音楽教育活動奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と...旧音楽教室運営奮闘記。

Lemon / 米津玄師(1・コード進行編)

www.terrax.site

Lemon / 米津玄師

米津玄師「馬と鹿」

Flamingo / 米津玄師_Lemon(コード進行あり)のその先の質感を考える

TEENAGE RIOT/米津玄師 モーダルインターチェンジと質感とか構造

そんなに「Lemon」っていい曲ですか?っていう意見があります。

それは感じ方が逆です。たくさんの人が聴くことで曲は良くなります。人とはそういうものです。それを受け入れられないと人がただの生物になります。

それまでに沢山の人が米津ナンバーを聴いていたことで、lemonへのリスナーの聴感が仕上がったんです。だからこのヒットは必要不可欠な出来事になったのだと思います。lemonで起きたか、灰色と青で起きたか、パプリカで起きたか、の違いだけです。

だからこの曲がそれほどでもない、と感じる人は、あなたの感性に合った曲、アーティストを探せば良いだけです。

 

そのモノトーンの歌声の質感と、冒頭にdimがあるから」

コード弾き語りやったことのある人なら。「やられた」って思いませんでした?

歌声の質感の存在も大きい、コード進行は真似できても声は真似できない。

 

冒頭から「あ、それずるい」って思いました。

分かっていても避けられないボクサーのパンチ「米津dim」です。

 

この記事はちょこっとコードが弾けて一般的な音楽理論の知識がある、という前提です、ご了承ください。

 

米津玄師 MV「Lemon」

<参考>

日本型短調の権化;根音省略型dim
日本的で陰鬱、霊的に突き刺さってくる和音。日本人しかわからないコード?かも。
怖いコード。短調が醸し出す畏敬。死がテーマになっていると思いますが、死を死でないものにしようという意志が感じられます。
 
Lemon
     G#m       F#                 
 夢ならば どれほど   
    E                      B
よかったで しょう
    E            B           
未だに あなたのこと  
Fdim                   D#
を              夢にみる 
 
Fdimです(歌メロ2オーラス目はベースラインがdーfと流れるのでDdimとも解釈できる)。
ここをこうしてみましょう。
G#m |F#  |E |B|
 E  | B |A#7   |D#|

これでもメロディーは歌えます。でも「夢に見る」感じが出ません。A#7ですと少し淡い感じがして、私には優しいジブリ感。ちょっと香りが弱まり、ハッとさせません。

で、これをdimにすると、ハッとさせられるわけです。
(米津楽曲にはdimやm7(b5)が時折スパイスのように出てきます。アーティストの雰囲気に合っていますよね。)
 
ではさらに次のようにしてください。
   G#m    F#             E          B
   E           B         A#7(b9)        D#
どうでしょう。これで少し近づきましたね。
 
A#7(b9)=a#,d,f,g#,b
です。
Ddim=d,f,g#,b
=Fdim,G#dim,Bdim
とされます(dim7は四つ同じものがある、というジャズ理論の慣習の捉え方を用いてます)。
ここでは曲中でdをベースに扱っているので弾き語りを想定しDdimとしました。
 
このDdimは、A#7(b9)の根音省略系なんですね。
つまり
A#7(b9)=Ddim/A#
です。
 
(参考なぜ7thコードにb9thのテンションが乗せるか?)

www.terrax.site

 

このdimは、半音で次のD#△に結びつきます。

B=b,d#,f#

Ddim=d,f,g#

D#=d#,g,a#

構成音の流れが綺麗。d#--d--d#。

半音での連鎖は、ちまちま動いているようで、一番ダイナミックに感じる動きなんです。パワーコードでがーん!がーん!というダイナミックさがぶっきらぼうな男性的なら、半音の変化は美的で繊細な遠くを見ながら突っ込む女性的ダイナミックさです。

 

この人のミステリアスさはある種の両性具有さ、無性さ。

それでハイヒールか?とかまで感じてしまう。

 

===Dimの補足です。コードマニア以外読まないでOKです。===

例を挙げます。楽曲とは直接関係ありません。

 CM7   |Dm7   |Em7   |Am7  |

みたいな進行で、セカンダリードミナントに任意に置き換えてみます。

ex1

CM7   |B7(b9) |Em7  |Am7  |

ex2

CM7   |Dm7   |E7(b9)   |Am7  |

 ex3

CM7   |Dm7  B7(b9)  |Em7  E7(b9) |Am7  |

で、dimコードはX7(b9)の省略形ですよね。だから

ex1'

