音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

起立/礼のピアノから和音の進行感を考える〜様々な仮想起立礼音源と音楽の"聴き方"について

2018.1.17⇨2020.2.1更新

 

ジャーン(起立)、ジャーン(礼)、ジャーン(直れ、着席)

のあれです。「修礼」といってましたね。

弾き方

じゃーん(C)

f:id:terraxart:20181121122434p:plain

じゃーん(G)

f:id:terraxart:20181121122442p:plain

じゃーん(C)

f:id:terraxart:20181121122434p:plain

最初と最後は同じです。

調べてみますと、起源は少なくとも昭和初期に起こったものだそうです。

「起立礼」感を展開する

C-G-C

いわゆる「T-D-T」、トニックードミナントートニックです。

(音源が再生されない時は、お手数ですがページをリロードしてください!)

 

ここからは不定調性論的思考によるお話です。

"トニックは安定している"、"ドミナントは不安定"と覚えている人もいるでしょう。
この進行は、安定ー不安定ー安定となっているから、落ち着くのだ、と刷り込まれているはずです。

まず大切なのは、この「刷り込まれている」という感覚に気が付くことです。

あなたは刷り込まれたんです。

それを認めてしまうと、急に支えがなくなり、音楽家として「自分とは何者か」ということへの旅が始まってしまいます。

 

この進行を聴いても、我々が予想する感覚とは異なる感覚を感じる人(民族)もいるかもしれない、というスタンスを持っておく、ことこそがグローバリゼーション(?)となるのかな。

==== 

しかし現状の日本にいる限り、別にこの"催眠状態"でも不便はありません。全員同じ音楽教育を受けているので。

 

実験してみましょう。
G-C-G

を聞いてみましょう。

サブドミナントによる終止です。

 

これも解決していませんか?いわゆる「アーメン終止」ですね。

慣れない時は6回ぐらい繰り返し聞いてみてください。徐々にGに終止感が生まれます。

その「終止感」を生んだのは誰ですか?

音源?宇宙と科学の真理?それとも脳の認知機能?^

 

では、次はどうでしょう。

C-G7-C

 

GがG7になることでさらにCへの解決感が増しましたね。では一旦これもひっくり返してみましょう。

 

G7-C-G7

 

これでG7で一発で解決感を感じた人は、ブルースマンです。

感じない人は下記のフレーズを一回聴いて戻ってきてください。

<sample>

 

別に<sample>聴いてもG7は不安定だよ、という人もいるでしょうが。

この差異は、あなたの中のブルース文化の有無と濃度によります。

 

これらの和音の「安定感」「不安定感」「解決感」を不定調性論では「音楽的なクオリア」という捉え方をします。 

不定調性論では、和音のイメージを理論として定めず、様々な和音の連鎖した時のあなたが感じる"感じ"を全て「進行感」として、あとは自分の感じ方に基づいて表現をする、という方法論です。

 

人と意見が別れても「自分にとってはそれはそうなんだ」と認められるスキルを持てば良いと思います。

それは最初は思い込みですが、それを続けることで自分の判断を創造していく強さにつながります。独自性、サバイバル、生き方、どんな言い方でもOKです。

 

人は孤独になってどう考え行動するか?

 

   

また、「解決感」も「終止感」も私が感じているそれとあなたが感じているそれは別物ではないか、と考えます。

「私はこの進行に解決感を感じるけどあなたも同じ?」

ではなく、

「私はこの進行に私なりの進行感を感じるけどあなたもあなたなりの進行感を感じますか?」

と変わるわけです(不定調性論的思考)。

 

脳の機能が同じであれば、同じように反応します。しかし

 私の進行感あなたの進行感

だと思うのです。

もともと違うものを一緒だと決めつけて話を進めるから他で齟齬が生まれます。

そして個々が違うからこそ、同じコード進行で違うメロディが生まれる

と考えることができます。

 

では上級編。「あなたなりの進行感」を感じて表明してください。

C-G7-G


このときのGだって安定和音です。G7がGに解決しています。どんな進行感を感じましたか?

「おー斬新だww!」とか感じたりするかもしれません。

「えーこんなのありえん」という方もあるかもしれません。

これ実際に曲でやっているのがビートルズの「Help!」です。

www.terrax.site

同曲ではA7-Aで曲が始まります。

最初はずっこけるんですが、これだけヒットしていろんなところで聞くと慣れてしまうんです。慣れることで理解できてしまうんです。

ビートルズが示したのは、コードさえ知ってれば、自由につなげて音楽を作れる、という思考法です。そこが痛快なんです。そして彼らがジャズに変わり世界を征服しました。

 つまり、あなたがずーーーっとあなたの音楽を続けていたら、いつの間にかあなたの音楽が世界に浸透してそのサウンドも受け入れられる、ということです。

そこまで我慢して続けられるか、が大変ですが。

 

人と違うことに慣れること、争わないことが次の時代の民度のステップなのかな、と。

まだまだそういう時代は来そうにないでしょうか?

 

次です。

CM7-GM7-CM7

はどうでしょう。ポップス好きの人は受け入れやすいかな?

 

これはどうでしょう。
CM7-Fm6-CM7

 

礼を忘れて遠くを見つめてしまいそうです。

 

どんどん弾き方が「ポロロン」になっているのに気がつきました?

<がーん!>

 

このがーん!バージョンでは、遠くを見つめる感がうまく出ないと私は感じたからです。これも「音楽的なクオリア」を生かす、ということの実践です。

 

ではこれはどうでしょう。
CM7-F#M7-CM7

ちょっと熱に浮かされたような。一般には非機能進行と言われるものです。

この進行には機能がない、というわけです。

これには理由があって、音楽理論が固まった当時こうした進行には価値がなかったんです。

やがてジャズが生まれ、フュージョンが生まれ、当ブログではこの進行はニルヴァーナ的な進行である、と言えます。こすれるような感じでカッコいいと思うのですがどうでしょう。

そして現代人はこの流れに進行感を感じてもいいと思うのです。

 

まとめ

結果として、進行感を感じる人にとっては、どんな和音を二番目に持ってきても、何らかの「礼の効果」「進行感」を感じることができる、とはいえないでしょうか。

 

不定調性論では、これらの様々な和音進行を同列に扱うために「機能感」を取り払い、和音進行のルールを取り払うために膨大な紙面を使いました

見知らぬ国のストリートで流れる聞いたこともない音楽に感動できるのは、あなたがその土地でそれを感じようとしたから感じたもので、それは音楽理論で説明するよりも不定調性論的思考で捉えた方がしっくりくると思います。

理屈はあるのだけど、どのようにその良さを言葉にしてもあなたが感じた「感じ」を越えることができるでしょうか?

だからこそ音楽理論的思考(言葉)と不定調性論的思考(感覚)の両方を持てれば社交的音楽家としてのバランスは取れると思うのです。

 

多くのフォーク、ロック系先輩ミュージシャンが音楽理論や楽譜を嫌うのは、彼らが強烈な独自論を持っていたからであり、当時の音楽理論教育がポピュラー音楽実践に実践的ではなかったことも関わっていたと思います。

「音楽理論不要論」自体がもはや不要です。

既存の学習が肌に合わないなら、自分の作品を作れる方法論を自ら作れば良いだけのことです。 

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site