音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

IVmM7(6)~ What Goes onのビートルズハーモニー:ビートルズ楽曲topics

2018.1.26⇨2020.5.18更新

ビートルズの不定調性コード進行研究

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Rubber Soul」2(2018)

嘘つき女 - Think for Yourself

open.spotify.com

Am |Dm |Bb |C |
G |% |
Am |Dm |Bb |C |
G |Am |
C7 |% |G7 |% |
Eb |D7 |G | % |


キーはG表記ですが、Vm、IIIb、IV7、VIb7、I7などが入り乱れています。
ジョージは根っからの不定調性進行使いですね。

簡単なコードしか並んでいないように見えます。

音楽理論を少しかじった人にこの進行をアナライズしてもらってください。

調性を行ったりきたりしてる、モーダルインターチェンジしてる、とかっていうようであればまだまだです笑。説明はそれでも良いのですが、「よし調を入ったきたりする曲作ろう」という感覚でこの曲が作れるのか?と聞いてみてください。

分析学的表現と、実際の作曲は使う脳が違うんです。学問としての知識はそれで良いですが、不定調性論はその合間をおさえました。

「よし、知ってるコード使ってなんか作ろー」

が”「よし調を入ったきたりする曲作ろう」”と同等である、と示した方法論です笑。

とても大事なことです。殺人には必ず本人にしかわからないその当時のその瞬間の動機があります、曲を作るのも同じです。「調を行き来したい」んじゃなくて、この動きいいな、これでなんかできんかな?とかってムラムラくるはずです。その動機はうまく言葉にならない時もあります。そこで不定調性論では、クオリア、とか模様感、とかと言っています。あなたにしかわからない動機、それがしっかり心に生まれたら、あなたは曲を作ればいいんです。理屈ではなく。

理屈は「理屈を知りたくてムラムラきた」ら勉強してください。

 

愛のことば - The Word

open.spotify.com


ジョンの不定調性楽曲です。
D7(#9) |% |% |% |
G7 |% |
D7(#9) |% |Em7 A7|Dm7 G7 |
D7(#9) |% |
D |C |F |G |

エンディング
Dm A7 |Dm7 G7 |D |~


なかなか凝っています。ブルージーに入り、II-Vの連鎖が現れますが、このII-Vも進行と言うより「効果」で用いられているだけで、そのままI7であるDに向かいます。
エンディングはクリシェのようになってますが、これがIをImにして始まるあたりが予測不能です。かつ曲としてしっくり来ています。
これだけ前半でコードが機能を超えて並べてあるからできるのでしょうか?

例;
I7 |% |IV7 |% |
I7 |% |IV7 |% |
Im ImM7 |Im7 IV7 |
I7 |% |IV7 |% |

なにか新しいブルース進行のようなものを作ってしまったような感じさえしますね。

   

ミッシェル - Michelle
下記を参考下さい。

www.terrax.site

 

消えた恋 - What Goes on

open.spotify.com
この曲は0:31〜ぐらいから
E |% |Am |% |
E |% |Am |% |

Am |B7 |E |% |~


IVmが効果的に使われています。


全体のコーラスを聴かないとわかりません。

リンゴのメロディをみるとIVmM7(6)のような全体の響きになっています。

 

なかなかジャジーな響きになるはずですが、コード感が全体にないので、ビートルズサウンドになっています。カントリー調です。

ビートルス聞いてからブルース聴いたり、カントリー聞いたりすると、肩すかしを食らいます。本家はめちゃくちゃ単純な構成です。 

ビートルズは、チャック・ベリーから歌詞に社会性を入れる、的なことを学んだりして、とにかく音楽を重厚に、つまらない刹那的で表面的なものにしない、という信念が底に流れています。