音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<コラム>解釈、理解、分析、解答は全て個人だけに通用するもの~新しいバーチャルリアリティ時代に向けて

これも難しいですが、1+1=2というのは、万人に共通するのではなくあなたにしか通用しない、という発想です。これはあなたが見ている世界はあなただが創り出したものなので、あなたが見ている世界が同意するのは当たり前で、それもすべてあなたが都合よく考えて理解されているもの、とする、という発想です。

あえてここでは、それを哲学的、科学的に何という名前の思想、理論だ、みたいなことは言いません。

 

これは1+1=2でない、と相手が主張する時、次のように考えられます。

・自分の思っていることと違うことを言う事で反抗を示そうとしている。

・この人の状況では今そう見えているのかもしれない、そう信じたいのかもしれない。

・この人はそう信じている。または実際そうかもしれない。

・この人にとっては1+1=2ではなく、自分にとっては1+1=2である。

 

となります。それはオカシイ、数学で決まっている、という思い込みがありますが、そういう考え方をしません。教育者をやってるとそう思えるようになります。自分が変なのかもしれません。

 

教科書に書かれていたことの絶対性は「国家の仕方のない弁舌」ぐらいに思っておいた方が良い、という意味です。

 

そう考えると、絶対なものは無くなります。あなたにとってだけの絶対な物でも良いですが、それは他の人には当てはまらない、という発想がどれだけできるか、です。

でそれが出来たとしても厭世主義にならず、前向きに楽しく生きていけるか、がこれからの個人時代の考え方になるのではないでしょうか。

 

結構な価値観の変異ですから、受け入れられない人も多いでしょう。

 

====

これを音楽に置き換えると、

・音楽の分析、解釈、理解は個人だけのもので共有することはできない。

・考えに同調することはできても完全に合致することはないから、自分で自分論を補わなければならない。

・現在固定化されている「美」「様式」「歴史」を最終的に容認しているのは個人の裁量であり、それを他者と共有してもあまり意味はない。

みたいなことになります。

もう何でもあり、といえば聞こえはいいですが、あらゆる音現象に価値を見いだせるかどうかは、「価値がありますよ」と信じて営業販売する人の能力にかかっていることになります。営業されたものを購入する真意は集合心理、サポーター心理によるものですから、それが快感なら買うでしょうし、無意味なら買いません。

また、モーツァルトのように人の心のよりどころになっている、または文明人としての自覚を促すような権威になっているようなものは強い集合心理が働いていますから、それに反発すれば無闇に攻撃されることは目に見えています。でもそれは魔女狩りと同じです。

ゆえに同じ発想でも権威のある有名人が言えばそれには意味があり、無名のブログが書いていてもそれには意味がない、という位置づけからその価値はスタートしていきます。

 

頑張った人が勝てる世界です。そして興味のない人はそこに触れずに生きていけます。様々なメディアがありますから、自分だけの情報空間で生きていけますし、これが加速すれば、バーチャルリアリティの世界だけで、かつ自分の価値観だけで、他者と接しずに生きていけることができるわけです。

その辺まだ時代が躊躇していますが、宇宙に人が出るようになれば、一生地球人とは接することなく、しかしバーチャルで自在に自分の方法論で社会を作り、ロボットに生産させ、自分の国家を形成することができるでしょう。そうしないと生きていけない時代になれば、人と社会と接して生きることが素晴らしいという価値観はやがて消えてしまうでしょう。

私たちが体験できない時代かもしれませんが、そうなることは分かっています。

その時の価値観に向けた思想の準備がなされても不便ではないでしょう。

一か月パソコンだけで周囲とコミュニケーションし、買い物をし、ドローンから荷物を受け取り、誰にも会わずに生活する、ということが全く想像できない、という時代ではありません。そのシステムを自分一人で作れ、自分が国家のような機能を果たす、としあら、あなたにとって他者とは何でしょう。隣国であり、別の論理で動く組織であり、別の宇宙であり、そこには別の重力があって当然です。

1+1=2である、という状況は稀である、と考えることもできます。

 

====

自分が感じる価値、意味を大切にしてください。それしかリアルは存在しない、といっていいぐらい。あとは他者と共存することができるためにも「その価値は自分にしか通用しないもの」という発想を持てる自由を自分に与えていく、というのはどうでしょうか。

 

あなたの子孫が一生宇宙で一人ぼっちで生きていたとしたら、今のあなたはどう思います?どう応援できますか?