音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

人生の熱い決断の瞬間を歌にしている~ユーミン歌詞・コード考63★★★

ユーミンの不定調性コード進行研究

ユーミン歌詞・コード考 / アルバム「VIVA! 6×7」

 

歌詞については掲載しておりませんので

www.uta-net.com

こちら等にて確認ください。

 

太陽の逃亡者
(ユーミンレポートより)

Aメロ(アルバム収録タイム 1:00-)
E♭m7 |E♭m7 |E♭m7/A♭ |E♭m7/A♭ |
D♭M7 |Cm7 |F7sus4 |F7sus4 |
B♭m7 |B♭m7 |B♭m7/E♭ |B♭m7/E♭ |
A♭M7 |Gm7 |C7sus4 |C7sus4 |
この曲も「Corvett1954」(事例23)と同様、ボーカルのキーに合わせたかのような移調されたメロディラインで構成されている。前半がD♭キー、後半がA♭キー。

これが7sus4コードを介して五度の移調が行われている。メロディラインが同じであるため、一聴しただけでは聴き逃してしまうかもしれない。


恋の苦さとため息と

ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」に"ザンジバル"という作品があるのですが、あの曲を思い出しました。


「混沌」てジャズの速い4ビートが示すポップ音楽的な一つの表現手段となるのかもしれませんね。だから心の混沌とかを表現する時に、ジャズとしての4ビートを使うのではなくて、音楽表現としての4ビートを、そうした表現手段で使ってみるのは、とてもおもしろいと思います。

心が震える→心がふらつく→最上階の窓

というクオリアがリンクしているところなどは歌詞のテクニックとして勉強させていただきましょう。書けそうで書けません。

 

 

 

灯りをさがして

このアルバムは単品でCMソングやイメージソングになっている作品が多く、小説で云えば「短編集」のような雰囲気ですね。
この曲のAメロの始まりについて、
GM7 |% |Cm6/G(またはGaug-add9) |%|
と流れるのですが、このaug系のコードが「なぜ」感をしっかり出していて、歌詞とバッチリスクラムを込んだ展開になっています。こういうのはすぐ参考にできますね。

 

 AD

   

   

 

永遠が見える日
 

こうなってくると、

"輝いて もう少し そばにいて 抱きしめて この世にいる 意味をおしえて"

というのも、「叱って」系と類似した"教えて""指示して""導いて"系、と言えるかもしれません。相手に願いを伝える、というのは勇気や決断が必要です。

ユーミンソングには人生の一大アクションがあって、一つの人生の熱い瞬間、決断したその時があるのだなぁ、なんて感じます。"そのとき歴史が動いた"の、まさにその瞬間

の心の動きが歌になっている、と言えばいいでしょうか。

 

というか、歌そのものはそういう瞬間が一番歌になるなぁ、なんて。

これ結構な気づきじゃない?

 

この曲のAメロ頭の部分、
Eb |F/Eb |Ab/Eb |Eb |
Cm7 |D7 |Gm7 |Ab/Bb |
という流れがありますね。最初の四つのコードはこのブログではビートル進行なんて云っていますが、ユーミン楽曲でも時折使われる進行です。雰囲気が定まってしまうので、歌詞の内容を選ぶ進行です。

何かの続きにこれが起きて、
とか
そうしてこうしてこうなった、
というような過程を説明する雰囲気のような流れを私は感じるのですが、この歌詞を読んでも私は違和感は感じません。


Summertime

この曲のAメロ部分は、
Ab7sus4 |Ab7 |Ab7sus4 |Ab7 |
Db |C7 |Fm7 |Db7 |
Ab7~
となっていて、これも言ってみれば不定調性進行による「掛留概念の拡張」進行になっています。

 

ひまわりがある風景
車って機械的なだけに、心情がマッチする、って言う直感的な気づきが天才的だなぁ、と感じます。

 


霧の中の影
孤独というのはずーっと憑いてまわるんですね。
ネガティブに考えれば、「自分はひとりぼっち」なのでしょうが、ポジティブに考えれば、「自分という存在は独りしかいない」ということでしょうか。
それを「孤独」と言うか、「唯一」というか、そうした発想だけで人生だいぶ変わってくるのだ、とユーミン楽曲は教えてくれます。

 

VIVA!6×7