音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

五十音順の頻度とジャズスタンダード本の和音出現順を照合して和音連鎖を言語から作れる表を作ろう。★★★

これも以前のネタのバージョンアップです。

音楽的な美的啓蒙等の目標はありません。ほぼ遊びです。

   

以前「自分の名前で不定調性進行を作る」というのを作ったのですが、五十音順にランダムに和音を当て込んでいたのでイマイチピンとこない感じもありました。

そこで五十音の出現頻度と、和音の出現頻度を合わせれば、それっぽい独自な進行感が生まれる秩序を作れるのではないか、と思い今回トライします。

文字頻度は、

文字頻度表

こちらを参考にさせて頂きました。そしてできた頻度表はこちら。

f:id:terraxart:20181009133956p:plain

で、コードの出現頻度は、こちら参考にさせて頂きました。

 

ピックアップの仕方はこうです。

・楽譜の流れに沿って、ディグリーで考える。

・調号をベースにする、調号が変わらなければ同じ調でカウント。

・二小節続くところはノーカウント。ただしG7がGになるような変化はカウント。

・ターンバックする際のかっこ付き(II-V)は無視。

・1カッコ、2カッコの名が流れはそのまま活用。

・イントロ、エンディングが風変わりな場合も一応採用(all the things you areのイントロ等)。

・不定調性的な進行解釈は任意で行います。

・D.C、D.Sはカウントしない。コーダのみカウント。

・コードの指定のないモード曲はカウントしない。

・ラストの短いパートのリピートは一回のみ。

 

というゆるい感じですので、学術的な価値はあまりないと思います。

あくまで208曲のだいたいのコード出現頻度だと思ってください。

   

 

 

1 I 802
2 I7 270
3 I#m 1
4 IM7 171
5 IM7(9) 6
6 Im7(b5) 9
7 Iaug 3
8 I7aug 4
9 Im 221
10 Imaug 4
11 Im7 54
12 ImM7 14
13 Im6 18
14 Idim 18
15 IIbm7(b5) 5
16 IIb 25
17 IIbM7 18
18 IIb7 40
19 IIbm 14
20 IIbm7 2
21 II 18
22 IIm7/V 2
23 II/III 1
24 IIm 82
25 IIm6 2
26 IIm7 533
27 IIm7(9) 1
28 IImM7 15
29 IIm7(b5) 172
30 II7 225
31 IIM7 4
32 II7aug 2
33 II#dim 56
34 II#dim7 3
35 IIIbm7(b5) 4
36 IIIbm 35
37 IIIbm7 17
38 IIIbmM7 4
39 IIIb 102
40 IIIbM7 27
41 IIIb7 57
42 IIIm 368
43 IIImM7 2
44 IIIm7 89
45 IIIm7(b5) 79
46 III 22
47 III7 240
48 IIIM7 1
49 IV 190
50 IVM7 87
51 IVM7(9) 1
52 IVdim 9
53 IV7 127
54 Ivm 224
55 IVmM7 1
56 IVm7 21
57 IVm9 7
58 IVm7(b5) 1
59 IV#m 34
60 IV#m7 10
61 IV#dim 36
62 IV#m7(b5) 105
63 IV#7 20
64 Vb 1
65 V 61
66 V7 1097
67 V7aug 16
68 V9 2
69 VM7 2
70 Vm 116
71 VmM7 5
72 Vm7 401
73 Vm7(9) 2
74 Vdim 4
75 Vm7(b5) 8
76 V#dim 5
77 VIb 55
78 VIb7 70
79 VIbM7 44
80 VIbm 16
81 VIbm7 1
82 VIm 273
83 VIm7 159
84 VImM7 29
85 VIm6 21
86 VIm9 6
87 VI7aug 1
88 VIm7(b5) 20
89 VI 8
90 VI7 504
91 VIM7 1
92 VIIbm 35
93 VIIbm7 14
94 VIIbmM7 1
95 VIIb 17
96 VIIbM7 13
97 VI#dim 1
98 VIIb7 219
99 VIIb7aug 1
100 VII7 145
101 VIIm 25
102 VIIm7 6
103 VIIdim 1
104 VIIm7(b5) 111
105 VII 9
106 I#dim 1
107 IIm6 2
108 IImaug 4
109 VIdim 12

く、くだらないことをまた始めてしまった。全部で109種類ですが(I#m、IIm6がダブっていることが判明しました)、本当はもっとあります。明らかに50音より多いので希釈なものはその場で却下して他のコードにまとめました。Vm9をVm7にまとめたり、とそういう感じです。

