音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ドレミファソラシドにコードを付ける~機能和声から不定調性へ

2018.4.26→2020.2.29更新

不定調性論的な発想、としてこのお題に取り組んでみましょう。

 

ドレミファ和音の疑問

ふつう、ドレミファソラシドというメロディがあった時、

f:id:terraxart:20200229103538p:plain

一つ一つにコードを付けると、

キーがCメジャーなら、

C△-Dm-Em-F△-G△-Am-Bdim

ですよね。三和音で。これが西洋音楽理論です。

 

でも、最初はこう思いませんでしたか?

なんでCの次はDじゃなくてDmなの!!

で、これを理解するために音程の勉強を始めます。

 

ドレミファソラシドに三和音を当てたら、

 

C△-D△-E△-F△-G△-A△-B△

 

こうなって欲しかったものです。この方が綺麗だし。なんで同じような押さえ方で違う表記になるのかさっぱりわかりませんでしたね。

(△はトライアングル、3の意味、つまり三和音の意味です。慣習的に呼ばれているものです。)

   

間違いではなかった"間違いの和声付け"

ではこのメジャーコードの進行、弾いてみてください。

f:id:terraxart:20200229110550p:plain

なんだかビートルズっぽく、ダイナミックなロックっぽく聞こえてくるかもしれません。

この平行ハーモニーは、黒人の和声観の原初たるものです。

この事実はガンサー・シュラーの記述から展開して教材には書いてあります。

 

ドレミファソラシドは、調性音楽的にはメジャースケールですが、音そのものの羅列だけを考えたら、単なる「旋律」であるにすぎません。

 

ただの旋律であれば、先のメジャーコードだけのヴォイシングも"当然可能"です。

 

初期学習では平行ハーモニーなんて「間違い」、「安易」、「ダサい」、「無知」とか、って思ってしまったものです。

でもセカンダリードミナントとか学んでくるぐらいの耳になってこれを鍵盤で弾くと、このほうがカッコイイし、スリリングだったりします。

 

有名なところでは、スティービー・ワンダーの平行ハーモニーsus4連鎖!

www.terrax.site

 

もともとこっちの方が自然だったはずなのに、スティービー等の曲に出逢って、ハッとさせられます。これでもいいんじゃん!!て。 

後はどちらを選ぶかです。それを託されているのは他でもない、あなた自身です。

人生は自分で決めないと!

 

それまであいまいだった機能和声の極み=不定調性

で、これをどんどん展開していくと、


CM7-DM7-EM7-FM7-GM7-AM7-BM7

 

 とか

 

Csus4-Dsus4-Esus4-Fsus4-Gsus4-Asus4-Bsus4

とか

CmM7-DmM7-EmM7-FmM7-GmM7-AmM7-BmM7

とかでも良いわけです。

 

また、それらを混ぜる。

 

CM7-Dsus4-EM7-Fsus4-GM7-Asus4-BM7

これでもOKです。

上の音源は、

CM7  Dsus4-D  EM7  Fsus4-F  GM7  Asus4-A   BM7   C 

と弾いています。 

私はこれは音楽だ、と思ってしまうタイプなので、不定調性が性に合っています。

その性分を真ん中に置いた方法論が不定調性論です。

 

機能和声という港から離れたもっとも先の地点に私は「不定調性」という場所を作りました。「西洋伝統音楽から一番遠い港」北極と南極。

 

あとはその極点の中間のどこで音楽をやるか、を選べばいいわけです。

f:id:terraxart:20200229111143p:plain

 

 

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site