音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)オーディオデータがうまくクオンタイズできない時。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

www.terrax.site

=====

f:id:terraxart:20181012211408p:plain

しっかり設定してクオンタイズしているのに、なんか頭がずれる時があります。これは自動的にオーディオデータにシンクポイントが設定されているからです。オーディオデータのした部分ののちっちゃこい三角矢印です。

便利なのは便利なのですが、なぜ???!!!っていうときもあるこのシンクポイント。

 

f:id:terraxart:20181012211531p:plain

オーディオメニューから、「シンクポイントを削除」。

この状態でクオンタイズをかけると、このぽっちがある部分をクオンタイズしてきます。これ地味ですが、頭の部分に空白があるようなデータのクオンタイズなどにとっても重宝します。

 

 

f:id:terraxart:20181012211641p:plain三角が消えます。

この状態でクオンタイズかければ、

f:id:terraxart:20181012211711p:plain

ビチっとデータの頭を基準に揃ってくれます。

 

お試しを! 

 

 

 移動時間は本を聞こう。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版