音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<コラム>M-Bankのキッズレッスンコンセプト。

M-Bankではプロ育成と、アマチュアサポート、という二つのスタイルで進めさせていただいています。

 

度々書いてますが、今回も軽く書かせてください。

 

最初はとにかく一緒に遊んで、話して、何に興味があるのかを観察します。本当に興味のある事でも一瞬に興味が離れるので、その瞬間どんな風に興味を持ったか??のその瞬間を観察します。何をその子にどう教えるべきかをその子の反応で考えます。この時が一番必死!!笑。

 

音楽教室でより効率の良いマンツーマン教育を受けるのは小学4年生以降が良いかな、なんて思います。

もともと楽器や歌に興味のある場合は別です。それは天才ですから。

 

 

トランプに夢中になるからと言って、マジシャンやカジノのディーラーにしようとは親は思わないでしょう。それが最も適職であったとしてもそれをしばらくは信じることはできないでしょう。そうしているうちに年月が経ち、機を失します。

そこで教室の登場です。

手先が器用、カードが好き、というところから、人を魅了するのが好き、周囲をコントロールするのが好き、とかいろいろ見えてきます。人の中心になって注目を集めるようなことをしたがる人は可能性がたくさんあって面白いです。

「今度おたのしみ会で手品やってみたら?」とか話してみながらコミュニケーションします。大事なのは「人生が前に進んでいくこと」。そのために自分が何をサポートできるか、それだけを考えます。

また逆に非常に内気なタイプは最初は、一つ道を見つければ他を圧倒する才能を見せます。関わってくれた自分の受講生、家族の皆さんの可能性を見つけたい!という信念です。そして私はそれが一番得意ですし面白い。

人の可能性を発見するなんてトレジャーハンターじゃない??

 

「好き」「面白い」は、単なるきっかけです。車でいえばエンジンかけたアイドリング状態。さて、どこ行きたい??

あとは動機付け。そういう映画や舞台を見せたり、テレビを見せたり。思春期になったら親の言うことは聞かないので笑、小学生のうちに様々な刺激を感じて頂きながら道を探します。わたしは親の見ていた映画のエンディングで流れたビートルズに耳が夢中になり、そのままこの仕事までたどり着きました。あながち間違っていませんでした。

そのとき、自分でも理解できない「良く分からないけどなんか良い」を感じたのです。

観察、提案、会話を主軸に付けるべき技能を探ります。中学に入ったらそれを専門的に家で自主学習していただくためです。

それが音楽でなければ、他のスクールを紹介します笑。

 

一般的な型、大人の常識、社会の常識は子どもには通用しません。そしてその未知なる力は強力です。大人が束になってハリケーンに立ち向かっても歯が立たないように、子どもの力もハリケーン並みに強大です。身体が小さいだけです。

 

<形だけのレッスンは必要ない>

そういうレッスンはしません。ボイトレのためのボイトレ、カリキュラムのための授業、受験のための授業、親を安心させるためのレッスン。この手のレッスン時間は割きません。その代り簡単な提案をします。子供がお風呂でできるような、寝る前に布団の上で出来るような、学校に行く途中簡単にできるような。それを一週間やれるようなら、それはほぼ間違いなく才能です。本人がやりたくてやってるからです。

本番に強いもの、やめなさい!って言われても続けられるもの、それが先々の自分に直結した何かです。これがまたちょっと見ただけじゃよく分からない。。真剣に考えないとわかりません。まさかこの子が。。って言う方向に行く場合がほとんどです。

家族だって予測できないんです。放っておいたら埋もれていた能力、それを見つけて伸ばせて、本人が充実した時間を過ごせたら、とても嬉しく思います。

 

多分ある意味で、ご家族より真剣に考えてると思います。

 

一週経ってそしてレッスンで確認します。できない時はアプローチ、方法を変え、次の一週間トライしてもらいます。親御さんが迎えに来ている場合は詳しくお話しします。目的と効果について。カリキュラムはありません。全員全く違う能力を持っているからです。三日後までにオーディションがあるんでピアノを弾けるようにしてください、と言われたらそうします。大丈夫、実はこれって子供にとっては全然むずかしい事じゃないんです。そしてオーディションでは実際弾けるようになっても、弾かない可能性だってあります。だから焦る必要はありません。すべてチャンス。すべて出会い。

 

絵が好きな人には絵を描いてもらいます。写真が好きなら写真、Youtubeが好きなら動画をとってもらいます。その段階でそれができる人は、完全に才能です。高校生ぐらいまではその能力を育てる人の責任でその能力は伸びます。それが自分でできたらやはり天賦の才能です。それが反社会的なエネルギーに向かないように指導するのが街の教室の役目でしょう。

 

これがかなりの重労働で、一日1~2レッスンのみと決めています。それ以上はこちらが天才でないぶん、集中力を欠いてしまいますし、適切な判断ができないんです。

 

こなせる数は少ないですが、安心してご相談ください。

一緒に考えてきましょう。とにかく君の今日と明日についてゆっくり話そう。

 ===

youtu.be

こちらひゅうがくん出演中。応援してね!!

一番いいとこ、ソロを取らせていただいてます!嬉しいね。。良かったね。

 

歌は全くの未経験から、本人の才と家族の凄い努力で実を結びました。

一緒にいると大きなタイフーン。理屈では理解できないけど、懐かしい想い出「無垢」のクオリアを発します。そしてイケメン。

 

応援してあげたら、彼があなたの小学校時代を取り戻してくれるでしょう。

 

安心して応援してください。応援しがいもあります。

小さなステージの時から、皆の応援に応える責任感(自覚してないけど笑)を背負った姿をずっと見てきました。すごいなぁ、、と感じました。

家族を大切に、身体に気をつけて頑張るんだよ。

 

本気のキッズレッスン、月に2-3名まで募集中です(少な!!!笑)。

M-Bank<無料体験レッスンお問い合わせフォーム>