音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜SERUM編4(随時編集中;下書き公開中)

前のペ←ジはこっちだよ。

www.terrax.site

 

<VELO,NOTE>

f:id:terraxart:20181217142122p:plain

これはVELO(velocity MOD)をWT POSにかけています。これで鍵盤を強く押すと、velocityは大きくなるので、WT POSの後ろの方が鳴り、

f:id:terraxart:20181217142117p:plain

優しく鍵盤をタッチすると、WT POSの前方が鳴る、というように音色をヴェロシティで変えることができます。カーブを自由に変えて設定をすることができます。

また、

f:id:terraxart:20181217142109p:plainフィルターにかければ、弱いタッチの時深くかけ、

f:id:terraxart:20181217142113p:plain強いタッチでフィルターを開く、ということができます。

 

またエフェクターにもかけることができます。下記はDelayのミックスにかけています。

f:id:terraxart:20181217142105p:plain

このようにカーブを右下がりにして、弱い時にディレイミックスが深くかかり、強いタッチではディレイが消える、というような設定にできます。

 

下記の動画を見ていただければ、感覚がつかめると思います。

該当部分からスタートします。

https://youtu.be/bRQN4jv6LtE?t=160

 

NOTE MODは文字通り音の高さでエフェクトのかかる感じを変えていこうというものです。

同じ動画の次の部分から見ていただければわかります!

https://youtu.be/bRQN4jv6LtE?t=554

 

かなり音のイメージを明確に持っていないと、全体と混ざった時によく効果がわからなかったり、音の濃淡が激しくなったりしてしまいます。バックがドラムだけ、とか、ソロの部分などの時にちょっとしたシンセっぽい効果を狙う、という感じがよろしいかと思います。

 

<MOD>

f:id:terraxart:20181217144830p:plain

左端にあるこれです。これはMIDI鍵盤などについている「モジュレーションホイールで操作できるよ!」っていうやつです。

f:id:terraxart:20181217145147p:plain

例えば、MODをワープメニューにかければ、その効果の感じをモジュレーションホイールで手動で変化させられます。ライブ演奏でのパフォーマンスやオートメーション書き込みなどを演奏しながらできますね。

f:id:terraxart:20181217145405p:plain

もちろん、三つ一気にかけて、一挙に操作することもできます。この手の複合利用は最初の設定が全てなので、上級者向きだと思います。

 

<MACRO>

これもMOD同様に、MIDI鍵盤などの一つのツマミで、またはマウスで、一曲に効果をかけるやり方です。MODはモジュレーションホイール一択でしたが、このMACROはどのツマミでもMIDIlearnで設定できます。

f:id:terraxart:20181217145741p:plain
これはマクロをwarpセクションとfilterにかけたものです。

文字もダブルクリックでかけるので「好きなマクロ名」を書いておきます。

f:id:terraxart:20181217145823p:plain

そのあとでMIDI learnを右クリックで選びます。あとは鍵盤などのツマミを一回いじれば、それで画面上のツマミを手元で動かせるようになります。

もちろんマウスでこのツマミを動かすこともできますので、鍵盤のない方でもある程度効果を使えます。

 

<FX SECTION>

これはもう掛けるだけです。ただLFOも掛けられるので、質感よりLFOがかかった効果を優先するなら、SERUMのFXで音作りをする、そんな使い方でスタートされると思います。

f:id:terraxart:20181218152404p:plain

この上下矢印をクリックドラッグすれば、かかる順番を変えられます。

原音→ディストーション→ディレイ→出音

では、歪んだ音にディレイがかかるわけです。

で、

原音→ディレイ→ディストーション→出音

なら、ディレイかかった効果全体にディストーションがかかります。

自分の求める音に近い状態を自分で選んでください。これはエフェクトの基本ですね。

 

