音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)Digital Performer10の動作状況と5GBのサンプルダウンロード先と取り込み方〜コンテンツブラウザ

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

www.terrax.site

 

=====

DP10の話題は他にも・・

Digital Performer~DAW制作関連記事目次です。

 

余談ですが、テンプレートも引き継がれていますね。

 

追記;公式が出ました(19.2.22)。

www.youtube.com

さて。

ソフトウエアは1GBしかないから、例の5GBのサンプル集というのはどこにあるんだろう。。

下記は私の場合のやり方(motuサイトからの直接ダウンロード)なので、以降公式代理店から日本語のアナウンスが発表されると思います。

こちらでは勝手に見つけてみました。

motu.com

topページから、loginして。

f:id:terraxart:20190213143525p:plain

 

My Registrations 

f:id:terraxart:20190213143808p:plain

飛んだページの下記赤枠の中、Included virtual instrumentsとfree sample packをダウンロードします。

f:id:terraxart:20190213144002p:plain

英語なので一個一個見ていきましょう。

「Click here to redeem」のところにiLokのIDとメールアドレスを入れます。

f:id:terraxart:20190213145504p:plain

enterキーを押すとリンクしました、とでます。

この辺が微妙ですよね。どうなるんか予測できない感じ笑。。あとで役に立ちます。やってください。

 

で「MOTU Instrumens soundbank」=motu-instruments zipがそれっぽいのでダウンロードしてみました。

UVIはfalconも買ってるし、オーケストラスイート買ったときUVIで買ったので私はダウンロードしません。

UVIエンジンを持っていない人はダウンロードしてみてください。

これを開いてみると、

f:id:terraxart:20190213145936p:plain

f:id:terraxart:20190213150901p:plain

.ufs???これは、

ライブラリ→Application Sapport→UVISoundBanks→にいれてね!

f:id:terraxart:20190222001440p:plain

===== 

私のやり方を書いておきます。

まずilokのページでログイン

https://www.ilok.com/#!home

 

f:id:terraxart:20190213164315p:plain

そしてMOTU instrumentが入っているのを確認。さっきIDとメールアドレス入れてenter押した作業で紐付けたからですね。

f:id:terraxart:20190213164600p:plain

そして改めて、ilokをダウンロードしてインストールし直します(PC側でアプリケーション開いてすでにMOTU Instrumentsがある人はそでも良いのではないかと・・)。
f:id:terraxart:20190213164723p:plain

 ilokっていつも新しくなる。。

====

 

でPCからアプリケーションでilokを開くと、MOTU Instrumentが入っていますので、

f:id:terraxart:20190213165059p:plain

ダブルクリックすると、下画面に詳細が出るので、右下のactivates。

下記に進み「Activate」を押せば、すでに紐づいているので自動的に、OK画面が出ますのでOKで完了です。

f:id:terraxart:20190213170256p:plain

 

 MOTU Instruments.ufsは

ライブラリ→Application Sapport→UVISoundBanks→にいれてね!(さっきも書いたけど)

f:id:terraxart:20190222001547p:plain

ジャジャーン ٩(ˊᗜˋ*)و.ヤッター 

明日からドヤ顔ですね!UVIWorkStationももちゃんと入るよ!

f:id:terraxart:20190222001835p:plain

 

 

個人的にはUVI workstationのほうが選びながら下記のように絵も出るし、イメージが湧くので使いやすかったです。

というか。。ちょっと量と種類がやばいだろ・・。。

完全ガチプロの方は分かりませんが、われわれdemo屋としては、涙から鱗が出るくらい驚きなすごくお得な気分です、、

f:id:terraxart:20190213171857p:plain
音はレアというよりも、軽くデジタルっぽい感じで軽めです。当たり障りのない某UVI系プリセット的な印象を受けました。(誰か音ネタにして・・。)

というかDP買ったらついてくるんだからとりあえず音うんぬんで悩むより、さっさと常備しておけ!

ですかね。

 

Loopの種類もやばいぞ、

f:id:terraxart:20190213172324p:plain

 

昨年買ったプラグイン、サンプルのほとんどは今回のサンプル集で済んじゃうんじゃないか、というボリュームです。

もちろんインストゥルメントプラグインとして使えますのでさっとDEMOを作ったり、楽曲のメモを作ろうと思ったら、これだけで十分できてしまいそうです。体験レッスンとかこれだけでいいかも!!的な感じで。☆. ٩(ˊᗜˋ*)و.ヤッター 

総合音源をオプションでさりげなくドカン!と付けてきた!!!という感じです。

もう一つFalcon買ったような気分です。

 

X'pandありますよね。あれを少しよりレアな感じの音にして、数を増やしたような総合音源です。

Falconのプリセットには無い系の音が沢山手に入ったのでうれしいです。

 

