音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

なぜダブルフラットやダブルシャープを使うの??

2018.7.30⇨2020.2.22更新

Q なぜダブルフラットやダブルシャープを使うの??
A 譜面で音符を判別しやすく分かりやすく書くためと、和音の構成音表記に従ったため、そして「音階」の名前の順に従うためです。

 

D#△(D#メジャートライアド)を例にとると、

その構成音は、

d#,  f##,  a#

##=ダブルシャープ=「X」でも表記します。

変化記号の起源の話

 

これならd#,g,a#としたほうが分かりやすいじゃん…。ごもっともです。

下記で解説します。

(下記の譜面の#は付属している音以外、他の音に影響しないものとします。)

f:id:terraxart:20190329201052g:plain

①はCメジャーコード、②はDメジャーコードです。

そして③がD#メジャートライアドです。

ダブルシャープが付いてますね。

 

この#二つのf音をg音にして表記しなおしたのが④です。

たしかに#が減って見やすいですね。

そして⑤を見てください。これはDsus4というコードです。


④をもう一度見てください。この音符の集まっている感じが⑤に似ていませんか??


つまり初見演奏を依頼する際に、演奏者がsus4コードと見間違わないように③のような表記をする慣習が昔はあった、ということの名残りなんです。

いわば演奏家への気遣い表記です。

D△の各音の全てに#が付いているからD#△、と考えれば、解釈も早いのです。

③は②の和音それぞれに#を付けていることが分かります。 

 

また、メジャーコードはI,III,Vの音程で表記しなければ紛らわしいです。

そのためdをルートにした場合のIIIであるfの名を冠した音で表記しているわけです。

g音はdにとってのIVの音と解釈されるので、④は一瞬sus4系のコードかな??と思わせる見た目の「紛らわしさ」があるわけです。

 

音の階段状表記として

Dメジャースケールを考えてみましょう。構成音は、

d  e  f#  g  a  b  c#   d

ですね。

では、D#メジャースケールはどうでしょうか。理屈の上では全部の音がDメジャースケールの構成音より半音高いのですから、上記に全て#をつければいいですね。

 

d#  e#  f##  g#  a#  b#  c##   d#

 

となります。見づら!!となって、一旦ここで見やすいように直します。

d#  f  g  g#  a#  c  d  d#

...はあ、見やすくなった。

 

でも、「音階」っぽくないですよね。gやdなど連続する音名があって階段状ではない。

また、実際この表記で楽曲が楽譜になった時、次に出てくるgやdは#が付くのかつかないのか、なんか紛らわしそうですね。

 

音階は「音の階段」構造をしっかり表記することで、音階構造が明らかになります。これも昔の慣習であり、どうしてもダブルシャープやダブルフラットが必要な状況が現れていたんですね。 

 

ちなみに現代のDAWはEb表記に自動的にしてくれます。もともと調号でD#というのはまず使いません。しかし楽曲のアレンジやジャズのソロ時には、D#M7とかが出てくることもあります。ボーカル曲のキーをあげたりするときの概念でも出ます。

f:id:terraxart:20200222184510p:plain

 

D#メジャー表記にしてみましょう。うわぁダブルシャープ!。

f:id:terraxart:20200222184506p:plain

さすが見づらいですね。でもこれは一目で音階だとわかります。

しかし下記はどうでしょう。

 

f:id:terraxart:20200222184503p:plain

同じ音名が続いていて、よーく見ると、なんだ音階じゃん、となります。

音階=階段状のイメージ

これ、もっと意地悪すれば、次のようにも表記できます。

f:id:terraxart:20200222185301p:plain

エリック・サティなどはこうした表記を活用して、わざと読みづらい楽譜にした、などの話を大学時代の現代音楽の選択科目で聞いた覚えがあります。

自分が表現したい手段を、相手にスマートに伝えるための工夫の素材として生まれたダブル記号。見やすく使うのも、見辛く使うのもあなた次第、というわけです。


 

いずれにせよDTM時代の現代においてはさほど使わなくなってしまいましたね。

誰かに教える機会があればウンチクで伝えてみてください。