音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜SERUM編4

前のペ←ジはこっちだよ。

www.terrax.site

 

<VELO,NOTE,VOICING>

f:id:terraxart:20181217142122p:plain

これはVELO(velocity MOD)をWT POSにかけています。これで鍵盤を強く押すと、velocityは大きくなるので、WT POSの後ろの方が鳴り、

f:id:terraxart:20181217142117p:plain

優しく鍵盤をタッチすると、WT POSの前方が鳴る、というように音色をヴェロシティで変えることができます。カーブを自由に変えて設定をすることができます。

また、

f:id:terraxart:20181217142109p:plainフィルターにかければ、弱いタッチの時深くかけ、

f:id:terraxart:20181217142113p:plain

強いタッチでフィルターを開く、ということができます。

 

またエフェクターにもかけることができます。下記はDelayのミックスにかけています。

f:id:terraxart:20181217142105p:plain

このようにカーブを右下がりにして、弱い時にディレイミックスが深くかかり、強いタッチではディレイが消える、というような設定にできます。

 

下記の動画を見ていただければ、感覚がつかめると思います。

該当部分からスタートします。

https://youtu.be/bRQN4jv6LtE?t=160

 

NOTE MODは文字通り音の高さでエフェクトのかかる感じを変えていこうというものです。

同じ動画の次の部分から見ていただければわかります!

https://youtu.be/bRQN4jv6LtE?t=554

 

かなり音のイメージを明確に持っていないと、全体と混ざった時によく効果がわからなかったり、音の濃淡が激しくなったりしてしまいます。バックがドラムだけ、とか、ソロの部分などの時にちょっとしたシンセっぽい効果を狙う、という感じがよろしいかと思います。

<VOICING>

f:id:terraxart:20191008095150p:plain

MONOにすれば単音が出ます。後着優先システムです。

MONOの青ぽっちを外すとPOLYで和音が出せます。8というところを自在に変化させる事で最大同時発音数をコントロールできます。下の0/8となっている分母が変わっていきます、キーボードを弾くと現在引いてる音数が表示されます。

LEGATOは音のつなぎをスムーズにします。アタックが強い音を滑らかにつなげたいときは、鍵盤で最初の音と次の音の間がスムーズに繋がるように弾くと音のつながりがスムーズになリマス。

f:id:terraxart:20191008100817p:plain

AまたはBのように音のつながりをかぶせるか接する事で音はスムーズにつながります。

いわゆるグライドです。

のつながり具合をコントロールするのが、PORTAのつまみです。自由に回してみましょう。

ALWAYS・・・最初の音から全ての音にグライドがかかる。

SCALED・・・音階的に接続された時だけグライドがかかる。

だいたいSCALEDですが、変な音を出したいときはALWAYSも面白いです。普段グライドがかからないピアノ的な音などは面白いです。

CURVEでグライドのニュアンスを決めます。

f:id:terraxart:20191008101443p:plain

CURVEの線の上をクリックするとPortCurve0%という表示が出ます(反応が悪い場合も)。それが出たら、クリックしながらマウスを斜めにドラッグするとカーブの線が青くなってカーブを描いてくれます。これも癖があるので自分で触って慣れてみてください。ドラッグするときはポインターは線上似なくても大丈夫です。

f:id:terraxart:20191008101957j:plainこの辺で動かす感。

グライドはLEGATOを外していてもかかります。

この辺はどういうニュアンスでそのメロディを表現したいか、というあなた自身のニュアンスに近い設定を採用するべきでしょう。

<MOD>

f:id:terraxart:20181217144830p:plain

左端にあるこれです。これはMIDI鍵盤などについている「モジュレーションホイールで操作できるよ!」っていうやつです。

f:id:terraxart:20181217145147p:plain

例えば、MODをワープメニューにかければ、その効果の感じをモジュレーションホイールで手動で変化させられます。ライブ演奏でのパフォーマンスやオートメーション書き込みなどを演奏しながらできますね。

f:id:terraxart:20181217145405p:plain

もちろん、三つ一気にかけて、一挙に操作することもできます。この手の複合利用は最初の設定が全てなので、上級者向きだと思います。

 

<MACRO>

これもMOD同様に、MIDI鍵盤などの一つのツマミで、またはマウスで、一曲に効果をかけるやり方です。MODはモジュレーションホイール一択でしたが、このMACROはどのツマミでもMIDIlearnで設定できます。

f:id:terraxart:20181217145741p:plain
これはマクロをwarpセクションとfilterにかけたものです。

文字もダブルクリックでかけるので「好きなマクロ名」を書いておきます。

f:id:terraxart:20181217145823p:plain

そのあとでMIDI learnを右クリックで選びます。あとは鍵盤などのツマミを一回いじれば、それで画面上のツマミを手元で動かせるようになります。

もちろんマウスでこのツマミを動かすこともできますので、鍵盤のない方でもある程度効果を使えます。

 