これは解釈の違いでだいぶ数が違うでしょう。興味のある方は自分でやってみてください。

では順序を五十音にまとめましょう。

V7 1097 V 61 V9 2    
I 802            
IIm7 533 IIm 82 IIm7/V 2 IIm7(9) 1
VI7 504            
Vm7 403            
IIIm 368 IIIm7 89        
VIm 273 VIm9 6 VIm7 159 VIm6 21
I7 270            
III7 240 III 22        
II7 225 II 19        
IVm 224 IVm9 7 IVm7 21    
Im 221 Im6 18 Im7 54    
VIIb7 219 VIIb 17        
IV 190 IVM7 87 IVM7(9) 1    
IIm7(b5) 172            
IM7 171 IM7(9) 6        
VII7 145 VII 9        
IV7 127            
Vm 116 Vm7(9) 2        
VIIm7(b5) 111            
IV#m7(b5) 105            
IIIb 102            
IIIm7(b5) 79            
VIb7 70            
IIIb7 57            
II#dim 56 II#dim7 3 VIdim 12    
VIb 55            
VIbM7 44            
IIb7 40 IIb 25        
IV#dim 36            
IIIbm 35 IIIbm7 17        
VIIbm 35 VIIbm7 14        
IV#m 34 IV#m7 10        
VImM7 29            
IIIbM7 27            
VIIm 25 VIIm7 6        
IV#7 20 Vb 1        
VIm7(b5) 20            
IIbM7 18            
Idim 18            
VIbm 16 VIbm7 1        
V7aug 16            
IIbm 15 IIbm7 2        
IImM7 15            
ImM7 14            
VIIbM7 13            
IVdim 9 V#dim 5 VIIdim 1    
Im7(b5) 9            
Vm7(b5) 8            
VI 8            
IIbm7(b5) 5            
VmM7 5            
Vdim 4 VI#dim 1 I#dim 1    
IIM7 4            
IIIbm7(b5) 4            
IImaug 4            
IIm6 4            
I7aug 4            
Imaug 4            
IIIbmM7 4            
Iaug 3            
VM7 2            
IIImM7 2            
II7aug 2            
IIIM7 1            
IVm7(b5) 1            
VIM7 1            
VI7aug 1            
IVmM7 1            
VIIb7aug 1            
VIIbmM7 1            

II-V-Iがやっぱりダントツですね。

IVが少ないのが面白いです。

 

横の選択肢は任意です。

早速コード進行を作ってみましょう。

「おんがくきょうしつうんえいふんとうき」

でいきましょう。下記のように五十音順にしました。

IIIm7(b5) 79            
V7 1097 V 61 V9 2    
I 802            
VIbm 16 VIbm7 1        
VIIm 25 VIIm7 6        
IIIm 368 IIIm7 89        
Vm 116 Vm7(9) 2        
IV7 127            
Im7(b5) 9            
Im 221 Im6 18 Im7 54    
VM7 2            
IV#m 34 IV#m7 10        
Vm7(b5) 8            
IIm7(b5) 172            
I7aug 4            
IV#7 20 Vb 1        
Imaug 4            
VI7 504            
VIb 55            
IIIb7 57            
IIIbmM7 4            
VIbM7 44            
IIIbm7(b5) 4            
IIIbM7 27            
II7aug 2            
I7 270            
IIIbm 35 IIIbm7 17        
VIIbm 35 VIIbm7 14        
VIIbmM7 1            
IIb7 40 IIb 25        
IVm7(b5) 1            
VIIb7 219 VIIb 17        
IV#m7(b5) 105            
VIm 273 VIm9 6 VIm7 159 VIm6 21
Idim 18            
IVm 224 IVm9 7 IVm7 21    
III7 240 III 22        
VIIb7aug 1            
VI 8            
Vm7 403            
IV 190 IVM7 87 IVM7(9) 1    
ImM7 14            
VIM7 1            
IIbm 15 IIbm7 2        
IIbm7(b5) 5            
IVmM7 1            
V7aug 16            
Vdim 4 VI#dim 1 I#dim 1    
IIIM7 1            
IIm6 4            
IImaug 4            
VI7aug 1            
IImM7 15            
Iaug 3            
IIImM7 2            
IV#dim 36            
IIbM7 18            
VmM7 5            
VIm7(b5) 20            
VIb7 70            
VIIbM7 13            
IIM7 4            
VImM7 29            
II#dim 56 II#dim7 3 VIdim 12    
IIIb 102            
VII7 145 VII 9        
II7 225 II 19        
IVdim 9 V#dim 5 VIIdim 1    
IM7 171 IM7(9) 6        
VIIm7(b5) 111            
IIm7 533 IIm 82 IIm7/V 2 IIm7(9) 1

 

VIIm7 IIm7 Vm7(9) Im IV7 IIM7 I VI7 IIb7  
I IIm7(9) VIbm7 V7 V7aug IIm7 VIm7 I IV7

 

となりました。 

あとはいつもの 、

rechord.cc

このサイトで進行を作ってみましょう。下記で音が聴けます。

三拍子にしてみました。

rechord.cc

で、メロディを乗せたものです。ちょっと狂った音楽教室のクールなテーマです笑。

Bm7|Dm7|Gm7(9)|Cm|
F7 DM7|C|A7|Db7|
C|Dm7(9)|Abm7|G7|
G7aug|Dm7|Am7|C|F7|
 
 

不定調性進行ですから、こういうのは普通ですね。
イメージに沿って作っていくだけで理屈より経験がとても大事になってきます。

当然機能も必要ありませんから、脈絡をどう作るか、だけです。

 

データ・数値を音に置き換えれられば何でも可能です。

これまではこれを機能和声でアナライズする必要がありました。

しかし一方で不定調性論のように、どの和音へもどの和音が進める、という理屈から、人の意識を中心に置くことで、できたものから意味を紐解き、意味と機能を与え、音楽にしていくこともできます。

 

今回はランダムになってしまいますが、普段の音楽でももっと自分の意思を突き通してよい、ということです。

 

AIが音楽を作るにあたり、この「意味を作り上げる工夫」が組み込まれれば、もはや人間が曲を創らなくてもある程度の音楽は出来上がることになりはしないでしょうか。