音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

起立/礼のピアノから和音の進行感を考える〜様々な仮想起立礼音源と音楽の"聴き方"について

2018.1.17⇨2020.2.1更新

 

ジャーン(起立)、ジャーン(礼)、ジャーン(直れ、着席)

のあれです。「修礼」といってましたね。

弾き方

じゃーん(C)

f:id:terraxart:20181121122434p:plain

じゃーん(G)

f:id:terraxart:20181121122442p:plain

じゃーん(C)

f:id:terraxart:20181121122434p:plain

最初と最後は同じです。

調べてみますと、起源は少なくとも昭和初期に起こったものだそうです。

この記事では、皆様が良く知るこの"音楽的進行感"を題材にして、和音が連なることについて、様々な"感じ"を得ることを体験していただきたくて書きました。

ここに書かれたことがなんとなくでもわかれば、あなたはポップスだけでなく、ジャズ、民族音楽、現代音楽まで、"鑑賞"することができる素養がある、と言えます。自信を持ってください。

昨今の感覚学習とは違った不定調性論ならではの切り口をお楽しみください。

 

「起立礼」感を展開する

C-G-C

これらの和音には機能と名前がついており、

C=トニックの和音→

G=ドミナントの和音→

C=トニックの和音です。

いわゆる「T-D-T」と訳されます。

(音源が再生されない時は、お手数ですがページをリロードしてください!)

 

ここからは不定調性論的思考によるお話です。

"トニックの和音は安定している"、"ドミナントの和音は不安定"と覚え"させられ"ている人もいるでしょう。
この進行は、安定ー不安定ー安定となっているから、落ち着くのだ、と刷り込まれているはずです。

この、礼をしたくなる感じ、着席したくなる感じを不定調性論では、「刷り込まれた進行感」と呼んでいます。もともとあなたはこの号令で礼をする必要などないんです。そう感じる必要性裏ありません。社会への義理でそういう感覚を思い出してやってるだけです笑。

まずそう感じてしまうこの感覚が(学校教育や動画文化等で)「刷り込まれた感覚」である、ということに気が付くことが第一歩です。

 

しかしこれを認めてしまうと、急に行動に支えがなくなります。

「じゃあ、どうすればいいの?」

となります。この先について語られることはありません。

そしてこの先こそがクリエイターの居場所です。最終的に「自分とは何者か」という問いが待っています笑。

 

だからこの和音進行を聴いても、我々が予想する感覚とは異なる感覚を感じる人(民族)もいるかもしれない、というスタンスを持っておく、ことこそがグローバリゼーション(?)です。シマウマは白地に黒ですか?黒地に白ですか?

www.terrax.site

 

 

しかし現状の日本にいる限り、別にこの"催眠状態"でも不便はありません。全員同じ音楽教育を受けているからです。だからなおさら排他的になります。

 

それではいくつか実験してみましょう。

C-Db7-C

 

いわゆる「裏コード」です。

f:id:terraxart:20211021083205p:plain

理屈はわからなくても、この音の流れを見ていただくとわかる通り、Cからちょっと狭くなってまたCに戻ります。この「狭くなった感」がここでのポイントです(音の配置によって広がった感も作れます)。この"感じ"がこの和音進行において

"なんかギスギスする感じ"

"擦れたような感じ"

を感じ取れるかもしれません、人によっては「まぶしい」とか「きつい」とか「重い」とか色々感じると思います。もしそう感じたら、それをあなたの曲で使うんです。または音楽鑑賞の感想として述べるんです。

太陽の熱い感じを歌にしたい!と思ったら、

・そうだ、裏コードが俺にとっての眩しさなんだ、サビの終わりではあれを使おう!

という動機になります。周囲の人は、

・裏コードは眩しくはないやろ

・裏コードはむしろ寒いだろ

とかいろいろ言うと思います。でもそれは一切無視してください。これは義務教育で社会的協調を求められているわけではありません。自己表現、という闘いです。

自分が感じたことからから主張したいことが生まれ、それが作品になるんです。

教育はそれらの全ての独自性を奪ってはいけないんです。

 

まずは自分が感じることに対して自信を持つこと、恥と思わないこと。たとえ人と違っても。人と違ったら「頭一つ飛び抜けた」ぐらいに思ってください。

不定調性論はそういう感覚の持ち主が堂々と音楽を制作できる価値観を有することができるように作りました。ちょっとした現況教育への叛乱です。

 

どんどん行きましょう。

C-Dm7 G7-C

 

ジャズのII-V(トゥファイブ)です。おしゃれですね。礼が二段階になりますが笑

トゥファイブは"そうろう文"と同じで、ジャズの慣用句です。江戸の文章さながらにとにかくII-Vがつきます。ジャズを学ぶと「II-V」がわからん奴は去れ、みたいに言われるかもしれませんが、そのときは「この人は、いまだにそうろう文で手紙書いてるのか」とでも思いましょう。

そうでないj-popで使われるII-Vは、歌舞伎のキメ台詞のように「そうろう」が進化します。ここぞ!!というときに決め台詞を使うことでめちゃくちゃかっこよくなります。

www.terrax.site

ポップスはジャズが進化した形なので、j-popで飽き足らなくなったらジャズまで遡って勉強してみても良いと思います。日本にはルパンジャズという国宝、つまり「ジャズの正当進化型」があります。あれはジャズではないのすが、j-popに行かなかったジャズ、という意味で最強のアート音楽です。

 

おまけで。

 

さきのII-Vに「テンション」という音をのせることで、くるっとターンしてからお辞儀するような、おまえどっからきた系の起立礼ができます。これもジャズ文化であり、ポップスに吸収されていきました。MISIAとかJUJUサウンドはこういう技術で彩られています。

