音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ユーミンコード進行のパステルカラー~ユーミンレポート2

2018.2.17⇨2020.3.22更新

ユーミンの不定調性コード進行研究

ユーミン歌詞・コード考1 アルバム「ひこうき雲」1

1973.11発売の「ひこうき雲」より。前半

前の記事

www.terrax.site
 

145.曇り空

open.spotify.com
Aメロ(アルバム収録楽曲タイム0:08~)
Gm7 |Gm7 |Cm7/F |Cm7/F |
Cm7 |Gm7 |Cm7 |Dm7 |

=degree=
(key=Gm)
Im7 |Im7 |IVm7/VII♭ |IVm7/VII♭ |
IVm7 |Im7 |IVm7 |Vm7 |


この曲は短調とユーミンのくぐもった声で表現される「曇り空」感が印象的です。

V7和音が用いられないことで強烈な短調の空気を持たず、清楚な美しさを感じます。

まさにユーミンのパステルカラー。


またCm7/F→Cm7という微妙な色彩変化の停滞さが「どんよりとした雰囲気」を表現していると思いませんか?

 

146.恋のスーパーパラシューター

open.spotify.com


Aメロ(アルバム収録楽曲タイム0:14~)
C |C |Gm7 |F |
Am7 |Gm7 |F |G7sus4 |
=degree=
(key=C)
I |I |Vm7 |IV |
VIm7 |Vm7 |IV |V7sus4 |

サビ(アルバム収録楽曲タイム0:39~)
B♭ |F |E♭ |F |
A♭ |E♭ |D7 |Dm7/G~
=degree=
(key=F)IV |I |VII♭ |I |
(key=E♭)IV |I |VII7 |(key=C)IIm7/V~


一聴すると、ロックンロール調ですが激しい転調が起きています。

C7というブルースコードを基調にしたCミクソリディアンの下記モーダルハーモニー的です。

 

Cミクソリディアンモードのダイアトニックハーモニー
C7-Dm7-Em7(♭5)-FM7-Gm7-Am7-B♭M7
Aメロは聴感上Cが中心ですが、コードにはGm7が特徴的に響きます。

本来CのキーならGm7ではなくG7となるはずです。Fメジャーのキー的でありながら、Cミクソリディアンに重心を置いた楽曲に仕上がっています。

  通常のCメジャーキーのダイアトニックコード、

CM7-Dm7-Em7-FM7-G7-Am7-Bm7(♭5)

の中のb音を全てb♭にすることになり、

C7-Dm7-Em7(♭5)-FM7-Gm7-Am7-B♭M7

となります。Fメジャーキーのダイアトニックコードです。

Fメジャーキーのなかのcを中心にした音階がベースになった曲調、と解釈することができます。

もちろんユーミンがミクソリディアンモードを意識していた、という指摘ではありません。結果的にそう分析可能というだけです。

「今回はミクソリディアンをベースに曲を考えよう!」

などと考えて曲を作るのは慣れないと難しいです。奔放に作るからこそ、結果的にこうしたモーダルな曲ができる、ということがほとんどです。

 

例;
CM7 |Bm7 E7 |Am7 |  
という進行は、Cメジャーキー/Aマイナーキーに聴こえるかもしれませんが、Gメジャーキーの中でVII7が用いられIIIm7に帰着した進行ということもできるし、Cリディアンのダイアトニックコードを用いた進行ということもできます。
これも別にモードを意識したのではなく、CM7-Bm7がもつ進行感に既視感がある為、その連鎖感を挿入しただけです。これが結果としてどう分析されるかは、分析者の裁量です。つまり「それってあなたの感想」なんです。

 

またここではメジャーコード系の短三度上行のテクニックが用いられています。

これらは「ひこうき雲」の技法から自身が発展させたものとも見えます。


C |F G |B♭ |G |
=degree=
I |IV V |VII♭ |V |
と、短三度の移行を挟むと転調感より「高揚感」や「もっと云うとね」的な楽曲のメッセージも持たせられます。
この手法はサビへと向かう瞬間や、Bメロでガラリと雰囲気を一新したい時などには有効です。

 

E.Clapton「Tears in Heaven」  
サビからCメロ
F#m7 |C# |Em7 |F#7 |Bm7 |Bm7/E |A |A |
C Bm7 |Am7 D |G |~
このA→Cにダイナミックな短三度転調が使われています。

楽曲を聴くと「時間の経過がお前を打ちのめすだろう」というような歌詞。

この変化が「時間が流れ去っていくと~」というような雰囲気を確かに後押ししてます。

 

またメジャーコードの短三度の移動については下記も参考にして頂けると幸いです。

www.terrax.site

 

147.きっと言える

open.spotify.com


Aメロ(アルバム収録楽曲タイム0:08~)
B♭7 |E♭M7 |A♭m7 |G♭M7 |
D♭7 |G♭M7 |Bm7 |AM7 |
サビ
Bm7 |AM7 |Bm7 |AM7 |
Bm7 |AM7 |Bm7 |E7 |
A'メロ
E7 |AM7 |Dm7 |CM7 |
G7 |CM7 |Fm7 |E♭M7 |
サビ'
Fm7 |E♭M7 |Fm7 |E♭M7 |
Fm7 |E♭M7 |Fm7 |B♭7 |
=degree=
(Key=E♭)V7 |IM7 |IVm7 |III♭M7 |
(Key=G♭)V7 |IM7 |IVm7 |III♭M7 |
サビ
(Key=A)IIm7 |IM7 |IIm7 |IM7 |
IIm7 |IM7 |IIm7 |V7 |
A'メロ
(Key=A)V7 |IM7 |IVm7 |III♭M7 |
(Key=C)V7 |IM7 |IVm7 |III♭M7 |
サビ'
(Key=E♭)IIm7 |IM7 |IIm7 |IM7 |
IIm7 |IM7 |IIm7 |V7 |


シークエンスを連鎖楽曲。

スティービー・ワンダーの「Summer Soft」も転調を繰り返し、サビがどんどん上がっていくという作曲技法でした。しかしこれは76年であり、ユーミンの方が先です。

(67年に「someday at christmas」という上昇転調作品もあります)。

この曲では、コード進行が自動的に調を移行させるために、サビで転調が起き、かつそれを元に戻さず、そのまま活用している作品です。

結果的に歌詞が「あなたが好き きっといえる どんな場所で 出会ったとしても」というメッセージが高音でのフレーズになり「切々と歌う」感が増しています。

1コーラス目と2コーラス目でキーが違うなど、画期的ですね。

この手法も「和声の連鎖は必ず何らかの感情表現を持ち得る」という理解のもとトレーニングしていくことで把握できるようになります。

 

ひこうき雲

次の記事

www.terrax.site