<FX SECTION>

これはもう掛けるだけです。ただLFOも掛けられるので、質感よりLFOがかかった効果を優先するなら、SERUMのFXで音作りをする、そんな使い方でスタートされると思います。

f:id:terraxart:20181218152404p:plain

この上下矢印をクリックドラッグすれば、かかる順番を変えられます。

原音→ディストーション→ディレイ→出音

では、歪んだ音にディレイがかかるわけです。

で、

原音→ディレイ→ディストーション→出音

なら、ディレイかかった効果全体にディストーションがかかります。

自分の求める音に近い状態を自分で選んでください。これはエフェクトの基本ですね。

 

電源が二つあります。右側の電源を切ると、ラックに残したままオフにできます。これはエフェクトのバイパス、というニュアンスです。

f:id:terraxart:20181218152903p:plain

左側の元電源を切ってしまうと、ラックから消えます。こちらは完全にラックから外した状態。効果は同じです。

f:id:terraxart:20181218152909p:plain

f:id:terraxart:20181218153447p:plain

ラックの電源は、MIDIlearnでコントロールできます。つまりツマミに割り当てて、on offを切り替えられるわけです。

 

HYPER / DIMENSION

hyperの方はユニゾンの数です。

dimensionの方は部屋のサイズ、プリディレイのニュアンスを表します。空間の広がりと厚みを出すエフェクトです。オシレーター側にもユニゾンやdetuneがありますが、比較してみるとわかる通り微妙に違うニュアンスになってかかります。これは癖を覚えて、欲しい響きを導き出すときに使い分けろ、という感じですが、このシンセ乱立時代に、なかなかここまでエフェクトを使い分けることができるかどうかは微妙なところです。どちらかというとこちらのエフェクトのユニゾンの方だエフェクト乗りのやさそうな設計になっていると思います。

分厚いデチューンエフェクトをかける際には、オシレータでかけるよりも、hyperを掛けたほうがいい時が多いかもしれません。でも、、これは好みですね。いずれにせよSERUMっぽい太くて目立つ音に仕上がってくれます。

f:id:terraxart:20181218154128p:plain

黄色い丸のところにLFOをかけることができます。

 

エフェクト名の右ポチクリックすると、設定を保存できます。

f:id:terraxart:20181218154403p:plain

f:id:terraxart:20181218154359p:plain

一度保存すれば、同じところから読み出せます。他のエフェクトも同じです。

f:id:terraxart:20181218154355p:plain

 

DISTORTION

f:id:terraxart:20181218154812p:plain

文字通り、歪み。です。13種類の基本セットがあります。青丸のところにLFOが掛けられます。フィルターみたいにして掛けられるところが凝っています。

「OFF」フィルターを掛けないで歪みだけかける。

「PRE」はフィルター前にDISTORTIONを掛けて、そのあとフィルターを通す。

「POST」はフィルターを通してから、DISTORTIONを掛けます。これもその時々で、楽曲のアレンジに沿う方を選ぶという感じでしょう。

 

さらに凝っているのが、このX-Shaper。

f:id:terraxart:20181218155342p:plain

editAを下記に。

f:id:terraxart:20181218155358p:plain

editBを下記にします。

f:id:terraxart:20181218155415p:plain

あとはDRIVEレベルで左右を調整。好きな波形で歪ませます。

f:id:terraxart:20181218155430p:plainf:id:terraxart:20181218155442p:plainf:id:terraxart:20181218155453p:plain

ここまでくるとシンセ仙人じゃないとわからないですよね。。。

なかなか音作りに1時間とか掛けていられない時代です。こういうのはトレーニングが必要なので、次のようにしてみてください。

・自分が触りやすい触り方でパパッと音が変えられるようにしておく。

・自分がよく使うであろう音を即座に作れるように波形を三つほど決めておく。

・一番好きっぽい音を一旦作って保存しておく。

というようなことであとは毎回毎回いじるスキルをつけていくしかありません。

ようは、自分がとっとと音色を変えられるようなテンポの良さを身につけておいて、ある程度音色を変えられるようにしておくことがとても大切です。変えながらインスピレーションが得られない音色の変え方は時間の無駄です。

他のシンセも同様です。

 

FLANGER・PHASER・CHORUS

f:id:terraxart:20181218160410p:plain

FLANGERも厚み効果です。さらにねじれ効果もあります。青丸のところにLFOがかかります。

FEEDを強くすると、いかにも下品なフランジャーになります。PHASEにLFOをかけると、左右に音が飛んでくれたりして広がりが出ます。BPMポッチは楽曲のテンポに合わせて効果をかけてくれます。

