音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)オーディオフォーマットの変え方

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

f:id:terraxart:20180911213342p:plain

44.1kHzのプロジェクトに48Khzの音源を入れるとこのように波形部分が灰色になって表示されません。当然再生しても音は出ません。

 

そんなときは「プロジェクト」→「サウンドバイト」

f:id:terraxart:20180911213519p:plain

すると

f:id:terraxart:20180911213737p:plain

こんな小窓が出ます(通常画面左)。

これを右クリック「オーディオファイルの変換」

f:id:terraxart:20180911213821p:plain

更に小窓が出てきます。

 

ここではサンプルレートを変えたいので□に青ぽっちを入れます。数値はすでに441になていますね。賢い。

f:id:terraxart:20180911214156p:plain

これでOKして変換してくれます。

 

これによってピッチが変わったり、ファイルテンポが上がったりはしません!!!返還前のファイルと全くおなじピッチ・テンポ状態を保ってくれます。

 

とても便利です。

その他一気にこの小窓でフォーマット関連はクリアーできます。

お見知りおきを。

 

(バグがるかどうかを確認しているので、時々ウインドウズでチェックしてます。画面の感じがmacと違ったらすみません。随時追加注釈いたします)

 

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版