音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性論的思考を使って作った初期曲についてのメモ

www.youtube.com

 

www.terrax.site

下記も同じコンセプトで昔作ったものです。www.youtube.com

コード進行を考えるのではなく、音の流れ一つ一つに集中して、自分の感覚に素直になって作った作品です。不定調性論的な作風の初期のものですね。

まだまだ半信半疑でした。

  

 

不定調性論というのは、制約がないので、もし今のあなたが

「どうしてもここだけは機能的な流れに行きたい」

と強く望んだであれば、そう行ってもらってOK、という発想も少しずつ固まっていきました。

何か新しいことをしようとするんじゃなくて、理論的に正しいこと、世間で良いものとされることをする、とか誰に役に立つものを作る、ではなく、自分がどう求めるかを鍛えよう、それで出てくる作品を良いものにしよう、という発想です。

小手先の技に頼るのではなく自分の感覚そのものに責任を取らせて自分で作る、という「責任感」をもつ考え方が確率されていきました。

 

まずはこういう作品でもいいので、自分の「感性一本」で作品を作ってみてはいかがでしょうか。ジャンルは問いません。

その結果音楽理論や慣習が直感的に生まれるなら、直感的に作成してみる、というのはもちろんニーズのないものを作る羽目になるかもしれませんがスッキリしますよ?

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site