなどによるものではないでしょうか。

クラシックの和声を究めると、自然と協和音に置き換えてしまう人を見ています。自分お音楽の方に寄せてしまうんです。

演歌歌手がロックを歌うと、当然、演歌調のニュアンスが入ってしまいますよね、これはそうしたい、という思いと、そうなってしまうという反応と様々な経験の結果だと思います。

だから本来一人一人違う解釈になって良い、という考え方が不定調性論的な発想です。

後は自己責任です。批判されるのが嫌で、一般的な解釈をすることもあるでしょう。あって当たり前です。でもそれを決めるのはやっぱり自分自身です。

 

<じゃあ自分自身の判断は正しいのか>

 はい、これで最初の問題になります。

m7かm7(b5)かの問題と一緒です。判断など付かないものです。

自分で決めるしかありません。サイコロを振って決めてもいいです。

とにかく人間は、それをそうした理由を自分で見つけてしまう生きものなので、何も理由がなくても、たまたま見た空の雲がm7(b5)にみえたとか何とか理由を付けて決めてしまったりしているものです。

偶然の結果ということもあり得ます。いくつも偶然か重なって決まる、ということもあります。

だからそういうことを判断するために「理論的であること」の必然性は無くなります。

自分を認めるための手段としての理論は頼もしい存在ですが、先に理論があると自分を否定しなければならない場合もあるので、矛盾が起きます。

・これは理論的にしたいが、こっちは感覚で判断したい

これもあなたの意思だし、矛盾がバランスをとっています。

ゆえに不定調性論は、自己の判断と、矛盾のバランスを認めよう、としています。

それが分かった上で他者と議論するのは面白いと思います。相手の価値観を変えようとしない、という条件で。

 

まずは、自分の判断を認めてくれる人と一緒に前を切り開いていけたら、とてもいいかな??と思います。そういう人を探しましょう!

 

===

 

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

ちょっと無駄に持っていたい。。。って無駄話に必ずなります。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611MSXaoZnL._SL1001_.jpg

更新版チタン合金ハンドル 、18 in 1 マルチツールプライヤー ポケットサイズ 携帯用、プライヤー付きのサバイバルツール、ボトルオープナー、ナイフブレード、ドライバー、のこぎり、アウトドア・サバイバル・キャンプの便利グッズBIBURY