音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<コラム>(作曲)音楽理論への挑戦〜なぜその音は次にその音につながったのか?

www.terrax.site

音楽を教えている方はご自身の意見で考えてみてください。この問題に向き合って自分なりの答えを用意しておくと、誰かに音楽を教える時とても楽になれます。

 

長いので先にアジェンダ。

です。

 

 

 「月光」の1小節目はなぜそうなったのか。 

今日の題材。

ピアノソナタ第14番 (ベートーヴェン) - Wikipedia

f:id:terraxart:20190315080633p:plain

冒頭のメロディを、ソ#、ド#、ミ。

最初の質問です。

・なぜベートーヴェンはこの曲の最初を、ソ#始まりにしたのでしょうか。ここはC#mですから、5度、ルート、3度でアルペジオが続いていきます。

「最初はC#mのアルペジオです。」

と、理論的に答えることはできると思います。

ここでのポイントはこうです。C#mであることはわかるけど、なぜそこにベートーヴェンはC#mを置くに至ったのか、です。どのような選択の末の判断だったのか、です。

作曲業をしていると、一番悩むのは

「さて、どうしようか」

です。C#mという存在自体は日頃から知っています。

でも「今回の曲でそれをアルペジオにして5度から始めよう」と着想する根拠を、音楽理論は教えてくれないのです。

ではどうやって、そのモチーフを着想するか。。。です。

なぜ、

f:id:terraxart:20190315081819p:plain

これでも

f:id:terraxart:20190315081743p:plain

これでもなかったんでしょう。なぜ上行系の5度始まりだったのでしょう。

 

=====

 

現代なら、

「月光ソナタ風な感じのピアノ曲を作って欲しい」

というリファレンスがある場合が多いので、着想はこの依頼文の中に既にあります。ゴールは「月光」ですから、あとはそれこそ音楽理論的、音楽経験から作っていけるものです。

 

もちろん理由は本人しか分かりません。

作曲の際に浮かんでくるモチーフは、最初漠然とした輪郭をイメージし、そこに音をはめ込むだけで、訓練によってそれがいくらでも出せるようにしてあります。

 

天才となればもう頭の中で完成形が流れているかもしれません。あとは結果論です。

 

じゃあ、作曲はどうやって進められるようになるの?

楽曲が作れるようになるためにはどうすればいいか。そう聞かれたら簡単です。

「まず100モチーフ作ってみなさい」

と返しましょう。これは脳科学に基づくやり方です。

人は楽をすることをやめる、と決めた瞬間からスイッチが入ります。脳というスーパーコンピュータが働きはじめます。活用してください。

作業をやりながら、脳は勝手にヒントを見つけます。やろうとしないから道が見えないだけです。

 

その一つの具体例として。

3分でできる作曲修行があります。

 

3分のうちに「ありがとうございます」に10個のメロディをつけて10個のモチーフを作りなさい。

 

この課題。不定調性論的にひねくれますと、音楽理論を知っていれば簡単ですね。

アイオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン、ハーモニックマイナー、メロディックマイナー、ホールトーン。。

でメロディを音階的に作ればすぐできてしまいます。

まともにこんな課題を解くのはバカらしい、と誰もが思うからです。

「しゃーない、従ってやろう。」という「愛」が人と人を結びつけるのです笑。

だから批判、反論するのも簡単なんです。愛は幻だからね。

 

だからこそ、幻を信じられる僕らは、愛を持って指定しますw。

 

3分のうちに白鍵だけを使って「ありがとうございます」に10個のメロディをつけて10個のモチーフを作りなさい。

 

いろんなメロディができます。でもこれは「着想の勝負」なんです。

3分という時間を区切るのは、現代の作曲業が締め切りに追われながら集中力を失わず自分の意識の底から、最良のモチーフを吸い上げられるか、またはそれに興奮できるか、という素養が問われているからです。

