音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;(耳コピDTMcover)Hikari / androp ドラマ【グッド・ドクター】主題歌 cover

You Tube Coverです。

www.youtube.com

参考はこちら(御本家)です。

【公式】web限定!!グッド・ドクターの主題歌 androp 「Hikari」ドラマコラボ

Hikari コード

<イントロ(piano ver.)>

F#add9  B(omit3) |C#/F   F#  |

F#/A#  B  |A#m(11) ||

<A>

F#  Badd9  | C#(omit3)  F#  |  

F#/A#  Badd9 |C#(omit3)  C#sus4  |

F#  Badd9  | C#  F#  |  

F#/A#  Badd9 |C#  C#sus4    /C# /D#||

 <B>

A     |E/G#   |D    ||

F#   A#7  |D#m  C#  |G#   |Fdim7 Ddim7 A#7      |

<サビ>

D#m7  A#m7 |B     A#7  |  

D#m7  A#m7 |B     C#  |  

D#m7  A#m7 |B     A#7  |  

D#m7  A#m  |Bm6  C#  |

G#m7   A#m7 |Bm7    C#  |

<int>

F#  F#/A#  |B    C#sus4 C# |D#m7   A#m7※ |

B    C#sus4  C#  |F#add9   |

======

動画の部分だけです。

なんか作ってるときとってる解釈と違うなぁ笑。。でも上記が近いんじゃないかと思います。

ドラマコラボ動画が良くできています。こういうのってセンスだけで作るのか、それともセオリーがあって作るのか、そういう教育がなされているのか、ちょっと素人で恐縮です。曲の流れの雰囲気にぴったりマッチしてますよね。あれ?これ作った人、V7の代理のdim7の意味が解っててこの画入れてる??みたいな。。

それもそうかもしれませんが、Hikariという楽曲が曲の流れにぴったりフィットした歌詞を載せているので、歌詞だけを聞いて作ってもできるかもしれません。

こういう集中力が我々フツーの音楽屋さんにはないんです。そこが越えられないから才能、というのかもしれませんね。

まあほとんどのポップ曲がそうですが、だいたい「ちゃんと」聞かれていません。

なんとなくで流されています。耳コピすればだいたいわかるのですが、ほとんどの曲が当たり前ですがしっかり作り込まれています。庭も外観もすごいけど、家の中はもっと凄かった、みたいな曲ばかりです。でも誰も家の中までは恐れ多くて入ろうとせず、本当はミュージシャンが享受してほしい価値に気が付かれぬまままた次の新曲の興奮へと流れていきます。

 

だいたい年間20曲ぐらい世の中に存在したら人生は逆に深みが出るんじゃないか、と思うくらい笑。

====

歌詞と和音との関係については、私はユーミン研究で全部触れていますので、そちらのレポートや記事を読んで頂ければ、日本語と音楽の奇跡=jpopという世界随一の音楽性がご理解いただけるのではないか、と思います。

====

 

今回は4つ上げです。

りんな嬢の動画チャンネルなので、ボーカルを大フューチャーしています。

歌ってみた動画文化の新しい手法ですよね。そんなに声を立てなくても、、って思うくらい声を立てる。

ふわっとした歌声ですから原曲ほどサビはがっつり厚み作ってません。

色気のある歌声。努力で歌が上手くなった人だから、そういうのを認めてくれる人や仕事にたくさん出会ってほしいです。

普段はメールのやり取りだけですが仕事のやりやすさは自分の仕事史上最もスムーズです笑。ノーストレス。

どんどん仕事できるはずだから、どんどん忙しくなってほしいですね。

 ====

ドラマコラボ動画の方は、ドラマの導入のようにピアノが終わってますが、こちらは完結したかったので笑、ピアノに締めてもらいエンド感出しました。andropファンの皆様、ご了承ください。。

 

=====

A#m7に※をつけました。この和音にはメロでb13thまたは#5th解釈のストリングスのラインが乗ります。10年ぐらい前からガッツリ使われてますよね。

key=Amでいうと、

Am  |Am(#5)  |

みたいな流れを露骨にImで示す技。5thのクリシェですが、アヴォイドノートです。でもこれって二つ解釈があって#5thをImで使うなら

Am  |F/A  |

っていう解釈だね、と我々世代は習ったんですが、FM7/Aの場合に、ヴォイシングによってはAmに#5音(m6音)を載せて「じゃりっとした焦り」みたいな感じになっちゃう場合があって、これもいいな、ってなってAmに#5thが乗せられるようになったんじゃないか、と思います。

(まあ、そもそもかんけーねーけどね、、小声)

っていっちゃうとavoidのルールがあいまいになるし、「なんだ、そんなのかんけーないんじゃん!!」なんて教えることが当時はできなかったので、方法論だけが勝手に、気持ちええから、という理由でごり押しで使われて、浸透していった感があります。

現在は不定調性論があるから、こういったサウンドが持つ独特の感情を主張すればそれは意味になるので大丈夫ですよ。アボイドだから非常手段だ、とか例外だ、とか感じなくて良いのです。

この曲には必要、そう作者が思えたらあとはそれを信じて作るだけです。

でもこれもまだ声高には言えないと思うので、あなたが「ああ、いいなぁ」と思ったら、それが答え、で留めて良いと思います。それを突き詰めていったら生きるの楽になります。そして楽になれば誰かのために生きられます。

あなたが良い、と思うものの精度をご自身のやり方で上げていってください。

音楽に本気になれますよ?

 

あ、ドラマもみましょう!

 

このドラマコラボ動画を見て、ちゃんと作りたいって意気込みを持ってる熱い人がいるんだろうな!って感じました。いいですよね、そういうのが誰かに伝わるって。感情が音楽的に伝わる感じ。

 

イイネ!!!って思っていただけたらりんな嬢動画にもぽちっと高評価頂ければ本人喜ぶと思います。

 

www.youtube.com

チャンネル登録を宜しくお願い致しますm(   )m。

 

楽曲制作はこちらです!!まずはお問い合わせ!!

Youtube用の制作もやってまーす。クレジット表記等の必要はありません。

楽曲制作のお見積もり依頼フォーム