音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

"カントリーロード"のどこがそんなに名曲なん?

www.terrax.site

「カントリーロード」なんてダサいリズムで、大人ががゆらゆらしながら手拍子してる退屈な歌....

なぜか子供の頃にそのように感じていました。

 

子供の時は勢いとか夢とか希望とかワクワクしたものがたくさんあると信じているから、こんな曲よりも、自分の方が強い!!??

そんな風に感じてたのかもしれません。大変失礼な文言です。

 

「カントリーロード」

原題は

"Take Me Home, Country Roads"

1971年4月12日にアメリカのカントリーシンガー、ジョン・デンバーのシングルとして誕生しました。

John Denver - Take Me Home, Country Roads (Audio) - YouTube

 

歌詞にも出てくる、ウエストバージニアの4番目の州歌。

故郷へかえりたい - Wikipedia

作者は三人いて、下記の記事にはこの曲の誕生が書いてありましたので読ませて頂きました。

www.tapthepop.net

この曲を書くのにインスピレーションを与えた、というメリーランド州(バージニア州の北)の道、メリーランド ルート117という道もあるようです。ウエストバージニアには作者はそれまで行ったことがなかった、というのがなかなか面白いです。

en.wikipedia.org

 

最後に参加した作家であるデンバーは、飛行機好きで、後年53歳で自身が操縦する飛行機で墜落し亡くなりました。あまりに劇的すぎる最期です。

数々の賞を受賞して、今もアメリカを代表する歌手の一人として、この歌とともに歌い継がれています。どことなく日本のフォークシンガーにいそうな顔形ですよね。だから骨格から出てくる声が、なんとも親しみがわきます。

公式サイトに、後年のライブが載っています。

www.youtube.com

グッときます。

   

 

自分がどんどん年齢を重ねて、冴えなくなっても、この曲はどんどん輝いてゆきます。

ジブリの名作「耳をすませば」の中で、雫が「コンクリートロード」という替え歌を作って友達と笑う姿も、この曲がダサい曲だと思った自分たちと重なって見えて、それ全部が懐かしい感じにさせる演出でした。

「人が大人に成長する前の姿」そのものを見せる演出だったんですよね。

cinema.ne.jp

=====

決して色褪せず、曲が様々な場面で使用される中で、受講生の中でもシニアの方は、

「とても調子が良い曲だ」

とみなさんも好んで演奏します。

そういう話を何十年も聞くと、それまで自分のフィルターに被っていた、「いやいやフィルター」がふと外れるんですね。

 

デンバーの歌を聴くと、とてもグッときます。

 人生が落ち着いて、自分の輝きが失われていく中、この曲だけはずっと輝き続けています。年齢と共に捉え方が変わるものって確かにあります。輝きの代わりに確かさを手にできます。確かさの中で、この曲は「唯一確かなものを教えてくれる歌」でした。

「故郷へ連れて行ってくれ」

ほんとこれ。自分の心の故郷を見失うとわかります笑。

 

=====

映画「耳をすませば」では、ストーリーの背景に、どっしりと居座る高低差の激しい美しい故郷の町がそこにあります。多摩市は近所だったので、ロードバイクのトレーニングでよく行きました。

 

登場人物は、その町をなんとか飛び出そうとしたりします。

「耳をすませば」での「カントリーロード」の歌詞は、若者が故郷に感じる苛立ちや、逃避感を映し出します。原曲とは真逆です。でも若い時、というのは、故郷のありがたみとか、家族のありがたみをちゃんと理解できる人はそんなに多くないと思います。

だからあの映画の歌詞は、若者そのもの。

ストーリーも若者が感謝すべき故郷をさくっと飛び越えていくあたりが、なんとも切なく感じます。


petitlyrics.com

デンバー版の歌詞は、大人になって、夢を叶えたり、挫折したり、思い通りにいかなかったり、家族に助けられたりしてから眺めるようになる故郷の風景を歌っています。

www.study-lyrics.com

====

子供の頃にいやいやで、大人になって大切だと思える存在が、両親、家族です。

この歌はそういうことを全部体現しているような心の動きを人に感じさせる歌で、長く生きれば生きるほど、この曲の良さがわかってくる、という素材に溢れた曲だと感じます。

 

また実際に、歌ってみるとわかります。

 

あれほど離れたかった故郷に、いつしか帰りたくなる。

人の身勝手さそのものを無言で受け入れてくれる家族や故郷の暖かさに勝る愛があるでしょうか。。

そういうのを歳を重ねるとわかってしまうんです笑。

 

あれほど離れたかったのに、人はいつしか、

"故郷の道よ 僕を家まで連れてって"

そう歌う身勝手さよ。

デンバーも麻薬や自身のDVを綴った、『Take me home』という自伝があります。まさにどうにもならない愛への飢え、というかなんというか。

彼は飛行機で亡くなり、まさにtake me homeを切に願ったことでしょう。

そういったことも、どこかこの曲の評価に関係があるように思います。

今幸福な人には歌えない歌なのかな、と。

 

歌詞や心持ちだけでなく、メロディにも仕掛けがあると感じていました。

 

=====

      A                       E

Country roads, take me home

故郷の道よ 僕を家まで連れてって

          F#m          D

To the place I belong,

僕がいたあの場所へ

         A                           E

West Virginia, mountain mamma,

ウェストバージニア 母なる山

             D                       A

Take me home, country roads

僕を家まで連れてって 故郷の道よ

===

とあります。

これ最後はアーメン終止なんですね。

D→A

IV→I

です。

 