CM7   |D#dim7 |Em7  |Am7  |

ex2'

CM7   |Dm7   |G#dim7   |Am7  |

ex3'

CM7   |Dm7  D#dim7  |Em7  G#dim7 |Am7  |

ってなるんですね。その曲のメッセージにあったコードを自由に使ってみてください。

似たようなものに、パッシングディミニッシュっていうのがあります。

これはちょっとまた違って、定義としては、

「長二度根音が離れたダイアトニックコード間に置かれたディミニッシュコード」です。 

 だから、

CM7   |Dm7   |Em7   |Am7  |

であれば、

CM7  C#dim7 |Dm7 D#dim7 |Em7  |Am7  |

とかです。置き換えるんじゃなくて、「挟む」んです。

この和音も米津楽曲に出てきます。

<テンションは適度に乗せる>

乗せすぎたテンションは無駄になる、という話です。

同曲でのdim7コードはII7(b9)=ドッペルドミナントにb9を乗っけた7thのディミニッシュです。キーAmでやってみましょう。

Am   |Bm7(b5)  E7  |Am

これがダイアトニックのII-Vですね。

でこれをII7にします。

Am   |B7  E7  |Am

ちょっとエスニック、というかスパニッシュというか、辛味が効いて、しつこくなりますよね。これをさらにしつこくします。

Am   |B7(b9)  E7  |Am

 きゃーしつこい。これを薄めるには逆にテンションをまぶします。

Am7(9)   |B7(b9)  E7(b9,b13)  |Am7(9)

テンション=張りが立つ、というような意味ですが、本来は使い込むことによって全体のテンションが上がって、逆に平らになるんですね。コンプ使いすぎた音源みたいな感じです。

===== 

この"Lemon"のディミニッシュの辛味/ノスタルジーは、マイナーキーでのII7の辛味なんですね。みんな大好き短調のII7。民族的で、粗野な色彩、内在する本能的な感覚、みたいな。死は本能を超えた存在です。大きな謎と死を抱えた主人公の重みそのもの。

m7(b5)の教科書的利用

この曲にはもう一つ匂うようなコードがあります。

C#m7       G#m       E   F#      Fm7(b5)
の「帰れないコード、Fm7(b5)」です。これもいろんな曲を勉強してないと使えないコードですが、昨今ポップスで見られるようになってきました。
 
これはジャズ理論ではIV#m7(b5)でトニックマイナーの代理コードとされています。
m6コードの転回形だからです。
つまりこの曲のマイナーキーの主和音G#mをG#m6としたときの転回形です。
だから
E  F#  G#m6
って流れてる、と解釈してもいいです。
でも「帰れない」んです。
そのままE---F#---G#って行かないで、fに戻ってしまうんです。E---F#---Fって。この感じが「帰れない」感じしませんか?
 
問題は、このm6コードをいつ使うべきか、です。
今こそm6を使わなきゃ!!!
って作曲してる時に思えなければ、いくら覚えても意味がないですよね。
前の行でG#m使ってるから、繰り返し使うのはつまらないなぁ、とか感じられる感覚、大事です(私はユーミン楽曲研究で知りました)。また歌詞のニュアンスと連動したコードなので、さらにカッコ良い。
 
 
結果、この二つのコードDdimとFm7(b5)が、私にとっての
「胸に残り離れない苦いレモンの匂い」
でした。「レモンの味」ってしないところが素敵だな、って思います。
え?苦い?苦いって言われると、"酸っぱい"が軽く感じますね。レモンの清純さの裏の顔、みたいな。青春の裏。
 
あれ、レモン関係ないじゃん!ってわかるのはしばらくしてから。レモンに象徴される概念について歌った歌なんですね。きっと。心臓かもしれないし、魂かもしれません。
 
 ユーミン楽曲の「ルージュの伝言」の歌詞には「紅い」って言葉は一回も出てこない(ルージュ=赤)けど、聴き手には口"紅"しか浮かんでこない、っていう技法と同じです。
何を強調して、何を言わないか、フェイントを絡めたサッカー選手の巧みなドリブルみたい。
  

皆さんもぜひ自分の好きな曲をとことん語ってみてください。自分の好きが明確になります。好きが明確になると生きる指針が見えます笑。

 

 

その2に続く。
www.terrax.site