音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)MAC上の音をDP9に録音する方法(soundflower)

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

 

パソコン上で再生する音声などをDP9に録音したい、という場合の方法です。

今回は、macの効果音を録音してみましょう。

 

まずsoundflowerが必要です。

github.com

f:id:terraxart:20180905162806p:plain

「Soundflower-2.0b2.dmg」

をクリックしてダウンロード、インストールしたら。

=====

<DP側を設定>

f:id:terraxart:20180905163343p:plain

「ハードウエアドライバの設定」で

f:id:terraxart:20180905163535p:plain

soundflowerを選択してください。あと内蔵出力。

そして

f:id:terraxart:20180905163704p:plain

録音したいオーディオトラックのインプットをsoundflowerに、出力は内蔵出力で良いです。

「システム環境設定」→「サウンド」でサウンドエフェクトを録音したいので、「サウンドエフェクトの再生装置」をsoundflowerにします。

f:id:terraxart:20180905164625p:plain

そして出力装置をsoundflowerにします。

f:id:terraxart:20180905164627p:plain

f:id:terraxart:20180905164629p:plain

あとは、鳴らして録音するだけ。

f:id:terraxart:20180905164922p:plain

録音して、

f:id:terraxart:20180905165013p:plain

鳴らしたい音をクリック。

f:id:terraxart:20180905165140p:plain

録音されます。

 

「サウンドの再生装置」はネット上の音であれば「ヘッドフォン」とかでも録音できます(著作権の利用については最善の注意を!)。これらを組み合わせてデバイスに合わせて録音してみてください。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版