音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

和音の分類_動和音と静和音★★★★

 和音には二種類しかない、というのが不定調性論での分類です。

それは増4度を含むか含まないかの違いだけです。

 

機能和声論では、機能があり、ドミナントとトニックが大きな役割を示し、それ以外は全てサブドミナントという役割になり、このサブドミナントの存在範囲が拡張されていきました。

そこでこれを一度全てまっさらな状態にします。

基音の「裏面領域」に位置する音関係であるiとiv#が同時発生するとき、和音が構成音外を指向する、という発想から、増4度関係を持つか、持たないか、だけで和音を分類するわけです。

すごくシンプルです。

 

① C△

は増4度関係を持ちませんね?

でも

② C△(b9)

は、構成音のd♭とg音が増4度関係になります。

この①のような増4度を持たない和音を「静和音」、②のように増4度を内部に持つ和音を「動和音」と呼びます。 

 

CmM7は静和音ですね。

CmM7(6)は動和音ですね。

 

c,c#,d,d#,eというクラスターは静和音です。

c,d,e,f#という和音は動和音です。cとf#という増4度関係があるからです。

 

伝統理論の枠組みの外縁部をまとめることができます。

 

ダイアトニックコードは、

IM7  IIm7 IIIm7  IVM7  V7  VIm7  VIIm7(b5)

ですが、これは、

IM7  IIm7 IIIm7  IVM7 VIm7が静和音、

V7  VIIm7(b5)が動和音です。

 

機能和声を学習し、より複雑な和音を用いる時の分類の一つとして活用してみてください。

 

この二つの和音の性質は、特に定まっていません。

静和音であるからといって「静かな和音」とは限りません。

動和音だからといってドミナントの性質を常に持っているわけではありません。

形態による分類だけです。しかしこれであらゆる和音がこのどちらかに属することになります。不定調性論で最も大きくかつ重要な和音の分類方法です。

 

AD