音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

読書というバイアス

本を読め、と言っても、これが難しいものです。

本を解釈するのは自分自身であり、自分自身を疑う自分は他にどこにもいません。

だから本は、読者の解釈スキルがとても大事で、義務教育ではどのように本を読んだらいいか、を国語という授業を通して教えようとしています。

 

小学生なら小学生の感性、

高校生なら高校生なりの感性、

があって良いと思います。そして毎回解釈は読む度に変わっていきます。

 

だから"あの人は間違った読み方をしている"のではなく、それは個人の自由、としか言いようがありません。

後は自分がどう解釈するかに責任を持つことの方が重要となると思います。

議論で意見を戦わせても、結局は自分はどちらの解釈寄りなのかをただ選ぶに過ぎません。それが半数に別れるのをビジネスにしてるのが戦争屋。

 

 本から知識は得られません。あなたがそれを解釈して初めてあなただけの知識になります。そしてそれは誰とも共有などできません。

そして私たちは発信しても、知識を強制することはできません。

あくまであなたの感性を揺さぶって「それなら自分はこうしたい!」という意欲を起こしてもらう解釈に結びつけてもらうために発信します。

同じ本でも解釈はみんな違う、そういう風に考えていくと、それぞれの人生がなぜ違うかということも理解しあえると思います。

議論はエンターテインメントです。

自己主張のプロレスリングです。

相手が明らかに議論ではなく射殺そうとしているなら、誰もその人と議論したいとは思いません。

議論よりも重要なのは、自分の主張がちゃんと常にあるということではないでしょうか。


本の解釈で無用な喧嘩をしないようにしてください。