電源が二つあります。右側の電源を切ると、ラックに残したままオフにできます。これはエフェクトのバイパス、というニュアンスです。

f:id:terraxart:20181218152903p:plain

左側の元電源を切ってしまうと、ラックから消えます。こちらは完全にラックから外した状態。効果は同じです。

f:id:terraxart:20181218152909p:plain

f:id:terraxart:20181218153447p:plain

ラックの電源は、MIDIlearnでコントロールできます。つまりツマミに割り当てて、on offを切り替えられるわけです。

 

HYPER / DIMENSION

hyperの方はユニゾンの数です。

dimensionの方は部屋のサイズ、プリディレイのニュアンスを表します。空間の広がりと厚みを出すエフェクトです。オシレーター側にもユニゾンやdetuneがありますが、比較してみるとわかる通り微妙に違うニュアンスになってかかります。これは癖を覚えて、欲しい響きを導き出すときに使い分けろ、という感じですが、このシンセ乱立時代に、なかなかここまでエフェクトを使い分けることができるかどうかは微妙なところです。どちらかというとこちらのエフェクトのユニゾンの方だエフェクト乗りのやさそうな設計になっていると思います。

分厚いデチューンエフェクトをかける際には、オシレータでかけるよりも、hyperを掛けたほうがいい時が多いかもしれません。でも、、これは好みですね。いずれにせよSERUMっぽい太くて目立つ音に仕上がってくれます。

f:id:terraxart:20181218154128p:plain

黄色い丸のところにLFOをかけることができます。

 

エフェクト名の右ポチクリックすると、設定を保存できます。

f:id:terraxart:20181218154403p:plain

f:id:terraxart:20181218154359p:plain

一度保存すれば、同じところから読み出せます。他のエフェクトも同じです。

f:id:terraxart:20181218154355p:plain

 

DISTORTION

f:id:terraxart:20181218154812p:plain

文字通り、歪み。です。13種類の基本セットがあります。青丸のところにLFOが掛けられます。フィルターみたいにして掛けられるところが凝っています。

「OFF」フィルターを掛けないで歪みだけかける。

「PRE」はフィルター前にDISTORTIONを掛けて、そのあとフィルターを通す。

「POST」はフィルターを通してから、DISTORTIONを掛けます。これもその時々で、楽曲のアレンジに沿う方を選ぶという感じでしょう。

 

さらに凝っているのが、このX-Shaper。

f:id:terraxart:20181218155342p:plain

editAを下記に。

f:id:terraxart:20181218155358p:plain

editBを下記にします。

f:id:terraxart:20181218155415p:plain

あとはDRIVEレベルで左右を調整。好きな波形で歪ませます。

f:id:terraxart:20181218155430p:plainf:id:terraxart:20181218155442p:plainf:id:terraxart:20181218155453p:plain

ここまでくるとシンセ仙人じゃないとわからないですよね。。。

なかなか音作りに1時間とか掛けていられない時代です。こういうのはトレーニングが必要なので、次のようにしてみてください。

・自分が触りやすい触り方でパパッと音が変えられるようにしておく。

・自分がよく使うであろう音を即座に作れるように波形を三つほど決めておく。

・一番好きっぽい音を一旦作って保存しておく。

というようなことであとは毎回毎回いじるスキルをつけていくしかありません。

ようは、自分がとっとと音色を変えられるようなテンポの良さを身につけておいて、ある程度音色を変えられるようにしておくことがとても大切です。変えながらインスピレーションが得られない音色の変え方は時間の無駄です。

他のシンセも同様です。

 

FLANGER

f:id:terraxart:20181218160410p:plain

FLANGERも厚み効果です。さらにねじれ効果もあります。青丸のところにLFOがかかります。

FEEDを強くすると、いかにも下品なフランジャーになります。PHASEにLFOをかけると、左右に音が飛んでくれたりして広がりが出ます。BPMポッチは楽曲のテンポに合わせて効果をかけてくれます。






 

 

 

 

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

ケーブルがスッキリしてて来客の話題になった商品、、

 f:id:terraxart:20181217152559p:plain