音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(2013資料抜粋掲載)不定調性和声のコンセプトによる"枯葉"の様々なバリエーション

2018.10.31⇨2020.10.5更新

過去動画の資料を掲載している記事です。

www.youtube.com

2013年の動画です。この頃はPCで音楽作っていませんでした(QY70です!)。

 

 

それぞれの参照楽譜です。

0:00 高層ビルから舞い散る枯葉
短調の代わりにテンポダウンと7コードの連続進行で"短調"を別解釈。

f:id:terraxart:20181031125009p:plain

 


0:42 月に降る枯葉
USTだけを切り離して用いた枯葉。

f:id:terraxart:20181031125216p:plain

これらを用いて。

f:id:terraxart:20181031125305p:plain

 


1:15 CGアニメーションによる枯葉のダンス
不定調性の和声連鎖です。

f:id:terraxart:20181031125355p:plain

コード進行のクオリアの活用です。なんかCGみたいな響きだな??なんて思ってつけただけの題名です。当時はまだ自分の実感を弄んでいたような感じで真剣さがちょと足らないような印象も受けます。


1:59 枯山水と枯葉
ソロギターでコードネームを無視して弾いた枯葉。 

f:id:terraxart:20181031125508p:plain

コード表記は無理くりつけられています。発表原稿です。

実音+楽譜+感性

をフル動員して音楽は常に解釈しないと、どこかでフィルターがかかってしまうものだな、なんて思ったものです。

 

まだやってることが可愛いかも、、失礼しました!

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site