音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

12キー主要代理コード一覧

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

 

今回は12キーのダイアトニックコード近隣の代理コード関係コードを一覧にいたしました。代理コードを覚えました!というぐらいの学習段階の方が対象の資料です。

表記ミスがあるかもしれませんので随時内容についてはアップデートしてまいります。

 

その1 

Dropbox - 代理コード一覧.pdf

その2

Dropbox - 代理コード一覧2.pdf

 

上記の編集可能エクセル表

Dropbox - 代理コード一覧.xlsx

(ご自由にご自身の解釈の表をお作り下さい)

 

T=トニック=主和音

Tm=トニックマイナー=短調の主和音

SD=サブドミナント=副属和音

SDm=サブドミナントマイナー=短調の副属和音

[D]=ドミナント=属和音

[D]m=ドミナントマイナー=自然的短音階の属和音

sub=代理とか二次的な、の意味で用いています。

裏コード=

V7に対しての増四度の7thコード、同じトライトーンを持つため、ドミナントの機能とされています。

f:id:terraxart:20181231143127p:plain

CのコードはEm、Am

FのコードはDm

G、G7のコードはDb、Db7などに代理できる、という表です。

 

また、C-F-Cなどの流れをC-F-Fm-Cにするなど、SDコードの前後にはSDmを含ませることもできますが、旋律音との兼ね合いで不自然な響きになったり、不協和になったりしますので旋律音との前後の協和度をしっかり均質にしてください。

 

コンテンポラリーな和声では不協和度をばらつかせることも可能ですが、それは機能和声で考えるのではなく、不定調性論から考えたほうがコントロールしやすいです。流れの協和度のバランスについてジャズ和声が境目を決めてこなかったので何が良いかを既存のセオリーを根拠に判断することは初学者には誠に難しいです。それを決めるのは作者の感性以外ないからです。不定調性論のレッスンではその判断の自由度を高めるためにクオリア、模様感、印象、などの個人の感じ方を鍛え上げることによって協和と不協和のバランスをとっていけるようにトレーニングしていきます。

個の解放です。危険な行為だと時々言われます笑。

芸術家肌の方には好評です。

========

 

基本的なポピュラー機能和声における代理に特化してまとめました。

表を見ずとも適切に音楽的に和音を変換できるように普段から様々なアレンジを試してみましょう。いずれ試さずとも最初からわかる(感じられる)日が来ます。

 

ご活用いただければ幸いです。

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

楽譜読むなら、タブレットでしょ。で、絶対スタンドがいる。

  https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71sq2hL0jGL._SL1300_.jpg

タブレット スタンド ホルダー 角度調整可能, Lomicall iPad用 stand : 卓上縦置きスタンド, タブレット置き台, デスク台, タブレット対応(4~13''), アイフォン, アイパッド ミニ エア プロ, iPad, iPad mini, iPad Air, iPad Pro 9.7 10.5 12.9, Samsung S7 S8 Note 6, Kindle, Samsung Tab, Sony, Huawei MediaPadに対応 

 

で携帯するならこれ。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61K3tNjZFBL._SL1001_.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614vbI6va2L._SL1001_.jpg

 

スマホ タブレット スタンド【Stonfecn 】折りたたみ式 ユニバーサル コンパクト スタンド機能 スマートフォンス 携帯ホルダー iPad iPhoneなど全機種対応 角度調整可能 収納便利(グレー)