作曲できる人、または音楽が演奏できる人へ。後半を、

         A                           D

West Virginia, mountain mamma,

             E                       A

Take me home, country roads

とやってメロディを作ってみてください。

これでも歌えると思います。

でもE→Aがなんだか人の傲慢な感じを覚えます。

「黙って俺を連れ帰ればいいのだ」的な笑。

 

ドミナントモーション(E⇨A)は、産業革命に生まれたいわば人工物の象徴として輝きすぎたので、これを用いると急にお金が見えたり、計算高さが見えたり、自信や傲慢が見えたり、社会の美化された競争が見えてしまう印象があります。

 

これは、作曲ができる人がわかってくれればいいです。

学校で学ぶドミナントモーションは、いわば、もう文化として垢だらけです。

別にそれでもいいんですけど、そうではない音楽を感じる方法というのを不定調性論とか、または自分だけが感じる感じ方を大事にしていただくことで、なんとか心の聖域を守ろうと思っていただきたいです。

で、さらに。

===

      A                       E

Country roads, take me home

故郷の道よ 僕を家まで連れてって

          F#m          D

To the place I belong,

僕がいたあの場所へ

         A                           E(6)

West Virginia, mountain mamma,

ウェストバージニア 母なる山

 

曲はI-V-VIm-IVで進行します。王道進行です。

個人的に感じるのは、「I belong」の上がるところです。これは音楽家の感性の性感帯(一人一人違うのであなたはあなたの場所をみつけて)。切実に願う思いを歌い上げるところです。気持ちの中の思いに沿うようにグッと盛り上がり、気持ちが入る部分です。

 

この思いが子供の頃はわからなかった笑。

「別に戻りたいなんて思わねーし」みたいに思っていた頃に戻りたい笑。

僕だけなのか、あなたも感じるのか。

(メロディの最高音がサビに来る、というのは作曲テクニックですが、テクニック以上に感情に訴える効果が出やすいからだと思います。) 

 

散々これまで故郷を蔑んできた分、罪悪感から、こういう歌にある種の精神の憧れ=故郷を大切にしたいと思う本能、みたいなものを刺激されるから、良いなぁ‥と感じる、という要素も自分の中に感じます。

 

 

=== 

そしてそれまではコードトーンをなぞっていたメロディが、mammaのところで6thに行きます。だからE6がF#m11(9)のようになり、淡く切なくなります。またここが「mamma」っていう言葉にやられます。

故郷=家族=ママ

っていうのは世界共通なんだ、と改めて感じます。

 

みんな、誰一人、あの日には戻れない。

 

戻れないどうしようもない日々を皆で一緒に生きているんじゃないか。

競争もいいけど、もっと愛を語ろう、って気持にさせてくれると思いませんか?笑

 

mammaは最後の最後の自分の味方の象徴。人それぞれだと思います。

 

そしてサビの最後にもう一度、乞い願うように、「連れていって欲しい」としめます。ここがアーメン終止なのが、彼の国らしい祈りの終止。というかブルースの伝統から、そもそもドミナントモーションの伝統のない国なので、これの方が普通なんですけど。「祈り」っていうことを恥ずかしく思う国民性である我々には、とても素直な気持にさせられます。

===

で一転、「耳をすませば」のコードは、実はすごいことになっているんです。

(原曲のキーに移調して、さらに還元して書きます。)

     A                  D

カントリーロード この道

       F#m        GM7

ずっと 行けば

       D                G    

あの街に 続いてる

         F#m  E                   A

気がする  カントリーロード 

きゃーあんだけ批判したE→Aが!!!笑。

(開き直って)、そう、だから、これは野望に満ちた"コンクリートロード"なんです。

 

特にGがやばい。VIIbです。ビートルズかよ、っていう"野心に満ちた響き"です。

原曲の「素朴さ」「誠実さ」「素直さ」「愛」とは違う、コンクリートな野望に満ちたコード進行です。

 

でも、これで初めて登場人物の意思とぴったり符合するわけですから、これは潜在意識に訴える革新的なアレンジ、と答えることもできます。

 

気になった方は映画のラストの音源を聴いてみてください。

カントリー・ロード / 本名陽子 ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

上記のサイトのコードは、アレンジを厳密にとっていますので細かい譜割になっています。ご注意ください。

====

 

帰りたいけど帰れないことを知ることになるんですよね、大人になると。

それが、皆同じだから、辛いんじゃなくて切なくなるんですよね。

できることなら、子供の頃からもう一度やり直したいって思わない大人がいるでしょうか。その鉄壁な普遍性がこの曲のにじみ出る魅力を作っていると思います。

作曲において普遍性を捉える、って狙ってできるものではないと思っています。

尊い。

 

多分、自分たちは両親が経験した想いより、少しだけ故郷をありがたく思えているはず。子供達には自分達よりさらにちょっとだけいい思いをしてほしい。

そうやって少しづつ世界を良くしよう、っていう想いが詰まった歌。ともいえます。

 

 

。。。と言ったような書きまくっていたいろんな思い万感を、歌を聴くだけで一瞬にして心の奥に突き刺してくる音楽という文化の偉大さよ。

 

====

それからこの曲は、

a,b,c#,e,f#

という五音音階でできています。

みんな大好き、五音音階(ペンタトニック)。

懐かしさを感じさせる最強の音階です。民族音階、という枠組みにも入る音階です。

日本の民謡もこの音階を使います。

 

歌詞、音階、ともに最強の素材を使った最高の音楽。

 

人は死ぬけど曲は死なない。

やっぱり音楽というのは人が作った最強の無限再生エネルギーだと思います。

 

 

 

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81krZ2BpvyL._SL1500_.jpg

エッセンシャル・ジョン・デンバー