音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介57>ドミナントモーションからの解放

f:id:terraxart:20180713134736p:plain

例えばこんな曲を創ったとしましょう。

 

この曲の目的は、自分の中の音楽のアイデンティティを破壊するためです。

最初から観念を破壊する目的で演奏するので「変じゃない」「これはまたこれで良し」という心境で弾けるまでに持っていきます。遊びで結構です。

これが一度できてしまえば、おかしな進行、おかしな音楽、自分の知らない価値観を許容できる余裕と、禁則を受け入れられるかどうかを適切に判断できる度量と、誰の手法だろうがそれが自分にとっていいのか悪いのかを判断できる能力を養うことができます。

 

自動的に思考してしまうことを避けるわけです。

 

ありえない!!という事が起きてしまうことは昨今の自然災害を見ても十分に理解できているはずです。こういう出来事は人の心を変えていきます。より野性を目覚めさせます。ルールとは何か、表現とは何か、何を守るべきで、何と戦うべきか、「これは伝統的ルールだから絶対で安全」なんて思わない価値観を音楽にも導入してまいりましょう。拠り所はなく、信じられるのは今あなたが考えて志向する事だけです。