もしあなたが時間指定そのものを嫌う、という性格がその場でわかれば、商業音楽作曲家を目指すべきではないかもしれません。

(不定調性論的には、ドだけで作ったメロディで一つ、レだけのメロディで一つ・・・最後の「す」以外無音のメロディ、最初の「あ」以外無音のメロディ・・何も言わずに踊ることで一曲・・とかでもOKです。それが最初からできたら才能ですww。それで本気で信念を持てる人だったらそれは才能と言います。講師は、そう云う人に出遭ってしまたら、これは信号無視の暴走車の事故に巻き込まれたようなものです。諦めて大切に育てましょう。)

 

通例、この着想トレーニングによって生まれた作品は、ありきたりのものから、歌いづらいもの、誰かの曲とそっくりなもの、などいろいろ出てきます。

3分で10個作ったら、次の30秒で、どれがいいか選ばせてみてください。

それが決められる、というのが商業音楽家の素養を決定的にさせます。

そのために同時期にたくさん音楽を聴いて分析経験がないと、バリエーションはできないし、誰かのメロディを誤って使ってしまいます(プロでもよく起きます)。

 

====

ベートーベンもどういう始まりにしようかを選んだかもしれません。

なんとなくある夜、ダララダララダララダララ、、という音形だけが湧いてきたかもしれません。結果現代では分析も評価もできますが、この"着想"だけは、どうしてもその人の感覚に頼るしかありません。そういう意味では着想が生まれやすくできる音楽理論が、真の音楽理論かもしれませんね。

でもそうなったら、音楽は芸術から産業になります・・あ、。もうなってるか。

「こうすればできる!!!」という人が現れた瞬間、それは芸術ではなくなるのだと思います。分からないからこそ探求し、どうやったら分かりやすくなるか、という矛盾のバランスを保つことが奥義であると思います。本当に分かったら誰もやりません。 機械がやります。だってそんな理論があったら機械の方が休まず素晴らしい作品を次から次へを生み出すんですよ?人間いります?

 

不定調性論が、自分がどう感じるかを柔軟にして、日頃からその感覚を大事にして、自信を持って磨け、と言っているのもそのためです。分かるためではなく、バランスを築くためです。まだ今のところ機械がそこまでできないからですね。

「この着想でいいんかなぁ・・??」

と迷いない自信と訓練。

そしてこれが鍛えられていれば、あとはどれだけ「自分が好きなアーティストを分析してきたか」が結果を生みます。意識は全て記憶していますから、分析しておけばいざ「答えが欲しい」時にそれは降ってきます。わたしも生涯修行の身。

====

「月光」の2小節目はなぜあのようにつながったのか。

では、それでモチーフが決まったとして、最初の一小節ができました。

問題は次です。

f:id:terraxart:20190315085928p:plain

二小節目です。これは、C#m-C#m/Bと還元することができます。

次の問題はこうです。

「なんで二小節目はこうなったのか」

 

これに答えられる人がいるでしょうか。

 

例えば、次のように答えることができます。

1小節目は低音が最初だけ鳴り、上にぶら下がるように5度のアルペジオが乗ったので、重々しくなり、次の左手が全音下がってより深いところで支えているのだ・・

または、

Im-Im/bVIIにしよう、と経験的に安易に決めた、

とか?よくある展開ですもんね。

 

でも音楽家は、これを言葉にせずとも瞬時に掌握ながら作っていきます。圧倒的な経験がそれを瞬時に導くんです。クオリア。共感覚的知覚です。

 

若かりしベートーヴェンの圧倒的学習はいうまでもありませんね。その中から導き出された、彼だけに通じる理屈の上にその楽曲は成り立っています。

もちろんその理由は

・当時たまたまそういう曲がたくさんあった

からかもしれません。

ベースがどんどんルートから下がっていくのが流行りだからそうしたろ!d(`・ω´・+)

