音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ショパン;12の練習曲 op.10-1〜ショパンのコード進行に触れよう

2018.4.14⇨2020.3.13更新

F.ショパンの不定調性進行分析

32, 12の練習曲 op.10-1 / Fryderyk Franciszek Chopin

 

 

 

大学生の頃、本格的にショパンの音楽性に興味を持って、全曲集の楽譜を買い、練習曲やバラード、即興曲、ワルツなどをTAB譜にする作業に取り組んだ時、参考にしたのがアシュケナージのショパン全曲集でした。ちょこっとたしなむ人じゃなくて、全曲取り組む人のレベルを「楽曲とアーティストを知るための基本単位」としたのもその頃でした。

 

ここに書かれた内容は和音連鎖についてのブログ的、表層的な理解の話ですのでご了承ください。

 

先に結論を書きますと、
「練習したくなる練習曲」
「ショパンの音楽的なクオリアが難技巧の中にしっかり表現されている練習曲」
と感じました。

これは他の練習曲との大きな違いです。言ってみれば

「元気なのに飲みたくなる薬」

と同じです。そしてこの薬は他の薬と違って元気な時に飲んだらさらに元気が出るという効能もあります。

 

ここでは1曲だけ取り上げます。
op10.-1

open.spotify.com

C |C |FM7 |F#m7(b5) |G /F# /E|D |G7sus4(b9) |G G(b13)|
C |C |F/A |F#m7(b5)/A |Gsus4 |G |
Cadd9 |C |FM7/A |Bdim Bdim/A|E7/G# |Am Am/G |FM7 |F7(b5) |Amadd9/E |E |
A7 |D7sus4(9) D7 |G7sus4 |G7 |C7 |Cm7(b5)/Gb |F7 |Abm/Cb |Bb 7(b5) |A |A |
D7 |G7sus4 |CM7 |FM7 |Bm7(b5) |Em7 Am7 |Dm7 G7 |CM7 FM7 |Bm7(b5) |B7 |
E |E G7/D |
C |C |F |F#m7(b5) |G /F# /E|D7 |
G7sus4(b9) |G7 G(b13) |C |C |F/A |F#m7(b5)/A Adim7 Ab7|Gsus4 |G |
D7/F# |F7 F7(b5) |E |E |Dm7 |G7 |C C7 |Cdim7 Ddim7 |C |Ebm7(b5)/G Ebdim7/G |
G7sus4(b9) |G7 |C |C |C ||

 こちらにコードだけのバージョンも作りました。

chopin op.10-1 | rechord - 演奏もできるコード進行共有サービス

コード進行はあくまで読解者の解釈ですので微細な差異がありえますことをご了承ください。

 

ハ長調、1830年作曲とされています。

時は、徳川 家斉(第11代征夷大将軍)の頃。オシャンティな曲です。今聞いても華麗で洗練されています。当時の人たちにこれが「まあまあいい感じじゃない?」ぐらいに理解できていたとしたら、日本人のにわか仕込みな西欧芸術性など到底およびもつかない絶望的な差を感じます。

(だから、自分たちにしかできない作業を追求すべきかと思います)

 

この楽曲の美しさを理解する最も安易な方法は、コード進行として読解してみることです。作曲を始めました!2年目です!という方がみれば、ショパン芸術の物凄さと、当時の「作曲家」と言われた人の唯一無二さが感じられるでしょう。

各自の解釈で一度弾いてみてください。

 

ハ長調ですが、いきなりF#m7(b5)がすぐ出てくるあたり、近代の扉を叩いています。

C |C |FM7 |F#m7(b5) |G /F# /E|D |G7sus4(b9) |G G(b13)|

におけるF#m7(b5)はFM7とGをつなぐ経過和音的な役割を果たしています。経過的などと書くと「ついで」みたいな表現になってしまいますが、この陰影こそがショパンです。卒業式などでおなじみの「別れの曲」も同じ練習曲集に入っています。練習曲が卒業式で流れる作曲家ってやばくない?

ネジ職人のネジが美術館に展示されるような感じです。


FM7のfを半音上げるとF#m7(b5)になります。こんな単純な作業でも、和声の繋がりは印象深くなります。FM7からF#m7(b5)に移行すると、ステップを一段上がるような、ふわっとしたものがきゅっと締められるような印象を持ちます。

そういう風に感じる抽象的な心象こそが「音楽の印象」であり日常生活で使わない感性です。そしてそういうものを豊かにしていくからこそ日常のストレスも減り、知恵への尊厳、敬意が生まれ、人生が少し豊かになったような気分がします。芸術家以外の人は、芸術はそういう風に日常の自分の豊かさのために使うことをオススメします(自分の好きな作品を見つけて!)。

 

続くG7sus4(b9)、これが美しく香り立つような流れを作ります。

初心者の方はまず出会わない和音でしょう。

不協和という概念を超えて、もともと音の積み重ねが持つ「協和と不協和という概念で分けられない存在」について教えてくれます。

そう、もともと協和と不協和など境目はないんです。利便性でつけられた概念に惑わされず、音楽を聴くときは、もっと超越した感性を発動させるような気持ちで聴いてみてください。時々眠っていた自分が目覚める時があります。芸術の鑑賞が「生を呼び起こすため」であるとしたら、アイドルでもロックでも絵画でも歌舞伎でも犯罪以外なんでも許されているので、ぜひ没頭できる趣味を持ってください。

不定調性論的思考も、アートの区分けに関わらず、自分の心を豊かにするために求め続ける人を応援します。

 

AD

   

   

 

