音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<初心者が勉強した初心者向きの>グーグルアナリティクスの活用法と見方4【集客】〜最強の検索キーワード把握

前の記事。

www.terrax.site


 

 『集客』指標

■精度の高い検索キーワード検索結果

f:id:terraxart:20181002131544p:plain

「集客」から「参照元/メディア」で右ページの「キーワード」をクリックします。

かなり現実的に検索して流入してきているだろうキーワードが並んでいます。

これはとにかく必見です。

もちえろん「サーチコンソール」も登録しようね。

httpからhttpsに変えた人は、あらたにhttpsのアドレスで登録し直さないとヒットしないよ!どんなワードで検索されてどのページに行ったか分かる唯一のツールです。

 

■「SNS」の活用状況が分かる。

f:id:terraxart:20180928153206p:plain

「集客」データは「ソーシャル」の「ユーザーフロー」が一番まとまっている気がします。

様々な各種SNSで発信した情報からの流入や参照元などが分かります。

 

 

f:id:terraxart:20180928155608p:plain

そしてアナリティクスとリンクしておけば(このページでリンクをすぐ作れます)、どんな言葉か(『検索クエリ』)、どのページに飛んだか(『ランディングページ』)分かります。ここでは上のようにチビ矢印があるので、これ何のページだったっけな、というのがすぐ分かります。 

   

====

あらためて。

 f:id:terraxart:20180928153747p:plain

またはユーザーフローページで。

見たいページをクリックして、

f:id:terraxart:20180928154708p:plain「グループの詳細」を選択。

f:id:terraxart:20180928154728p:plain

小さい矢印をクリックでページに飛びます。

これが面倒だったので、自分はタイトルページを日付にせず日本語にしたら、リンクアドレスがクッソ長い文字列になる、という難点に遭っています。

 

SNSを活用する人は、これだけ見ててもいいかも。

 

あとは業種によっては何らかの目標を設定したほうがやりがいがあると思うので、「コンバージョン」を設置していく感じですね。

 

こうなると中級者以上になると思いますので、ここでは割愛して別の機会にやってみます。