・・・とか。表向きにそんなことは言わないけど、実は理由はそれ。なんてことは芸術界ではよくあります。

 

===

これもトレーニングがあります。

先生が四小節のメロディを作って、

10分以内にこれに続くメロディ展開を4つ作りなさい

です。

 

これは最初から「一個しかない」と決めてかからないようにするトレーニングです。

素養があると、すぐ最適解を導き出せます。しかし依頼者は

「もっとスッキリと」

「もっと暗く」

「もっと元気に」

などと修正案を提案するときがあります。それに応えるスキルが必要なんです。

「いえ、これ以外メロディはあり得ません」

というと、次から仕事はきません笑。歴史に名前残るかも、ですが。自己責任ですよね。

====

これもやはり着想です。

もちろん不定調性論的には、同じメロディを1ヘルツずつ変えて「四つ違うものです」と言ってもいいですww。それが堂々とできたらそれはそれで天才です。別の表現者の道を探ってあげましょう。

 

インターネットや学習はどう活用する?

曲の流れを作る、というやり方は、人それぞれです。ストラヴィンスキーみたいに楽譜を切り貼りして脈絡など無くしても、編曲に自分なりの意思を入り込ませて、それを芸術に仕上げてしまった人も過去にはいたわけです。

何がやりたいか、誰っぽい作風から入って、先々自分を作るか、です。それを自分で決めてください。自分で決める、と覚悟してください。なぜなら 

あなたが脈絡だと思うものがあなたの脈絡。だからです。

もしそれが大衆からずれ続けていたら、残念!!と思う以外ありません(←私だろ)。それが合う人だけが売れる世界なんです。無理に自分を世間に合うようにする必要はないんです。もし苦しくなったら止めていいんです。あなたにはあなたがすんなり進める道が必ずあります。あなたがそれをイメージできていないだけです。私も40過ぎまでそれに気が付きませんでした。愚かの極み過ぎて笑っちゃいますよ。でも今は幸福です。

 

====

で、先の問いは延々と続きます。

三小節目はなぜこうなったのか。四小節目は・・、

 

f:id:terraxart:20190315080444p:plain

====

作曲は記憶のリサイクルである、

と聞いたことがあります。だから作曲をしたい!!と考える人のための最良のアドバイスは、とにかく

作る+分析する

を並行して行うように勧めます。自分の記憶のクオリティをあげていくわけですね。ここにも脳のカラクリがあります。

・作ることで初めて、作っている自分の状態と向き合います。それが楽しいと思えば、その職業が向いています。それがきつい、と感じたら講師に正直に相談しましょう。道はたくさんあります。

・作り続けることで作りたい!という思いを強くすることができます。これが勉強意欲になります。

・変なのしかできない!ストレスだ!自分は無能だ!と思ってしまう人は、最初から作りたくないけど、ただ憧れだけでやっているかもしれません。その場合は指摘して、様々な道を講師に提示させましょう。憧れを持てる人は、もっとすごい憧れをまた別に持つことができます。

・先生の分析を見ていてもいいですが、自分でやった分析は記憶に深く刻まれます。音楽は覚えている記憶が結構色濃く出て、覚えていない記憶が周囲を行ったり来たりして埋めていきます。楽曲作りは方法論ではなく、自分の記憶、シチューのようになった想念との見えざる戦いです。とてもハードな作業です。それを快と思うか、不快と思うか、で職業選択を迫ることもできます。

・とにかく自分が好きだ、と感じる曲をとことん分析しましょう。パッと覚えちゃうタイプの人なら100曲ぐらいはコードとメロディをすぐ楽譜を見ずにある程度弾けるようにして欲しいです。そのくらい体が覚えていれば「マンネリ」なんて絶対に思いません(どんなに似通った作風でも絶対に新しくできる、という自信が持てるからです)。