そしてG(b13)は続くCに向けての経過音d#を持ちd-d#-eと流れます。

Cadd9 |C |FM7/A |Bdim Bdim/A|E7/G# |Am Am/G |FM7 |F7(b5) |Amadd9/E |E |

ここもまさに「コードネームシステムでない良さ」がでてます。

コード進行をラノベとするなら、

コードシステム以前の和声は随筆です。どっちが素晴らしい、というのではなく、どれも音楽言語による表現手法ですので、作曲を目指す方は、学習時期に先人の「ものすごい工夫」に一度触れておくと良いと思います。それを参考にしなくてもいいです。

ただ触れるだけでもビビっときます。その後思い切りパンクやっても、とりArtの方に寄っていける音楽ができます。嗅覚が付くからです。芸術は独特の香りがします。

なんといいますか、甘美といいますか、フェロモンのような性質を持っています。

だからそれを一度覚えれば、忘れまれませんし、自分の活動でその匂いがする方向に行っていればとりあえず伝統に従っている、という活動ができると思います。

====


Cadd9→C、とか

FM7-F7(b5)とかの微細な変化もコード進行音楽以前の特徴です。

一つ一つの音を理解していないとできません。

コードを学習したときは、一音、一音へのこだわりとかはないはずです。

やがて使えうコードが増えて来て初めてそういうことがわかります。

その究極の進化系が近代音楽だと思っていただければ、刺激になること間違いなしです。

 

====

FM7-F7(b5)-Esus4-Eは滝の水がスローモーションのように落ちてくる感じ、を得ます。

次にその理由が次に示されます。 

A7 |D7sus4(9) D7 |G7sus4 |G7 |C7 |Cm7(b5)/Gb |F7 |Abm/Cb |Bb 7(b5) |A |A |

「実はこういう理由なんですよ。」と語っているようですが、夢を見ているようなかんじなので、どんな理由なのかは良く聞き取れません。でもなんとなくsus4の連鎖の細かい動きがA△に帰着するまで続く感じの中でレスポンスが行われているような感じがします。

こうした情感を自由に解釈すること(言葉にしなくてもいい)で、その"音楽の流れの意味"を自然に指に覚えさせる効果があったりするような気がして、なんか分からないけど凄い表現力であることはわかります。この曲一曲弾くだけで「音楽的なクオリア」のすべてのセンサーを刺激できそうです。 

 

A7-D7-C7-C7-F7-Bb7-Aなんてまさにジャズな流れですね。Bb7は裏コードです。

 今度は一気にまくしたてるような進行が続きます。

D7 |G7sus4 |CM7 |FM7 |Bm7(b5) |Em7 Am7 |Dm7 G7 |CM7 FM7 |Bm7(b5) |B7 |

「きっと、その理由を聞いたら、僕も納得する、そんな理由なんだろうな」と思わされる美しい流れです。そしてBm7(b5)-B7が新鮮です。そして主題部分に戻ります。

音楽はあなたに言語を超えた内容で話しかけてくれます。あなたは心で答えればいいのですが、音楽家はそのエネルギーを音楽にしますが、皆さんは自分のジャンルに活かせばいいと思います。「聴いて活力にする」ことができるのが音楽の素晴らし効能だと思います。 

 

====

「僕は最初から、そう言ってるじゃないか」
そう言わんばかりの主題にまた戻って来ます。力強いです。きっと最初よりも力強く弾いてしまいそう。

 最初はただ弾かされている感じでも、この部分まで弾いて来たら、ちゃんと意味を知って、この曲の意図を積極的に発信するような思いで指使いで弾け、と言われているようです。もう置いてきぼりですね。まさしく音楽家のための練習曲です。

 

いや、もはや練習曲じゃないですね。

ショパンが教育家だとは思いませんし、面白がっているようにすら感じます。

天才かよ。

C---|FM7-F#m7(b5)-|G-D-|G7sus4(b9)-G,G(b13)|
C---|F-F#m7(b5)-|Gsus4-G-|
Cadd9--C--|FM7-Bm7(b5)-|

E7-Am,Am7|FM7-F7(b5)-|Esus4-E-|
A7-D7sus4(9),D7|G7sus4-G7-|
C7-Cm7(b5)-|F7-Fm7(b5)-|Bb 7(b5)-A-|
D7-G7sus4-|CM7-FM7-|Bm7(b5)-Em7,Am7|Dm7,G7,CM7,FM7|
Bm7(b5)-B7-|E--G7|
C---|F-F#m7(b5)-|

G-D7-|G7sus4(b9)-G7,G(b13)|
C---|F-F#m7(b5),Adim7*Ab7|Gsus4-G-|
D7-F7,F7(b5)|E---|Dm7-G7-|C,C7,Cdim7,Ddim7|

C-Ebm7(b5)/G,Ebdim7/G|G7sus4(b9)-G7-|C---|C---||

セクションを勝手に分けてみました。

====
この楽曲の"エンディング"を見てみましょう。


Dm7-G7-|C,C7,Cdim7,Ddim7|C-Ebm7(b5)/G,Ebdim7/G|
G7sus4(b9)-G7-|C---|C---||

 

長いII-V解釈にも見えてきます。
ただの文章を、華美な比喩をいくつも用って表現するシェイクスピアみたいな豊かな語彙力によってエンディングを創り出しています。


このCdim7-Ddim7-Cは、Cへのダブルリゾルブのようです。もう一度振りかぶって!という感じでcの音に半音上下から解決しています。ダイナミック。

 

==== 

私はクラシックは全くわからないので、上記はあくまでご参考まで。
ショパンの楽譜は下記にて見られます。

imslp.org


ご興味のある方は研究してみていただければ、と思います。

この楽曲はかのリストに献呈されています。

 

また実際のショパンの演奏解釈については、必ず専門の師匠のもとで学んでください。