音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

スケールの解釈について~その展開★★★★

 

これも独自的でまた何なのですが、伝統は伝統として、普段は密かにこう考えてはいかがか、という話です。 スケール知ってる人(チャーチモード何時でも弾けるとなった人)向けです。。。

   

 

メロディックマイナースケール

cで統一しますね。

c  d  e♭ f  g  a   b  c

です。

で、メジャースケール(アイオニアン)を見てみましょう。

c  d  e  f  g  a   b  c

 はい。違いはe♭だけなんです。

だからポジションを覚える時、メジャースケールが弾ければ、その三度の部分を半音左に寄せればイイだけです。それがメロディックマイナースケール。

 

またはCドリアンで考えてみましょう。

c  d  e♭ f  g  a   b♭  c

ですから、ドリアンが得意な人はbをナチュラルにするだけです。

f:id:terraxart:20180428084403p:plain

1弦三音フレーズのギターポジションで見てみましょう。

は主音

が三度音

です。 

だから

メロディックマイナースケール=メジャースケールm3

であり(アイオニアンm3と解釈しても良い)

メロディックマイナースケール=ドリアンM7

 なわけです。覚えやすい解釈を自分で作って下さい。

 

こうなると、例えば

オルタード・ドミナントスケールというのは、メロディックマイナースケールの七番目のモードですから、

 b  c  d  e♭ f  g  a   b 

です。つまり、この構成音は何らかのメジャースケールに近い、というわけです。

f:id:terraxart:20180428085143p:plain

これかなり説明は背負っていますが、要はこういうことです。

だからオルタードドミナントスケールというのは、ルートの位置が半音上がっているんです。ゆえに

オルタード・ドミナントスケール=アイオニアン#1

であることが分かります。

Cオルタード・ドミナントスケール=Bアイオニアン#1

 または

Cオルタード・ドミナントスケール

          =Bメジャースケール#1

です。こうした話は必ず楽器でのインプロヴィゼーションにおけるフィジカルな話になるので。

 

G7→CM7

において、そのポジショニングを考える時、

Gオルタードドミナント→Cアイオニアン

で考えた時、 こう書くと、いかにもジャズやってるっぽいですが、実は、

F#アイオニアン#1→Cアイオニアン

を弾いてるのと同じです。あとは覚え方を自分なりに発明して解釈していくだけです。

不定調性論では、キーや機能がないので、形態的な差異をそのまま見ますから、アイオニアン#1なんておかしい、という発想がありません。

   

ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ

この呪文語感、最高ですね。

c  d♭ e  f  g  a♭  b♭ c

これも調べていただいて。

ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ

 =フリジアンM3です。

フリジアンの三度の音をM3rdにかえるだけです。

最初の語感があまりに呪文的なので、それをフリジアンM3なんて冠してしまうと、なんか化学反応的に変わってしまった感を覚えないでしょうか?

錯覚です。使ってる音はおんなじです。

 

しかしながら、ハーモニックマイナーパーフェクトうんたら、と言っている方が、良いフレーズが出てくる、という人もおられるでしょう。クオリアですね。

それはまさに呪文と同じ、あなたに力を与える言葉になっているので、たとえ世界が利便性を追求し、フリジアンM3と呼ぼうが、あなたはハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウと呼んでください。あなたにはそうする自由があり、そうすることでカッコいいフレーズが生まれやすくなる精神的環境ができる、と考えるのが不定調性論の感覚的理解を優先するメリットに通じます。

 

リディアンドミナントスケール

これもリディアンm7です。通例のリディアンの七度を♭させただけです。

 

これも同様に、そういうふうに言われると、なんだかリディアンドミナントスケールの神秘性を否定されたかのように感じてしまう方もおられるでしょう。

良くわかります。否定はしません。しかしもし覚えるのに苦労しているのなら、リディアンを覚えて、弾けるようにしてそこから七度を下げて覚えればいいです。

なんだかすごく「負けた感」を感じる人は、おそらく音階がもたらす何らかの神秘性に洗脳されています。それがある間は、いつかは誰かを批判していかなければ気が済まなくなります。これはとても大事な観念です。