・一日8−16小節、またはサビだけ、または歌詞だけ、Aメロだけ、とにかく歌モノを作れるようにしましょう。最初は作曲ではなく、むしろ脳トレです。これをしておくことで、いざ曲依頼があった時、サクッとそのモードに脳が入れます。10代の時にできればまず間違いなく作曲家を選べるか、その選択肢以外に迷わず進むことができます笑。これはとても大切です。

・これからは70歳になってから作曲を始めて売れる、ってことも起きるはずなので、あまり切羽詰らないで。今の先が未来だから、まず今を充実させてください。

 

こうしたことを理解した上で、現代はいろんな勉強サイトがたくさんありますし、学校もたくさんあるので、常時作業を行いながら、各種の勉強をやってみるといいでしょう。

勉強は簡単な方法論を探すために勉強をするのでは決してありません。

自分が一番ピンときた方法論で一年頑張ってみましょう。複数あったら複数。大変だけど、あなたが選ぶ道。

 

矛盾を楽しもう

Aという先生とBという先生の言っていることが違う時があります。相矛盾することを言っている場合があります。時には一人の先生が相矛盾することを云うことがあります。

音楽方法論でも矛盾があります。

それは先生の性格だったり、教わってきた規範だったり、時代だったりします。

 

あなた自身もきっと周囲に言ったら恥ずかしくなるような矛盾を抱えているでしょう?

でも辟易したり、矛盾を憎んだり、批判したりしない方が良いと思います。

・他者の方法論を学ぶときは、素直にその方法論を受け入れてみてください。逆に自分が見えてきます。「これがベストだ」という方法論は、その弁そのものが矛盾であることを認めません。それはセールストークです。その人は本気なんです。本当に最高、とは数学的には証明できません。言ったもん勝ち。だから逆に本当にベストだとあなたが信じられれば、それはベストになります。これが「矛盾のバランスを保つこと」「矛盾を楽しむ」ということです。これも「愛」だと思います。自分の子どもが無能だからって殺したりしないでしょ?愛があるから一緒にいられるんだと思います。「愛=矛盾」とかって知るのが中年です笑。

そういう脳の錯覚を受け入れて、上手に活用してください。

 

そして最後の手段は死ぬ覚悟を決めて、自分の一番尊敬するソングライター(100曲以上その人が作ったオリジナル作品があること)のコード、メロディ、アレンジ(楽器編成)を全曲、

コード+メロディ(1年)、アレンジ(1年)、

計画的に採譜または耳コピやってみてください。もちろんその間制作もね。

どうやればいいかは、絶対に自分で考えてください。信頼する講師に聞いてもいいけ、最後は自分で決めます。こういうのは密かにやるんです。

うちのブログはその過程を経て分かったことを打ち出しています。どう分析して、どうやって行ったかを全部公開しています。もし使える、と思ったら真似てもらって盗んでもらって、それで利益を上げてもらってOKです。曲解、誤解、批判、誹謗中傷、なんでもOKです。それらが自分のエネルギーになることを知ったんです。っていうか、それしかエネルギーってないかも?批判はイヤだけどそれしかエネルギーにはならない、という矛盾。

 

日本人は「詫び寂び」の概念があるので矛盾を理解できる民族だと思います。

"完全な不完全"を"いとおかし"と楽しみましょう。

 

締め切りは、「あなたの人生の答えが出る日」です笑。

「寿命」でもいいです笑。事実、締め切りの日に1回死にますね笑。

でも、何度でも何度でも蘇って、新たな作品を生きましょう。

達成することではなく、それを「続けることが成功」ってA.ロビンズも言ってますね。

www.terrax.site

 

 

   

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

アロマって家具に馴染んでさりげないのがいいだよなぁ・・

これは?USB電源!しかも加湿器!アート系の部屋に冬絶対いるやつだ。

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418QzX3WYRL.jpg

 アロマディフューザーGA102-WD 加湿器 パーソナル卓上タイプ 木目調 Micro-USB 空焚き防止