音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜SERUM編3

前のペ←ジはこっちだよ。

www.terrax.site


 

<LFO>

最大8個まで入れられます。

f:id:terraxart:20181205153107p:plain

四つ目を入れると、

f:id:terraxart:20181205153204p:plain

五つ目が加わり、この5つ目をまただどこかにかけると6つ目が入り、さいだい8つまでLFOが入ります。

f:id:terraxart:20181205153344p:plain

プリセットでも、こうやってまだ余裕があるなら、音色のLFOをいじらず、サイドチェイン効果をLFOで加えることもできるわけです。

 

<セル数変更>

また

f:id:terraxart:20181205153705p:plain

ここのグリッドの打ち込みを

「7,9」 

のようにカンマを使うと、横縦の順で、

f:id:terraxart:20181205154034p:plain

配列してくれます。

アルペジオを作る、変拍子の効果みたいなものを作る時に使えます。

このページの下段にファミマ入店音をアルペジオ効果で作ったものがあります。

もしグリッドがうまく打ち込めないときはエラーなので、一回SERUMを閉じて、もう一度トラックから立ち上げてください。それでリセットされます。

「10,12」と打ち込むとき、まず10だけ表示させて、そのあと「,12」だけ打ち込む、とかなるべくシンプルに打ち込んでenterを押すようにすると、スムーズに反応します。

 

<グリッドポイント>

f:id:terraxart:20181205154224p:plain

普通にまるぽっちを動かすと片方だけですが、

alt/optionを押しながら丸ぽっちを触ると、

f:id:terraxart:20181205154336p:plain

またShiftを押しながら触ると、

f:id:terraxart:20181205154502p:plain

グリッドに沿って平行線的にできます。これをこのまま上下に平行に動かすときも、Shiftを押しながら触ります。

 

Undoができないので十分注意して作っていってください。ピンときたら、

f:id:terraxart:20181205155010p:plain

フォルダマーク右クリック「Save Shapes」しておくといいです。保存ですね。

 

f:id:terraxart:20181205155247p:plain

普通にクリックすると白いマークと透明なカーブポイントがついてしまいますね。

command押しながらクリックすると、

f:id:terraxart:20181205155430p:plain

カーブポイントが消え、

f:id:terraxart:20181205155454p:plain

直線で動かせます。動かすときはcommand離してもいいです。

 

また選択したら

f:id:terraxart:20181205155106p:plain

Remove selected pointsでまるぽっちを除去できます。

Flip Verticalは波形を上下反転

Flip Horizontalは波形を左右に反転です。

やってみればわかります。

 

<TRIG,ENV,DELAY,RATE,RISE,SMOOTH>

TRIGは(トリガーモード)鍵盤を弾くたんびに効果が頭に戻るものです。アルペジオとかやると、ぐっちゃぐっちゃになるやつです。

ENVは(エンヴェローブモード)鍵盤を弾いたら一回だけLFOの効果がかかり、それであとは伸ばしっぱなしになります。

このenvモードの時に、どれか一つLFOのポイントを右クリックして「Set Loopback point here」を選んでみてください。1回音が最初からなったあと、次からはそのループバックポイントに戻って音が鳴り続けます。TRIGとOFFモードでは聞かないのが残念。

f:id:terraxart:20181207135543p:plain

同様に「Set Start Point here」はLFOのかかるポイントスタート位置をここにしますよ、という命令です。これはTRIG、OFFモードでも活用できます。

OFFは普通のLFO効果です。BPMに合わせて、または設定値に合わせて連続で泊まることなくかかり続けます。

 

DELAY,RISEについてはこちらをみていただくと早いです。言葉がわからなくてもわかります。

www.youtube.com

DELAY=LFOがかかるまでの時間を少しディレイ(遅れ)させる。

RISE=LFOがマックスでかかるまでどのくらい引っ張るか、

です。

PADなどで2拍ならせてから揺らしたい、などの時に用います。

 

SMOOTHはワウンワウンの掛かりの強さを表現します。SMOOTHを上げていくと波が優しくなります。

 

<LFOのコピー>

がっつり作ったLFO1をLFO2にコピーしたいときは、

alt/optionを押しながらLFO1をLFO2に運んでいくと、コピーできます。

 

<LFOのWAVETABLE化>

f:id:terraxart:20181207133619p:plain

Alt/OptionドラッグでLFOの形をwavetableに挿すことができます。

 

ここまでを踏まえて、

下記の動画の途中からご覧ください。3:07ぐらいから始まります。とりあえず6:30ぐらいまでご覧ください。

https://youtu.be/wkFlYBk07ik?t=187

ポイントの動かし方や、セットの仕方などがわかります。

 

次は この辺から。続きですが、ループポイントの設置などの復習になります。

https://youtu.be/wkFlYBk07ik?t=389

 

またテンポなどの関連の設置については下記から、12:00ぐらいまで。

https://youtu.be/wkFlYBk07ik?t=571

ANCHを点灯させると、拍数に合わせて変化しますが、これを外すと、リアルタイムで変化していきます。

www.youtube.com

 上記の全体の動画です。だいたいLFOの動きの感じがわかりますね。

 

<LFOでアルペジオ>

f:id:terraxart:20181208154718p:plain

shiftキーを使いながら、必要な音に設定できます。

この時グリッドは盾が12音の12、横が16分音符換算で16です。

16,12と設置ですね。

この辺まではこれまでの説明で理解できると思います。

 

次にセミトーンを上方48に設定します。

画面で「-2」になっている部分はセンターの音を全音下にずらしているので、ハ長調で引きたければ、ここは0です。−2にした理由は後で作るファミマ動画のためでした。

この時LFO1を「SEM」にドラッグすることでブルーラインが出てきますので、これを48にすることで12のグリッドを半音に該当させるわけです。この辺は理屈、というよりも機種機種によって違うでしょうから、慣れでございます。

f:id:terraxart:20181208155112p:plain

あとは鍵盤を弾けばアルペジオの出来上がり。

下記はE♭のキーでファミマ入店音アルペジオを作ったものです。

www.youtube.com

あまりSERUMでアルペジオを作ることはないですが、SMOOTHつまみを使ったり、フィルターを様々なリズムで掛けることで変わった効果を出すこともできます。

 

できるようにしておくと、いつか役立つかもしれませんね。

 

次の記事はこちら。