音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

何かに臨む時は、いつも新ネタで臨む~ビートルズ楽曲topic

2018.2.4⇨2020.6.28更新

ビートルズの不定調性コード進行研究

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」6

ハニー・パイ - Honey Pie
古き良き時代、という感じの曲ですが、ビートルコードが結構効いています。

open.spotify.com

Aメロ
G |G |Eb7 |E7 |
A7 |D7 |G |Eb7 D7 |
G |G |Eb7 |E7 |
A7 |D7 |G |F# F |
Bメロ
Em |C#m7(b5) |G |G7 |
C |E7 |Am |D7 |~

こういう曲を聴いて、ジャズに目覚めた人もいたのではないでしょうか?


でもやっぱりちょっとジャズとも微妙に違うビートルコード。

 

ビートルズからジャズにいくと、急にがんじがらめが待っているんです。
II-Vのがんじがらめですね。

あれ、ジャズってなんかつまんね

ってなるんですよね。決まり切り過ぎてて。

 

ジャズのルーティーンを聞いていると、あの「ハニーパイ」で感じた、「コード進行って自由なんだ・・・」という"憧れ"がどこかに消えて行ってしまうんですね、多分。

II-Vのように、「こうなったらこうなる」みたいな常套句がビートルズにはありません。「慣用句」などないんです。


ゆえに、ジャズはビートルズではなく、ビートルズはジャズよりも先の概念をコード進行概念に入れ込んでいた、と考える方が納得がいくのです。

 

AD

   

 

 

 

 

そうなると、この曲のBメロのC#m7(b5)にも納得がいくでしょう。
これは機能和声的に考えると、Em6です。つまりここは、
Em→Em6
と進んでいるだけなんですが、これですと、あまり変化感がないですよね。

そこで、
Em→C#m7(b5)
です。


ジャズであれば、このコードはF#7に進みます。そういうジャンルなのです。

しかしここではGに、なんとルートが増四度進行します。
ジャズから入った人は、ちょっと違和感があるでしょう。

 

でもこの進行こそ「ハニーパイ」ですよね。
ビートルズは「この曲にこの進行あり」という、ジャズがなかなか付けられなかった「このコード進行はこの曲」というイメージをほぼ全曲に渡り付けて来た、と思います。

 

ルパン三世が何かを盗む時は、いつも新ネタで臨みますよね。


以前やった方法が上手く行ったから今回も、なんてことはしません!
それと同じように、ビートルズも常に新ネタを探し求めていました。

 

また、逆に面白いのは、そのアルバムアルバムで「良く出てくるコードの流れの傾向」があるのも事実です。


これはアルバム単位で、音楽的実験を行い、「コンセプト」があったのかもしれません。平たく言えば、マイブーム。ユーミンレポートなどでもアルバムごとの傾向、というものがあることが面白いです。

 

そして、次のアルバムのときには、それまでの実験を活かしながら、また新しいことをやっていく・・・そういうアーティストのあり方や姿勢なんかも私個人は大好きですし、影響を受けました。

常にスリーコードしか使わないということが悪い、という意味では決してありません。それもまたスタイルです。

私はそういう風に七色に進化できたらいいな、という性向がある、というだけです。

自分が心地よいスタイルを見つけていくしかないですね。

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)