音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ドレミファソラシドにコードを付ける~機能和声から不定調性へ

2018.4.26→2020.2.29更新

不定調性論的な発想、としてこのお題に取り組んでみましょう。

 

ドレミファ和音の疑問

ふつう、ドレミファソラシドというメロディがあった時、

f:id:terraxart:20200229103538p:plain

一つ一つにコードを付けると、

キーがCメジャーなら、

C△-Dm-Em-F△-G△-Am-Bdim

ですよね。三和音で。これが西洋音楽理論です。

 

でも、最初はこう思いませんでしたか?

なんでCの次はDじゃなくてDmなの!!

で、これを理解するために音程の勉強を始めます。

 

ドレミファソラシドに三和音を当てたら、

 

C△-D△-E△-F△-G△-A△-B△

 

こうなって欲しかったものです。この方が綺麗だし。なんで同じような押さえ方で違うのかさっぱりわかりませんでしたね。

(△はトライアングル、3の意味、つまり三和音の意味です。慣習的に呼ばれているものです。)

   

間違いではなかった"間違いの和声付け"

ではこのメジャーコードの進行、弾いてみてください。

f:id:terraxart:20200229110550p:plain

なんだかビートルズっぽく、ダイナミックなロックっぽく聞こえてくるかもしれません。

 

この平行ハーモニーは、黒人の和声観の原初たるものです。

この事実はガンサー・シュラーの記述から展開して教材には書いてあります。

 

ドレミファソラシドは、調性音楽的にはメジャースケールですが、音そのものの羅列だけを考えたら、単なる「旋律」であるにすぎません。

 

ただの旋律であれば、先のメジャーコードだけのヴォイシングも"当然可能"です。

 

初期学習では平行ハーモニーなんて「間違い」、「安易」、「ダサい」、「無知」とか、って思ってしまったものです。

でもセカンダリードミナントとか学んでくるぐらいの耳になってこれを鍵盤で弾くと、このほうがカッコイイし、スリリングだったりします。

 

有名なところでは、スティービー・ワンダーの平行ハーモニーsus4連鎖!

www.terrax.site

 

もともとこっちの方が自然だったはずなのに、スティービー等の極に出逢って、ハッとさせられます。できたやん!!これでもいいんっじゃん!!て。 

後はどちらを選ぶかです。それを託されているのは他でもない、あなた自身です。

「あなたの人生は、今日は『あ行』の名前の人が決めます」

というようなことはありません。毎秒毎秒全て自分で決めなければなりません。

 

それまであいまいだった機能和声の極み=不定調性

で、これをどんどん展開していくと、


CM7-DM7-EM7-FM7-GM7-AM7-BM7

 

 とか

 

Csus4-Dsus4-Esus4-Fsus4-Gsus4-Asus4-Bsus4

とか

CmM7-DmM7-EmM7-FmM7-GmM7-AmM7-BmM7

とかでも良いわけです。

 

また、それらを混ぜる。

 

CM7-Dsus4-EM7-Fsus4-GM7-Asus4-BM7

 

これでもOKです。

このルール無視かよ感=これが不定調性です。 

機能和声という港から離れたもっとも先の地点に私は「不定調性」という場所を作りました。理屈ではあり得ませんが、「西洋伝統音楽から一番遠いところ」という概念を音楽理論上に作ったわけです。

これまでは機能和声から離れすぎると「マイナーになる」「変なものになる」と思い込んでいたはずです。だからそうならないようにどこまで離れても「音楽になるよ」ということを言うために機能和声と対局する「不定調性」という位置づけを作りました。

f:id:terraxart:20200229111143p:plain

 

たいていは無調、複調、汎調性は「そういう概念があるので興味のある人は勉強してみて欲しい」で終わります。誰もそこを中心に活動していません。売れないから(と思っていることを公言しているようなもの)です。

ただ彼等にはそんな表現は彼らが持って生まれた表現ではなかった、というだけです。

私は逆でした。不定調性的音楽表現が自分のルーツであり、私はその極点に立てます。

商業音楽の一方の極点に向かった(もともとジョン・ケージがその極点は獲ったものだけど、だいぶ周辺が荒れ地になっている)、と言ってもいいです。 

 

誰かがこっち側にいないと、何かがマンネリ化した時、音楽表現がただ限界値なくただ驚きだけを観客に求める音楽を作ってしまいがちになる=二十世紀の現代音楽、をまた繰り返してしまいます。構造がない音楽表現ですら、ある程度明確な意味を含むことが現代では求められます。

横暴で生意気ですみません。

 

 

たとえば、不定調性論は無調ではなく、ただヘンに難しい音楽を作るわけではありません。

|:CM7 |Asus4 |Dsus4 |EM7 |

Fsus4 |GM7 |Asus4 |BM7 :|

みたいな進行も先のコード群から作れます。調性が不定なだけです。

音はこちらで聞けます。

rechord.cc

|:CM7 |Asus4 |Dsus4 |EM7 |

 Fsus4 |GM7 |Asus4 |BM7 G7 :|

ここに、さいごにG7を挟むだけで、全然音楽の辻褄が合ってきます。

 

これが他人と共有できるかどうかはまた別です。共有したければ相手と共有できるツールに仕立て上げるか、既存の言語、ツールを使わねばなりません。

ヒット曲はそうした共有ツールを最高に用いることが出来た例です。共有できる力・ツール・タイミングさえあれば、どんな音楽でも"ヒット曲"になりえます。 

 

自分を社会に普及させる努力

やみくもにヒット曲を作ろうとするというよりも、自分の言語を作り、それを共有ツールに仕立て上げる!と決めることの方がクリエイティブです。つまり自分自身を売り込む活動を人生そのものにするわけです。

私であれば、「不定調性」というツールを自分の作品や、他の音楽家の作品をこのツールで解説する事によって生まれる共有ツールとすることを目指すことで、私自身の音楽、表現を皆さんと共有していこう、と活動しているわけです。そのためにどの概念を独自的にして、どの発想を一般的慣習に即するか、というせめぎ合いを日々行っているわけです。

 

パンクバンドの楽曲がヒットしても、それは、彼等が共有ツールを持っていたのではなく、彼ら自身がその楽曲を共有ツールに押し上げていった結果です。努力なくしてヒットなど生まれません。逆に「なんか才能あるから売れちゃった」場合は事故で、一発屋、となります。自分がヒットした理由を把握していないからです。

でも時に世の中は、パンク曲がヒットしたらパンク曲を作る、という非クリエイティブなことをしがちです。それで売れていきたい人は別ですが、流行より「自分をどうにかしたい」という方もおられるはずです。そういう方は、あなたが命を掛けられる音楽表現に生涯邁進しそれを普及させるような自分なりの活動に集中すべきでしょう。必ずその先にやるべきことが見えてきます。

印象派の画家が名声になり金を生む流行りのサロン画風に従わなかったように。

「どうせヒットしない」「どうせマイナーだ」などと思わず「どうやったら、自分が求める範囲で自分を人に知ってもらえるだろう、役に立たせられるだろう?」と自分に都合の良い理想的なゴールへ質問を続けてください。

 

ピンチをチャンスに変える51の質問 (だいわ文庫) 

 

ひとつ旋律に和音を付ける、という話は扱う人によってはセルフブランディングまでを秘めている、というお話でした。

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site