音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介45>副次的和声単位

 

f:id:terraxart:20180703102847p:plain

これはcとdが完全結合領域を示していることを図にしたものです。

上の表では、cとdを色分けしてこの表を拡大しています。集合の現れる横の音の種類には変化がありませんが青字のdの列は赤字のcの下方領域fの四音の並ぶ配置が換わります。この表の一番上のdの列の音は、三番目のcの音の列と完全結合領域にあります。

ここでさらにいくつか新しい二次的な(副次的な)和声単位を加えておきましょう。

Cula3
このコードの構成音はc d# aという対称性による構成音。
Cuh5
これはc e b♭という和声単位です。7thコードの5度が省略された和音です。
Clh5
これはc a♭ dという構成音。下方のfが省略された和音です。

 

さらにより副次的な和声単位を紹介します。
Cl3u5、Cu5l7
これらのコードは対称性を持っていません。前者の構成音はc e fです。上方三度の音と下方五度の音を混合した形です。後者の構成音はc e dです。同様に上方の三度と下方の七度を用いました。

その他には、
Cu3l5、Cu3l7、Cl3u7、Cl5u7
これらの表記ではどの領域のどの音を最初に持ってきても構いませんがここでは3 5 7の順に左から表記しています。構成音は左から、
cga♭ cgd cfb♭ ca♭b♭
となります。

 

実際の和声単位としては使わないかもしれませんが、三度堆積でない和音は、はじめから野生の空間で生きている感じがします。

買い物に行かなくても、庭にバナナがなってる感。これをそのままつなげればいきなり超絶技巧な音楽の出来上がりです。

 

しかしこれが12音にそれぞれ展開し、ハイどうぞ自由にお使いください、となってもいきなりは使えません。

そこで機能和声と組み合わせていくことで様々な世界観が出てくるわけです。

ビートルズ的、Pメセニー的。あなた的に。