 

=====

G7→CM7のとき

C#アイオニアン→Cアイオニアン

でインプロヴィゼーションしてみてください。

は?半音上げただけのズルい奴じゃん、と思われた方も、義務教育から徹底されている右へ倣え主義にまだ洗脳されています。

c#=#11th

d#=♭13th

e#=7th

f#=M7th

g#=♭9th

a#=#9th

b#=P4th

というテンション全部出し、でM7とP4thが出ています。G7でM7やP4を弾くことはたとえ一瞬でも避けたい、と思われる方は伝統的なビ・バップ的なサウンドを追求してください(バップはスケールで考えない、というのがトレンドなので逆行しますが)。

 

これを初期段階から許容してしまうと、色々異端すぎる異端児が出て混乱を引き起こしそうですが笑

スケールおぼえてアドリブし始めて「どうもなんか違うんだよなぁ」という疑問を抱きつつも「先生がこれで出来ないと話にならない、とか言ってたから、これ我慢してやらないとなぁ」などと右へ倣えしておられる方などにおすすめです。

 

オルタード系が生み出すケーデンスの行き着くところは、

 

調性内→調性外→調性内

 

という構図です。一旦はずれてまた戻ってくれば、ケーデンスっぽくなります。

このためのぎりぎりのラインをビバップは極めてしまいました。その先が不定調性の守備範囲です。

 

先ほどの半音上のメジャースケールはこの要件を満たしているわけです。

もしあなたの「自己の創造性」が雄たけびを上げたとき、その時必要になるのは「あなた自身の解釈」です。守破離の精神もそこで生きてくるでしょう。それまで身につけてきた技術や知識は決してあなたを裏切りません。

 

スケール内できっちり弾く、ということに向いている人と向いていない人がいます。

自分はどっちなのか、を知れ、ということですね。これはどちらが優れているか、という話ではありません。二つの道があり、どちらもそれを極めつくした先人がいます。

バップしかなかった時代はバップだけやっていればよかったのですが、現代はそうはいきません。別の価値観が多様にあって、それらへの理解を示さない人ほど生きづらい時代です。

自分がどんな指向なのか、を常に考えて、覚えるものは上記のような方法も使ってさっさと覚えて、さっさと使いこなしながら、自分は何者なのかを探求して頂いて、もし、

「あ、このスケール考えないでガサツに弾いた感じ、おれ、これも好きかも」

と一瞬でも思ってしまったら、あなたには独自の事を創造する炎が眠っています。

 

そのとき、「こんな適当な方法、あってはいけない」なんて思う必要はないと思うのです。自分のやりたいことが芽を出した、瞬間です。

なんでこんなことでもケーデンスが作れてしまうのか、というと、そもそも音には表現についての何の規則もないからです。クラシック伝統音楽が持つ「再現芸術の伝統」とジャズの伝統を混同してしまうとややこしくなります。

歴史的に優れた音楽への畏敬とあなたの人生における音楽のありようを混同してもいけません。あなたはどこまでいってもあなたです。

 

スケールなんて関係ないんじゃね?

 

って言うのを、初期の段階から頭に叩き込んでみて下さい。

あなたがどっちに行くか、を常に判断していくだけです。両方常に思考の引力を向けておいてください。潜在意識がそれを選んで、あなたにほうに引き寄せてくれます!!

きっとね。

 

先日、絶対無理!って思いそうになったことを、「いや、絶対に自分たちのためになる結果が起きる」と自分に言い聞かせていたら、実際思った通りになってくれたので、こんな口調になりました、すみません。

無意識のうちに人は自分が求めるものを作ってしまう、って言うのはちょっと怖いですよね。ここが自己との戦いであり、音楽学習でも最大の壁なんだな、と感じます。不定調性も、常に自己の無意識を意識した(変な日本語?)方法論にしたいところです。