エフェクトはそれぞれのプラグインでを作成した人や会社の好みが反映されているので、無理に使う必要はないと思います。

音9割エフェクト1割ぐらいの感じで色付けにエフェクトの効果を使っていくと良いと思います。

PHASER、CHORUSも似たような効果です。

それぞれをの順番を変えるだけでも厚みが変わってきます。CHORUSは静的な厚み、FLANGERは上品な動き、PHASERはドギツイ動き、みたいなイメージです。

 

DELAY

f:id:terraxart:20190119225455p:plain

ディレイも非常に面白い癖があります。

①Feedback・・・ディレイの残響音をどのくらい残すか。右に回せば長くディレイ音が残ります。

②BPMは楽曲のテンポに合わせて右の③のテンポを指定して、左右のチャンネルのディレイ音の発生を指定できます。BPMを切れば任意の長さに設定できます。

LINKは左右のチャンネルを同期させてディレイ音を鳴らせます。

③左右のチャンネルのディレイ発生音を細かく指定できます。1/4、1/8などの下の欄は、さらに細かい数値でディレイ音のアタックを調整できます。回していくと三連(tri)、付点(dot)と変化しますので、付点分伸ばしたい場合はここの数値を上げていってください。

音によってはディレイ音の設定がぴったりでもタイミングが遅れるときがあります。そういった場合に微調整します。

④このEQはディレイ音専用です。ディレイ音がこもらせたり、尖らせたりできます。

f:id:terraxart:20190119230521p:plain

もちろんこのEQにLFOを入れて変化させることもできます。やれることがたくさんありすぎて逆に萎えるレベルですね。

⑤ここはディレイ音の設定です。Normalは普通に左右のチャンネルが設定通り鳴るだけです。Ping-Pongは連続的に左右のチャンネルにそれぞれ振りながらFeedbackのレベルに合わせてディレイ音を繰り返します。④のEQなどにLFOを設定している場合などは有効です。tap-delayは③で設定した値がセンターから聞こえてきます。モノラル設定になって鳴るようなイメージです。

⑥MIXは12時で元の音とディレイ音が1:1です。右方向にするとディレイ音が強調され、元音のボリュームが消えます。左に回すとディレイ音が消えます。

 

COMPRESSOR

f:id:terraxart:20190507115740p:plain

効きの良いコンプレッサーです。gainとスレッショルドをガンガンにすればほぼマキシマイザーであり、ディストーションです。

画面中央右のMULTIBANDを点灯させると、音域別に音色を作れます。点灯させた瞬間音色も変わります笑。


コンプレッションする、という効果はもちろんですが、ほぼEQ並みの効きになっているので音色を極端に変化させたい、かつ音量もきつく!みたいな状況で使うと効果的です。まあEDMしかなお、みたいな感じですね。

f:id:terraxart:20190507120125p:plain

f:id:terraxart:20190507122131p:plain

音が割れると赤になるのですが、また割れた音がいかにもSERUMなので、ああこれでもいんじゃね?となることもあるのでなんか高速道路でスピード落とさぬまま、インターチェンジで曲がれんじゃね?って言って壁に激突していく感じ。

SERUMは割れてなんぼみたいになるので、気をつけましょう笑。
した、画面をそれぞれ切り取って逆に分かりづらくなりましたが、マルチバンドの上から‥HIGH,MIDDLE,LOWと並んでいます。かなりエグくかかります。

f:id:terraxart:20190507120752p:plain

これを使うとDPのマルチバンドコンプレッサーがある意味優秀で、ある意味コンプらしいコンプであることがわかります。

f:id:terraxart:20190507121316p:plainバーのあたりを適当につまんでスライドさせることでパーセンテージが変わりますコンプがかかる容量、という理解で良いと思います。

f:id:terraxart:20190507122340p:plainレシオは回し切るとリミッターになってくれます。でも割れてる音は潰れるだけで割れています。音色の割れを抑えるリミッターというよりも整えて割れてくれるリミッターぐらいに考えてください。

必要に応じSERUMはトラック側でしっかりリミットしてみてください。

f:id:terraxart:20190507123115p:plain

またマルチバンド時では、LFOを投げ込めます。

さらに、

f:id:terraxart:20190507123231p:plain

マトリックスを使って、まるでフィルターのようなウネウネ音色を作ることもできます。

コンプというよりもマルチフィルター付き3バンドコンプレッサーです。

「いかにもSERUMの音」になってくれるので、SERUMに自分のコンプやEQをプラグインでかけてなんか薄くなるようでしたら、これらのSERUM内のコンプ、EQの使用をオススメします。

 

その5に続く!

www.terrax.site

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankのロビーの話題から==

ケーブルがスッキリしてて来客の話題になった商品、、

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41aMRvv4K2L.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Op32ECMWL.jpg

 イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラック