音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

DTM耳コピcoverの話 3-4時間で1コーラス打ち込み完了の手順

これは前回のカバー動画です。

www.youtube.com

毎日孤軍奮闘、頑張っているマルチタレント"相沢りんな"さん、応援よろしくお願い致します。渋谷近辺でライブをやるときなどは現場に行って生ボーカルチェックしてます。。器用で天然だけど度胸は人一倍の生まれ持ってのタレントさんです。

動画コメント関連で音楽の注文をつけたい人はわたくしの方に言ってきてください。

 

現在は月に4曲程度youtubeカバー作品を作っています。今年はもう少し増やしていきたいところです。もし音源の感じ気に入っていただけたら宜しくお願い致します!

楽曲制作のお見積もり依頼フォーム

 

<制作スタイル>

ボーカルミックスを除いて1コーラス3−4時間です。

基本は耳コピです。

コードは最近はコードサイトに掲載されているのを参考にしながら進めます。楽ですね。

 

<どんな風に進めるか>

リクエストややり取りは全てメールで行います。便利です。

依頼をいただいたら、次のように進めます。

・原曲を聴いて、りんなボーカルとの組み合わせを考えアレンジを概算する(15分程度)(原曲が存在しない時はその他の猛者カバー動画を参考にさせていただくこともあります)

・コード取り(移調作業なども含め15−20分程度)

・ドラム+リズム入れ(20〜45分)

→生ドラムと打ち込みデータでは作業の差が雲泥の差です。

→パーカッションなどがある場合はstylusでササっと入れます。

・ベース入れ(15分〜25分)

・ギター入れ(刻み)(15分〜25分)

・ギター入れ(ソロ・アルペジオ、オブリ系)(10分〜20分)

→ギターないと楽でーす笑

・FX、トリッキーな音入れ(15分程度)

→一気にピアノを入れてもいいんですが、集中力を欠くので少し創造的な作業を挟みます。サンプルを選びながらじっくりイメージを固めます。

 ・ピアノ入れ(60分)

(サビ→Aメロ→Bメロ他→イントロ・エンディングの順です)

→弾けないからネーーーこれが一番大変。でも一番自由にアレンジできる好きな楽器です。ピアノ習えばよかったな・・・。

つまりピアノ系がさらっと弾ければ、1コーラス2時間弱でできると思います。またギターなどを打ち込まず、自分で弾く人は、1コーラス1時間強ぐらいでできるのがおそらく業界標準でしょう。

 ====

楽器が多い時は、omnisphereやFalcon、stylusなどのマルチティンバー可能な音源を使います。

Kontactは重いのでとにかく最後に入れたり、打ち込んだらすぐオーディオ化します。

ドラムやピアノなど一つでメモリを食うものはある程度作って、オーディオ化しておきます。メモリチェックは、「ライトクリーナー」を使っています。

www.trendmicro.com

f:id:terraxart:20190127181129p:plain

ここに目安が出ます。90%になったら無駄に重くなるので、70%台を維持しながらやっています。作業スピードが何より重視されるからです。

 

=====

ここまでで、早くて3時間(それぞれ休憩4分ぐらいは挟みます)遅くて、4時間強です。これで歌は入れられますので、この状態で送ることもあります。そして歌を聴きながら

・シンセ系

・オルガン系

・ストリングス系

・ホーン系

を歌をいただいてから入れます。音色と声が合わない場合があるので後から加えます。

どうしても歌入れ前の曲調に不足感がある場合は、仮に軽い音源で目安アレンジを入れて歌録音をお願いしたりします。

 

依頼をいただいたら、当日夜か、翌日昼過ぎまでにオケを送ります。

   

その後歌を録音いただいて、それからこちらでミックスです。

実は一番時間がかかるのが歌とオケのミックスです。5−6時間かかってしまいます。

それから7−8回バウンスを繰り返します。

macとwindowsで聴き比べて、最後にスマホで聴きます。

あまりミックスに時間を掛けると耳がボワっとしてしまうので、送るまで時間はかかりますが、少しブログを書いたり、ギターを弾いたりしながら耳を休ませて数時間後取り組みます。

歌ミックスはその他の仕事が混んでなければ、当日のうちにお渡しできます。

youtubeの音、またはりんなさん側で編集していただいている動画アプリなどで音が少し変わりますが、だいたいlowと高いギリギリのhighが削られるのでまあ2割方やりすぎ!っていう感じにしておくぐらいがちょうどいいです。

(と、思ってるのは私だけかもしれないのでご指摘いただけたら嬉しいです。。)

 

<歌Youtube動画のポイント>

・ボーカルをキラキラにしてどでかく。

これに尽きます。CDより2割ぐらい大きめです。youtubeを見る人は、「鑑賞」というよりも無意識に「良い情報感を得たい」と思っていますから、音楽性云々以上に、ボーカリストの歌が持っている"情報"を明確に提示してあげれば、「良さ」が伝わりやすくなります。

こうやってスピーディに必要な情報の質を上げる仕組みを歌動画文化が編み出したわけです。

"そんなの音楽じゃない"

