音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ソフトシンセのお勉強、はじめませんか?〜SERUM編2(随時編集中;下書き公開中)

前のペ←ジはこっちだよ。

www.terrax.site

どんどん行きましょう。

 

<SUB OSC>

サブオシレーターです。ノイズオシレーターとサブオシレーターが色々できて面白い、という印象です。

Serum ~ Sub Oscillator ~ RTFM! Tutorial - YouTube

こちらがわかりやすいです。低音補強はもちろんですが、高音の補強もできます。

実際様々な効果が出るので、上手に6つある波形を色々組み合わせて試しながらクリエイトしてみましょう。

 

f:id:terraxart:20181103212659p:plain

 

またもちろんSAWサウンドなどでの高音でも活躍します。いずれにせよ、音を太くするとき、音をきらびやかにするとき使うオシレーターと考えればOKです。

また画面右上のDIRECT OUTを押して青く光らせると、エフェクターやフィルターが切れます。ダイレクトの音がなるので、A,Bのオシレーターに複雑なエフェクトがかかっていても太さやきらめきを隠し味で保足せることができます。

 

 <NOISE OSC>

Serum ~ Noise Oscillator ~ RTFM! Tutorial - YouTube

SERUMのノイズオシレータはサンプラーです。フォルダの出し方など上記の動画でも解説がありますが、これはwavファイルをそのままサンプリングで使えるのでサンプラーとしても使えます。

 

ノイズもサブオシレーターもどの音が現在作っている音に合うのかはわかりません。不定調性論的に、音の最終形をある程度イメージして音程や波形、ボリュームなどを調節して必要な音を作っていきましょう。

 

f:id:terraxart:20181103224314p:plain

このGLOBALメニューのところに「NOISE FINE」というのがあります。ここでファインチューニングを合わせることができます。

サンプルの微妙な音程調整に活用ください。

また、

f:id:terraxart:20181103224714p:plain

キーボードマークがついたときは、キートラックモードで音程が鍵盤によって変化するわけですが、PITCHも鍵盤マークがついているときは半音ずつ変化します。鍵盤マークがついていない右側のようなときは、ポルタメントに音程が変化します。

 

その上の→|マークはワンショットボタンです。テント打たせておくとループしません。

Future Bass Vocal Adlibs/Shots In Serum - YouTube

こちらではNoise OSCを使ってボーカルチョップを作るめちゃくちゃ個性的なやり方を紹介しています。

 

<2OSC>

メインのオシレーターセクションも簡単です。前ページより細かいところで補足的説明を追加しましょう。

f:id:terraxart:20181104114925p:plain

OCT=オシレーターの音をオクターブ単位で変えます。

SEM=オシレーターの音を半音単位で変えます。

FIN=オシレーターの音をセント単位で変えます。半音の間です。

CRS=Coarse、粗さ。5オクターブ上下で小数点第二位まで指定できます。様々な用途で使えます。detune効果の補足的な役割になります。OSC,SEM,FINEなどで設定仕切れなかったものや、別途LFOなどで別の効果をかけたいときなどに使えるセクションです。この辺は数値も見ながらも耳で確認しながら細かくセッティングできるのが嬉しいです。

f:id:terraxart:20181104114910p:plain

もしwavetableをtable editでいじって保存したいときは、左にフロッピーディスク(死語)のマークが出ますのでこれをクリックしてUserフォルダなどに保存していつでも呼び出せるようにしましょう。

Xfer Records Serum - Simple Risers - YouTube

ERB N DUB - SERUM TUTORIAL (DNB RISER) - YouTube

この辺も面白いです。また、下のように、サクッとピッチライザーを作るやり方を挙げておきます。

www.youtube.com

 

おまけで、

f:id:terraxart:20181105132045p:plainLFOのこのフォルダマークは、一度何かを選んだ後は、「Alt+クリック」でどんどん次に変わるよ!こういうの大事ですよね。

 

<LFO波形のwavetable化>

f:id:terraxart:20181107163657p:plain

このLFOをウエーブテーブルに入れたい時、

LFO1の十字をalt/optionをクリックしながらドラッグすると、+マークが出てきてフドラグできるようになります。

f:id:terraxart:20181107163819p:plain

こうしてLFOがwavetable化します。

 

<UNISON設定>GLOBAL
(ユニゾン)RANGE(最大デチューン量)
OscillatorのUnison Detuneノブが0〜48半音の範囲でどこまで変えるかを半音単位で設定します。デフォルト値は2半音です。48にするとクレイジーな効果になります。


(ユニゾン)WIDTH(ステレオスプレッド)
Detuneをかけたときどのくらいステレオパンニングするかを設定します。 0 =すべてのボイスがセンターでパン、100 =ボイスが100%左右にパンされます。分厚いモノトーンを作るときは0-20ぐらいでがっつりなモノラルデチューンが作れます。


(ユニゾン)WARP
Detuneをかけたときの "ワープ"オフセット量の設定。Detune、Warpモードを選択しながら用います。OscページのWarpノブがどこからスタートするかを設定できます。テーブルの種類やwarp効果の組み合わせで様々な効果が得られるので、もう人変化欲しい!というときにちょっと設定してみてインスピレーションを得てみると良いでしょう。

f:id:terraxart:20181108110520p:plain

なお、このGLOBALメニューにもLFOが設定できます。これらの効果は他で使っても同じような効果が得られるなら、CPUをあまり食わないものが良いです。まずはメインのWARP効果でどのような音が作れるのかを試して十分にエフェクト結果を覚えた後で、その他のLFO効果も試してみると色々迷わないでしょう。


(ユニゾン)WT POS
ユニゾンを使っているときに、どの程度の広がりをデフォルトにするか設定できます。いつも使う音などで設定が必要な場合は色々左右にいじってみると良いかもしれません。

 

(ユニゾン)STACK
ユニゾンボイスのピッチの混ざり具合のいくつかのオプションが選べます。

"off"で、すべての声部が同じ音を鳴らします(演奏した音符)。

「12(1x)」は、2番目のユニゾンボイスがオクターブ(0、+12、0、+12、0 +12など)を再生します。

 "12(2x)"は、1オクターブまたは2オクターブ(0、+ 12、0 +24、0 +12など)など。

+7が加わったオプションは五度が加わります。

Center-12とCenter-24は、ユニゾン・スタックのセンターが1または2オクターブ下げます。太さの感じがこれだけでも変わるので、お気に入りの音色のユニゾン設定を変えて試してみましょう。

LEADボイスなどはこれでだいぶ太さの感じが変わってきます。

ただし別プリセットに変えると設定は維持されないので要注意です。

 

(ユニゾン)MODE

デチューンノブのデチューンノブを回した時の変化の感じを変えることができます。
"Linear"は、すべての声部が等間隔で調整されます。

"Super"はLinearよりピッチが少し近づきます。
"Exp"は、指数関数の略で、よりピッチが整います。


Invertedの略語である "Inv"は、センターの音が少しフラット感またはシャープ感を感じます。逆転します。

"random"は、新しいノートオンがあるたびにランダムなデチューン量を選択します。

ちょっと荒れた感じの雰囲気を作りたいときはこれが一番です。

これに比べるとその他のデチューンは整いすぎてチープに感じる音色もあるかもしれません。よりアナログ感が出る、と言っても良いでしょう。