UVIエンジンでは、

f:id:terraxart:20190222000440p:plain

↑の黄色い枠内辺りをクリックしてもらったら、エフェクトはいじり倒せます。

☆. ٩(ˊᗜˋ*)و.ヤッター 

 

f:id:terraxart:20190221234348p:plain

Falconを使えば、鍵盤上の部分をクリックして、波形を出して、エンヴェローブなども変えられるよ!!!!☆. ٩(ˊᗜˋ*)و.ヤッター ☆. ٩(ˊᗜˋ*)و.ヤッター 

 

昨年からFalcon使いまくりです。日本人の思考に合うプラグイン!!って感じがして色々いじってます。今まで使わず嫌いでした。かつマルチティンバーなのでとてもありがたいです。Omnis.とFalconで何十の楽器をこの二つで同時出し出来るんですから楽。

 

さらに。

f:id:terraxart:20190213174203p:plain

これも行ってみましょう。

とりあえずこれらはWAVサンプルなので、書類フォルダに記念に

「DP10_Sample」というフォルダを作り投げ込みました。

f:id:terraxart:20190213174924p:plain

 

これこそ新機能。コンテンツブラウザ~~~~~~~~!!!

もはや必殺技の名前。

 

(MOTU Instrumentではコンテンツブラウザ使えないのかい!!!笑)

f:id:terraxart:20190213175610p:plain

 

プロジェクトメニューから 「コンテンツブラウザ」を選択。

f:id:terraxart:20190213175829p:plain

 

出てきたでてきた!で「場所を選択」で先の「DP10_Sample」を指定選択。

f:id:terraxart:20190213175932p:plain

あとはフォルダを開いて、サンプルを選択すれば音が鳴る。。

ただしBatteryのように下にスクロールするだけで音は鳴りません。必ずクリックしないと音は鳴りません。まあでもいいよね!!

 

なお、ディフォルト状態では、様々な書類ファイル等も入っているので、自分でお好みの分類をしてください。

 

ああ、便利ダァ・・。

 

そして

f:id:terraxart:20190213181018p:plain

ドカンと画面大きくできるし。

外付けハードディスクも選べるから、もう余計なプラグインや重いプレビューを待たずに済む!!!

f:id:terraxart:20190315200602p:plain

ここ、クリックすると、

サウンドバイトとか出てくるところに埋め込めます!

f:id:terraxart:20190315200510p:plain

もちろんイベントリストとか、サウンドバイトとかのメニューにもある。

f:id:terraxart:20190315201054p:plain

 

====

さらに今回はまだおまけがついてる。

f:id:terraxart:20190213181344p:plain

まず上の赤丸の所をクリックすると、紐付けされます。

ここクリックして、また元に戻るので、戻ってきます(紐付けがわかりづらい笑)。

すると同じ部分が変わっています。

f:id:terraxart:20190213184333p:plain

 

バウチャーは覚えなくてもいいです。そして文章内のClick hereに飛んでみると、

f:id:terraxart:20190213184753p:plain

このページに飛びます。

これこのまま❶でアカウント作って、❷のフリーサンプルを頂いてもいいですね。

また❷の右側のAll Sampleから15ドル以下のサンプルを無料で手に入れることができます。

選んで、add to cartして、❸でカートを見れば、勝手に15ドル差し引かれています。

この時、値引きが適応されるためにはMOTUのユーザーである必要があるので、必ずDP10で登録したアドレスでアカウントを作ってください(と、、思います。)

 

====

さらにさらに。。

f:id:terraxart:20190213185135p:plain

この赤ワクのhereをクリックしてみましょう。 

 

f:id:terraxart:20190213194144p:plainこういうページになりページ下部から登録できます。

クラウドソフトをインストールして、世界中から集まってくるサンプルを見られるようになります。同時に人気の会えるWelcomeパックもダウンロードできます。

ヒャーーーこれは見切れない。。

もうね、使いきれなさそうなのが一発で分かったので、静かに閉じました笑。

 

DP使いの人で、めちゃくちゃサンプル重視です!!なんて人がいるんだろうか、みたいな偏見があるんですが、これだけサンプルがあれば初めてのDPユーザーでもサクッとBGMぐらいはできそうですね。並べるだけで。

 

DP10買うだけで初心者でもBGMぐらいはすぐ作れる

が実現していると思うのですが、どうでしょうか・・・。

 

結構な方向性の大改革。

 

これもやはりコンテンツブラウザが威力を発揮します。

プラグインで「loopcloud」っていうのが追加されて、これもClip Window仕様になっている模様です。・・いきなりはサンプル並べ派になれないので、追々勉強させて頂きます。

 

試してみてね!

 

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

DP10は初心者が買っても楽しい機能とかサンプル沢山あるよ!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KKogiD3lL._SL1200_.jpg

MOTU マークオブザユニコーン/Digital Performer 10 クロスグレード版