と思われる方がおられるかもしれませんが、ちょっと違うんです。

これは新しい情報文化なんです。15年前は存在しなかったタイプの情報です。

それによって本家の音源を聴き、やっぱりプロは素晴らしい、オリジナルは素晴らしい、となって欲しく、そこから音楽の本質を追って欲しいです。我々はその最先鋒にいます。アーティストが質の少しでも悪い動画を出すわけにはいきません。だから我々と協力して欲しいんです。

それを理解し、良い視聴システムを各位が用意し、オリジナルをより良い音で聴くことに価値を感じてください。

映画を映画館で観る価値と同じです。プロ野球を球場で観るのと同じです。オーケストラを劇場で聴くのと同じです。

プロと同じ環境で音楽を聴いて初めて、音楽はヤバいことになっていることがわかります。携帯やパソコンではほとんど「鳴ってません」。

本格カレーを食べる、と言って「カレー味のスナック菓子」を食べているような感じです。スマホやパソコンで得ているのは「音楽」ではなく「情報」です。それがまだよくわかっていない方もいます。小説のあらすじ読み、みたいなものです。

 

このyoutube関連動画は、音楽業界の最前線にいる切り捨て御免な戦線です。

そこから音楽に入ってもらえればいいんです。

そして本物を見抜ける耳と目を持って、いろんな動画やアマチュアの音楽を聴いて、または自分で作って、音楽文化をどんどん底辺から熱く熱していきましょう。批判は底辺DTMerで分けあって受ければいいかな、と思います笑。

 

地球は地熱のおかげで我々は生きていられます。

我ら底辺DTMer、頑張って音楽を熱く語ります。そしてこの熱が上層部まで伝わって、より良い音楽を提供していただけるよう頑張ります!

だから上層部もどんどん動画出すといいよ?動画を出していくことでヒットする時代なんだから。

 

安価にスピーディーに頑張っている人を応援します。

そしてこのyoutube制作を広告収益構造に持っていければ、素人さんだって、それで生活ができることだって夢ではありません。

そのためには安価で素早くこちらも提供できなければなりません。

これはyoutubeが広告営業をやめるまでこの文化は続くと思います。

10年やってくれるかどうか。。

どれが受けて、どれが受けないか、がすぐ再生回数でわかる時代です。

マーケティングできるんです。

周りを見渡せば、これを「意味がない」と言ってやらない人の多くより、やっている人の多くの方がどんどん先に進んで行くのがわかると思います。現代での生き方の一つになっていると思います。あなたなりのやり方でいいのでうまく活用されていかれることを望みます。いかにヒットを飛ばすyoutuberがすごいかも分かると思います。

 

作っているときは、ポモドーロテクニック、そしてその難点

25分やって、4、5分休む。その4、5分でメールチェックや教室準備、スタジオの整理整頓を行います。

打ち込みも系統の違う作業を交互にやると良いです。

ドラムやったらベース、ギターやったらパーカッションとか。

オルガンやってピアノやってギターやるみたいな作業はサイクルが似ているので疲れます。疲れればクオリティが落ち、スピードも落ちます。

ただ、25分というのは若い方には短すぎるし、5分という休憩も短すぎます。

だから、本当に5分だけだったら、トイレに行ったり、コーヒーを入れる、というような 程度で考えましょう。つまり「休憩」というふうに捉えないほうが良いです。

そして

25分打ち込み 5分休憩

25分読書 5分休憩

25分打ち込み 5分休憩

というようなやり方が良いです。

 

しかしせっかく集中してきたところで作業が25分で分断されるので、それはストレスなんです。

だからこのテクニックは3時間以上連続で続けられれない、という人もいます。

逆に頭が疲れるので。この辺の経験を自分で身につけてもらって、

45分打ち込み 15分休憩

60分打ち込み 15分休憩

30分別作業

45分打ち込み 15分休憩

60分打ち込み 15分休憩

30分別作業

 というような自分だけのサイクルを作ってください。

大切な事を言います。

ポモドーロテクニックが通じるのは、ポモドーロテクニックに向いている人だけ。

役に立つ情報を得て、自分で体得して、自分なりの方法を見つけるまでが大切です。

 

ま、アーシングしているので疲れないのが厄介だ、とだけ言っておこうwww。

 

あとは実際どういう風に耳コピするか、ですね。

耳コピは高校からずっとやっています。

4小節コードを聞き取るのに3時間かかる感じからスタートして、それが日に日に数分ずつ早くなって行く作業、と言えばいいでしょうか。とにかく経験しかこれが早くなるコツなどありません。経験がコツを作ってくれます。

 

この辺もぼちぼち公開していきたいと思います。

 

楽曲制作はこちらです。まずはお問い合わせにて。

Youtube用の制作もやってまーす。クレジット表記等の必要はありません。

楽曲制作のお見積もり依頼フォーム

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ケーブルがビローーンとなるのがこれで解決です。 ハッ∑(゚ロ゚〃)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91dt2ibD15L._SL1500_.jpg

cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)