音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

さよならの前に/AAA

www.terrax.site

同主調転調の参考曲として。
AAA / 「さよならの前に」Music Video

・Bメロがイントロになっている

・VIIb-Iのサビ入りが転調感を作っている

・曲の最後の陰転してエンディング

などがトピックです。

 

E♭m→E♭→E♭m 

Ebマイナーキー入り、サビでE♭陽転、そして最後にEbm陰転。

別れの前の話、という印象です。

さよならの前に / AAA ギターコード譜 - U-フレット

サビまでがEbm or Gbメジャー的です。

I-V-VIm-V-IV-V-Iと始まります。

 

Bメロがイントロのメロディになっていて面白いです。

サビからEbになるのですが、サビ前はV7であるDbなので、ちょうど

 VIIb→Iができる形になります。

Db→Ebですね。これがちょうど全音上げ転調みたいに聞こえて新鮮でした。

  

AD

   

 

 

 

サビ

サビ終わりはIVです。リリース終止でハーフラップな歌詞のセクションに入ります。

サビは

Eb-Ab-Bb-G(I-IV-V-III)

と流れるのですが、Abでは6thがメロディ音になります。真似したいと思います笑。

 

ハーフラップの後はイントロセクション(つまりBメロ)に戻ります。

Ebmに戻るので暗くなった感じになります。"手、振りほどき系"の陰転。

もともと別れの歌ですから、ここで陽転してもどうにも拾いきれませんけど。

 

Aメロに戻る前はGb→Gbでそのままコード変化がなく入ります。

これは偶然かもしれませんが、「変化感の少ない戻り」でテンションを保って2メロの感じが「どうせ別れる」的な接続感あって、EDM系の最近の接続だなって感じます。

 

間奏、アナライズできますか?

余興で、この曲の間奏だけでもアナライズしてみませんか?

B   |Bbm  Ebm  |B   |Bbm  Ebm  |

D   |Dbm  Gbm  |Abm   |Bbsus4  Bb |

です。

(key=Ebm)

VIb   |Vm  Im  |VIb   |Vm  Im  |

(key=Gbm=短三度転調)

VIb   |Vm  Im  |〜

(key=Ebm)

IVm   |Vsus4  V |

ですね。綺麗ですよね。ずっと投げ捨てたり、変化感の少ない展開をしてきたので、こうしたダイナミックな流れが間奏で出てくると「過去が蘇ってくる感」がすごいです。

 Gbm→Abm

というマイナーコード全音上げで原調に戻る、というのもテクニックの一つです。

 

感動的なラストの転調。

"さよならの前に"

という歌詞で、投げ捨てて終わるのですが、Ebmに戻るんですね。これはかっこいいです。素晴らしいエンディングだと思いました。 

「どうせ別れるんだから」

という感情のままふらりふらり最後まで来ましたが、ここで覚悟決まった感じがちゃんと出てますよね。最後に陰転かぁ!と勉強になりました。