音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ドレミファソラシドにコードを付ける★★★★

不定調性論的な発想、としてこのお題に取り組んでみましょう。

   

 

ふつう、ドレミファソラシドにコードを付けると、

キーがCメジャーなら、

C△-Dm-Em-F△-G△-Am-Bdim

ですよね。三和音で。

 

で、ピアノとかだと白鍵でこれらのコードが押さえられるわけですが、

なんでCの次はDじゃなくてDmなの!!

とかっていう問題に初心者はぶち当たります。

でこれをやるためには音程の勉強しなくちゃいけなくなって。。

 

何も考えなければ、ドレミファソラシドに三和音を当てたら、

 

C△-D△-E△-F△-G△-A△-B△

 

こうなって欲しかったものですwww

   

弾いてみてください。

なんだかビートルズっぽく、ロックっぽく聞こえてくるかもしれません。

 

この平行ハーモニーは、黒人の和声観の原初たるものです。

この事実はガンサー・シュラーの記述から展開して教材には書いてあります。

 

ドレミファソラシドは、調性音楽的には、メジャースケールの集合体という概念でくくられる存在ですが、音そのものの羅列だけを考えたら、単純に「旋律」である、にすぎません。

 

ただの旋律であれば、先のメジャーコードだけのヴォイシングも当然可能です。

 

学習仕立て当初は平行ハーモニーなんて「安易」とか「ダサい」とか、って思ってしまったものです。

でもセカンダリードミナントとか学んでくるぐらいの耳になってこれを鍵盤で弾くと、このほうがカッコイイし、スリリングだったりします。

 

有名なところでは、スティービー・ワンダーの平行ハーモニーsus4連鎖!

www.terrax.site

 

いろんな奇抜な進行を覚えて、こうした進行も感覚的に自然にしておきましょう。 

もともとこっちの方が自然だったはずです。

 

 

で、これをどんどん展開していくと、


CM7-DM7-EM7-FM7-GM7-AM7-BM7

 

 とか

 

Csus4-Dsus4-Esus4-Fsus4-Gsus4-Asus4-Bsus4

とか

CmM7-DmM7-EmM7-FmM7-GmM7-AmM7-BmM7

とかでも良いわけです。

 

また、それらを混ぜる。

 

CM7-Dsus4-EM7-Fsus4-GM7-Asus4-BM7

 

これでもOKです。このルール無視かよ感=不定調性。

 

これらを「OK」とするかどうかは、あなた自身が決めなければなりません。

、、、っていう考え方が不定調性論です。

 

|:CM7 |Asus4 |Dsus4 |EM7 |

 

Fsus4 |GM7 |Asus4 |BM7 :|

みたいな進行もここから作れます。

音はこちらで聞けます。

rechord.cc

 

これが他人と共有できるかどうかはまた別です。共有したければ伝統技法をちょこっと入れれば良いのです。

 

|:CM7 |Asus4 |Dsus4 |EM7 |

 

Fsus4 |GM7 |Asus4 |BM7 G7 :|

 

さいごにG7挟むだけで、全然違います。これが伝統の勉強の成果ですね。

 

「音楽的脈絡」は、これらの伝統技法を学んだ先に作られていく「個人だけが感応できる進行感」です。

 

これを和音に限らず、メロディ、リズム、などにも拡張していってください。急に「芸術」になります。つまり理解されづらく、奥深く、独りよがりだけど、命掛けて作ってる!という感じになってきます。だって頼るものが自分しかないのだから、裸で戦場を歩くようなものです。本当に自分がないとすぐ以前のぬるま湯に引き戻されてしまいます。

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site