音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(無料)五度圏のフリー画像素材を作ったよ!~オマケで五度圏の覚え方(基礎)

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記

下記画像は自由にコピペして使ってね!

自由に書き入れ可能な五度圏を作りました!!

f:id:terraxart:20190106205225p:plain




 

 

 

<ポピュラー流五度圏のユルイおぼえ方> 

最初は#や♭は四つまで語呂で覚えます。

シャープの位置は、ファドソラ

フラットの位置は、シミラレ

クオリア的に覚えましょう。

「上(#)に"あの(ファド)空"」

「下(♭)に"染みだぜ(ラレ)"」

こういうのをなんとなく体に入れるだけで自然と覚えてしまいます。絵的に覚えるといいです。その間に理論的なことを学習していくうちに勝手に全部覚えられます。それまでの記憶の懸け橋です。

 

五度圏も覚えられない状態というのははじめだけです。

嫌でもいずれ覚えてしまうので、最初はポイントだけを押さえます。

f:id:terraxart:20190106202556p:plain

これでもごちゃごちゃします。

そこで長調だけ覚えます。短調はそれを短三度下げた音名に該当しますが、最初はよく覚えられません。だからせめてそれぞれ4つまでの長調を覚えます。これでだいぶ作業がはかどります。

f:id:terraxart:20190106204637p:plain

シャープ(#)な斧でカン!ガン!ダン!アン!エーン泣!!

Can!!Gan!!Dan!!An!!En!!

シャープの数順です。

フラっと(♭)したぜ、クラっと!フラっと!ボーフラ!家でフラっと!

CらっとFらっとBフラE.A(共に)でフラっと

 

これもクオリア的=抽象的に言いながら覚えていきます。

 

そうして音楽をやっているうちに、勝手に理屈も覚えます。そうしたころに♭五つ、#五つの譜面に出逢ったりして一気に覚えます。

既存知識の学習はとにかく楽しく、アグレッシブに、自分のやる気が出る方法で行ってみてください! 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

キッズがいるスクールなら、これを配るとみんな大騒ぎだよ。

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81OBO-WJy%2BL._SL1000_.jpg

 駄菓子 詰め合わせ セット 100種 250個入り 業務用 だがし カルパス うまい棒 ポテトフライ 蒲焼さん太郎