音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

"どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう"~ユーミン歌詞・コード考45

ユーミンの不定調性コード進行研究

ユーミン歌詞・コード考 / アルバム「Delight Slight Light KISS」1

 

歌詞については掲載しておりませんので

www.uta-net.com

こちら等にて確認ください。

1,リフレインが叫んでる

 

 AD

 

 

サビの進行が、
Em |C |Bm |Em |
C |Am D |Em |% |
弾いて頂くと分かると思いますが、「どうして、どうして」という感じが良く伝わってきます。

 

Aメロのベースラインが非常に、なぜ?なぜ?みたいな効果を出していると思うのですが、いかがでしょう?

 

どうしてどうして、と、疑問だけが叫んでる、なんて云われればいわれるほど思い当たる。

 

人生の憂いを払うために、我らはこの疑問を叫び続けているのかもしれませんね。

 

===

 

 AD

   

   

 

2,ふってあげる

 

 

これが音楽でもなく、文学でもなく、詩の朗読でもない、とすれば、やはり『ユーミニズムポップアート』とでもいうべき、新しい表現アートなのではないでしょうか。

 

ポップアートというのは、200年後にはどうなって分析や研究されるのか分かりませんが、20-21世紀人の精神性を支えていることは間違いないのだから、どんだけ深く考えておいても、良いですよね。

 

 

4,幸せはあなたへの復讐

(ユーミンレポートより)
Aメロ(アルバム収録タイム 0:20-)
Am7 |G/A |F/A |F/A |
Am7 |G/A |F/A |Em7/A |
=degree=
(key=Am)
Im7 |VII♭/I |VI♭/I |VI♭/I |
Im7 |VII♭/I |VI♭/I |Vm7/I |
徹底したIに停滞するベースラインが印象的だ。最後のEm7/Aはe音の可能性もあるので各位聴取して頂きたい(他のコードの可能性もあり)。これは、
Am7 |G |F |F |
とした時とは印象がまるで違う、じりじりとした停滞感がある。

 

特にF/AというサウンドとFの違いを感じ取れるようになると、コードの使用感に革新を得るはずである。

5,September Blue Moon

 

ラテンのリズム+歌詞のギャップ。

手に取ってみたら、中に入ってみたら、中を開けてみたらびっくり!みたいな感じを受けます。

 

"自動ドアつれて来た秋の風"

生活感や、生活の中で人が気付くべき瞬間、のようなものを言葉にしてる。先の"幸せはあなたへの復讐"みたいに、そうそうそれそれ、という、何となくイメージしたことはあるけど形にできなかった感情、みたいなものをびし!!っと決めてくる。。

 

 Delight Slight Light KISS