音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

歌詞のテクニック~定型から詳細を考えよう;ユーミンレポート24

2018.3.1→2020.4.5更新

ユーミンレポート全楽曲目次 

前の記事

www.terrax.site

歌詞については掲載しておりませんので

https://www.uta-net.com/artist/2750/

こちら等にて確認ください。 

 

手のひらの東京タワー

open.spotify.com

視点が手元に移り、金色の東京タワーの鉛筆削りが、まるで一日の余韻のように印象に残ります。詞のスタイルとしてとても勉強になります。

・あなたに~~をしてあげたい

・私の持っている~~は~~ができる

・つまらないとおもわないで

・あなたに今度は~~してほしい

(又は今度は一緒に~~したい)

という流れでストーリーをあてはめていくと詞ができる、というわけです。

 

だれだって恋人とこういうことをしたいはずです。

この願望にはスタイルと流れとストーリーが決まっています。

妄想を打ち明ける、突っぱねられる、でも食い下がる、という流れを書くわけです。

もちろんユーミン歌詞を決して軽んじているわけではありません。

ポピュラーソングを書くとき、または書けなくなった時、この大枠を覚えておくとスランプとか関係なくなります。

・あなたにお弁当を作ってあげたい

・私の持っている畑で取れたニンジンは甘いの

・くだらないとおもわないで

・今度一緒にお弁当したい

こんな具合に。

ストーリーは決まっているんです。あとはそれをどう表現するかです。

そこが作詞家の凄いとこ! 

   

   

コードも見ておきましょ!

Aメロ(アルバム収録タイム0:20-)
Am7/D A♭aug/B♭ |Am7 |A♭7 F/G |CM7 |
Am7/D A♭aug/B♭ |Am7 |Dm7 F/G |CM7 |
=degree=
(key=C)
VIm7/II VI♭aug/VII♭ |VIm7 |VI♭7 IV/V |IM7 |
VIm7/II VI♭aug/VII♭ |VIm7 |IIm7 IV/V |IM7 |


分数コードの雰囲気が、ふんわりとした暖かさを感じさせます。

この浮遊感に合わせるようにユーミンの声もどこか不可思議な軽さがあります。

声と和音とアレンジが曲の印象を柔らかく、どこかやつれた思い出になっているような感じさえします。最初は分からなくてもこういうコードに長けた人の作品をカバーしその雰囲気に慣れてくると、自分でも作れるようになります!

焦らず練習あるのみなんです。

次の記事

www.terrax.site

昨晩お会いしましょう