音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)最終バックアップの時にやっておく4ステップ。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

=====

Digital Performer~DAW制作関連記事目次ページです。

これも個人のやり方が長年の歴史で確立されていくと思います。

 

注)容量を最小限にしたいタイプの人に向いています。何でもかんでも保存したい人はあるがままに保存しておいた方が良いでしょう。

 

1.不必要なサウンドバイトの削除

プロジェクト→サウンドバイトで画面が傍に出ます。 f:id:terraxart:20181128152827p:plain

f:id:terraxart:20181128152952p:plain

ミニメニューから「未使用のサウンドバイトの選択」

f:id:terraxart:20181128153047p:plain

削除。です。メッセージが出ますので確認して進んでください。

ここで消したら全て戻ってきません。

 

2.プロジェクトの圧縮

f:id:terraxart:20181128153230p:plain

ファイルメニューから「プロジェクトの圧縮」

f:id:terraxart:20181128153303p:plain

最新の状態のみを保存します。よく上記条件をご確認ください。

このまま進むとアンドゥヒストリーも削除されます。

 

3.Autosaveデータの削除

f:id:terraxart:20181128153428p:plain

プロジェクトフォルダ内の自動保存ファイルを削除します。

 

4.最後に保存、則終了

f:id:terraxart:20181128153600p:plain

これでデータの整理完了です。

これで外付けハードディスクに保存しておけば、OK、という感じです。

 

みなさんのそれぞれの信念や方法論でアプローチは違いますが、スッキリします。

 

お試しあれ!

 

 

 移動時間は本を聞こう。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版