音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

2018を締めくくりましょう。雑記ブログ収益化2年目の報告

もしも音楽活動をしている人で、収入が少ないけど時間が多少あって、文章が得意、探求が得意、インターネット大好き、パソコン大好き、暇があったら勉強してる、ブログ書いてる!という人がいたら、ぜひ自分の特技でブログを書くのが良いかと思います。それを収益化にして自分の活動の一助にできれば、音楽活動も少しずつ視野が広がり余裕も出てくるでしょう。

 

そんなら先生自分でやれば・・・、と言われて自分で始めることにしたブログ。

 

無事ブログも今年6月に2年目を迎え、毎日必ず二桁台の収益が上がるようになりました。毎月バンドスコア一冊買うぐらいの収益です。大した金額ではないですが、これを創業当初からちゃんとやっていたら今どのくらいのスキルと収益になっていたかと感じます。

 

 

ここに4つの行動があります。

・仕事

・収益を上げること

・人の役に立つこと

・自分の好きなことを行うこと

最初はこれらを信念美学に固執して一つのことで完結しようとしていました。つまり収益は仕事で上げるべき、自分の磨くべきスキルを磨くことだけに貧乏でも終始すべし、お金をもらうなら人の役に立つ自分の仕事のみで!好きなことで収益を上げるなら身の丈をわきまえて!みたいな。全て今考えれば良く分からない昭和感。

 

そんなにお前は偉いのか。

それで自分が疲弊して人を落胆させて巻き込んではいないか?

 

これらの4つはスタートラインでは全く違うものだと知りました。

土台を作ったあとで4つを合致させられるよう工夫あるのみ、であったわけです。

だからまずはやるっきゃない。。です。特に理由とかいりません。もしぴんと来たらやるしかない。

4つを組み合わせていく工夫は自分で見つけるしかありません。「作曲の仕方」なんて方法論が実は存在しないことを知っている我々は、「ブログの書き方」が存在しないことも同時に理解しました。作って作って研究して改善する以外に道はなし。

不定調性論はそういう意味では武器商人的なのかな。

あらゆる先鋭作曲の弾倉を売ってます。この銃弾で貫通しないものはありません、、、この防弾チョッキで貫通する銃弾はありません、、、このレーダーで探知できないものはありません、、、この機体ならあらゆるレーダーに探知されることはありません。

矛盾。

しかしこの矛盾、実はオチがあって

「あなたが貫通したと思った瞬間貫通するでしょうし、無理だと思ったら貫通しません」

という不思議な理屈が付いて回ります。「極意は矛盾のバランス」です。

 

こんなときは名言で。 


世界には、君以外には

誰も歩むことのできない唯一の道がある。

その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。

ひたすら進め。

ニーチェ

 

実際この道を歩くと毎日不安で絶望的で耐え難い孤独です笑。

不定調性論なんて誰が支持します?辞めた方がいいんじゃないの?

やったって無駄じゃない?

人生無駄にしている。。

みたいに感じる人もいるでしょう(しかしおかげさまでその活用法を応用できている方が様々な階層におり応援頂いてますので退屈はしません)。

つまりこの孤独はめちゃくちゃ感謝の気持ちも作ってくれるわけです。むしろそっちに導かれていくように。

人ってそういうふうに感じるようにできているのではないでしょうか。

絶望とか耐え難いことに対して脳は快楽物質を出すのだと思います。

だから絶望はすなわち稀有な希望への切符であり、この矛盾を理解しようと思えば脳を理解しないといけません。そしてそれは自分でやってみるしかない。

 

さて来年はどうなることやら。


====

下記は今年書いた記事の中で一番読まれているものを列挙していきます。

何が読まれるか、なんて全く予想できません。だから考えるより手を動かせ、というのが最も純粋なアドバイスです。

www.terrax.site

これはただ構成音を書いて列挙しているだけなのですが、役に立っていますか???

 

www.terrax.site

そして次がこれ。二連続早見表です。

一覧にまとめる、表を作る、持ち運べるデータにする、調べたら1時間ぐらいかかりそうなことを表にまとめる、面白いデータを並べてみる、というのはブログ的だと思います。論文だとそれだけでは成り立たないし、動画では一覧表は見る意味がありません。

やはりこの手の内容は記事系が強いと感じます。

 

www.terrax.site

で、Lemon。今年の顔、ですね。Foorinも紅白おめでとう!正座して観ます。

 

www.terrax.site

そしてなぜかこれ。bucknumberさんの音域が広いので、音域チェックで見ていただいていたようなので、音域についてはわかりやすく表記しました。役に立ってるかな??

 

そして

www.terrax.site

うちのオカルト案件笑。。

アーシングがなぜかスピリチュアル案件と一緒に取り上げられてしまうのでそのような立場に追いやられているのでしょう。

スピリチュアルとは関係ないです。野良猫がなんで元気か、何日も食べなくても平気か、悪魔と契約しているからではありません。ただ地面に寝そべっているからです。

これが簡単すぎて文明人には理解できない、のでしょう。

健康は金がかかる、幸福はある程度お金を出す必要がある、という強迫観念は教育によって植え付けられた幻想です。我々はその幻想と遊んでいるのであって、「絶対これが全てだ!」と信望してしまう話がおかしくなる、というだけです。ま、来年ぽっくり死んじゃうかもしれないので人生を掛けた冗談だと思ってください。

 

その他、

www.terrax.site

意外と知らないんですよね。。某大手のエンジニアさんが知らなかったので、すぐに記事を作りました。

狙ってよかった記事はこれかも。。

 

=====

2019年は毎日1投稿を必ず行うように生活を正していきたいと思います。

私は全ての業務を自分で行わないといけないので、ついブログ記事に夢中になって時間配分がめちゃくちゃになることが今年わかったので、少しずつ計画的に活動できるよう、いよいよ仕事である、と意識して記事を書いていこうと思います。

 

さらに不定調性アレンジ作品の精度を上げて、いよいよ新しいジャンルとしてのハイブリッドトーナリティな作品を企業営業して収益につなげてまいりたいと思います。

オーディオストックさんに出したら、売ってくれた!!

 

人の心に刻まれた曲調の中に、いくつもの別の調に該当する音を何重にも混ぜることでできるそもそもの「音の原風景」の美観を求めよう、という試みでした。 

やがてこれは無調にたどり着くのですが、無調が人々の馴染めるものになるためには20世紀初頭のやりかたをもっと丁寧に、ポピュラーに、センセーショナルにやってみて考えたいと思います。

これこそ収益にしなければならないものであり、CMなどに使ってもらえるようになるまで推し進めていきたいです。

 

少しでも共感いただけるようであれば、一緒に何かを作っていきましょう。

もう新しい音楽ジャンルなんてできっこない

と思ってるそこのあなた、そう思っている自分に挑戦を挑まないか?

====

 

という感じで、来年もまるで水面下バサロ泳法で進んでいくような状態ですが、飛び上がった時にトップランナーで居られるように頑張っていきたいと思います。

まあ、誰もやらないことをやるのだから、競争相手はそもそもいないのだけど。。

その辺も引き続き笑ってやってください!

 

来たる新年もどうぞよろしくお願いいたします!