 

さらに

C-Aaug/G-G

 

イキスギコードです。

f:id:terraxart:20211021085441p:plain

これも先の裏コードと比較してみると面白いです。今回は裏コードとの構造の比較をしやすくするため、ガバガバに拡張した感じにしてみました。これによって・歯がうくような、腰が抜けるような、捻られるような、緊張感があると思います。これも好きに感じて下さい。"イキスギコード"の命名もまたその人がそういう印象を持ったコードからの命名と言えます。

(この音の配置をヴォイシングというのですが、逆に裏コードみたいに配置によってギスギスさせることもできます。ヴォイシングは沼ですので変にハマらないようにしてください。私は沼から出てくるのに15年かかりました。)

 

ここまでは音楽理論どおりです。ここから先の概念は音楽理論自体が未整備(説明できないのではなく、そういう発想をしない系)で、これらを説明するには、どうしても不定調性論的思考が必要になってきます。

 

G-C-G

を聞いてみましょう。

サブドミナントによる終止です。

 

これも解決していませんか?いわゆる「アーメン終止」ですね。

慣れない時は6回ぐらい繰り返し聞いてみてください。徐々にGに終止感が生まれます。

その「終止感」を生んだのは誰ですか?

音源のせい?宇宙と科学の真理?それとも脳の認知機能?

起立礼をこんなふうにしないのが音楽理論で、不定調性論はあらゆる手法をいつ何時も活用する、という発想になります。

 

では、一旦安定の起立礼を。

C-G7-C

 

GがG7になることでさらにCへの解決感が増しましたね。では一旦これもひっくり返してみましょう。

 

G7-C-G7

 

これでG7で一発で解決感を感じた人は、ブルースマンです。

感じない人は下記のフレーズを一回聴いて戻ってきてください。

<sample>

 

別に<sample>聴いてもG7は不安定だよ、という人もいるでしょうが。

この差異は、あなたの中のブルース文化の有無と濃度によります。

 

これらの和音の「安定感」「不安定感」「解決感」という存在を不定調性論では「音楽的なクオリア」という名の概念で呼んでいます。

様々な和音の連鎖した時に自身が感じ捉える"心象"を全て「進行感」として重視し、その感覚を元に音楽を連鎖していく、という方法論です。

 

また、「解決感」や「終止感」は私が感じているそれとあなたが感じているそれは別物ではないか、と考えます。

「私はこの進行に解決感を感じるけどあなたも同じ?」

ではなく、

「私はこの進行に私なりの進行感を感じるけどあなたもあなたなりの進行感を感じますか?」

と変わるわけです(不定調性論的思考)。

 

脳の機能が同じであれば、同じように反応します。しかし

 私の進行感あなたの進行感

だと思うのです。

もともと違うものを一緒だと決めつけて話を進めるから他で齟齬が生まれます。

そして個々が違うからこそ、同じコード進行で違うメロディが生まれる

と考えるほうがつじつまが合います。

 

では「あなたなりの進行感」を感じて表明してください。

C-G7-G


このときのGだって安定和音です。G7がGに解決しています。どんな進行感を感じましたか?

「おー斬新だww!」とか感じたりするかもしれません。

「えーこんなのありえん」という方もあるかもしれません。

最後のGでHELP!のAメロが歌い出せる人は、ビートルマニアです。

この進行感を実際に曲でやっているのがビートルズの「Help!」です。

www.terrax.site

同曲ではA7-Aで曲が始まります。

最初はずっこけるんですが、これだけヒットしていろんなところで聞くと慣れてしまうんです。慣れることで理解できてしまうんです。

ビートルズが示したのは、コードさえ知ってれば、自由につなげて音楽を作れる、という思考法です。誰もが知っているコードで信じられない音楽を作る、上手いとか下手ではなくてそこが彼らの痛快なところです。まさに音楽界というゴリアテにコード五つで挑んだダビデです。

そして彼らはジャズに変わり世界を征服しました。

 つまり、あなたがずーーーっとあなたの音楽を続けていたら、いつの間にかあなたの音楽が世界に浸透してそのサウンドも受け入れられる、ということです。

そこまで我慢して続けられるか、が大変ですが。

 

次です。

CM7-GM7-CM7

はどうでしょう。ポップス好きの人は受け入れやすいかな?

ジャズではコンスタントストラクチャという技法に展開していきます。同じコードタイプを連鎖させる方法です。拙論では和声単位作曲技法と言います。

 

これはどうでしょう。
CM7-Fm6-CM7

 

礼を忘れて遠くを見つめてしまいそうです。

 

どんどん弾き方が「ポロロン」になっているのに気がつきました?

<がーん!>

 

このがーん!バージョンでは、遠くを見つめる感がうまく出ないと私は感じたからです。これも「音楽的なクオリア」を生かす、ということの実践です。

 

ではこれはどうでしょう。
CM7-F#M7-CM7

ちょっと熱に浮かされたような。一般には非機能進行と言われるものです。

この進行には機能がない、というわけです。

これには理由があって、音楽理論が固まった当時こうした進行には価値がなかったんです。

やがてジャズが生まれ、フュージョンが生まれ、当ブログではこの進行はニルヴァーナ的な進行である、と言えます。こすれるような感じでカッコいいと思うのですがどうでしょう。

そして現代人はこの流れに進行感を感じてもいいと思うのです。

 

まとめ

結果として、進行感を感じる人にとっては、どんな和音を二番目に持ってきても、何らかの「礼の効果」「進行感」を感じることができる、とはいえないでしょうか。

この不定調性論的価値観の有無は、すなわち音楽的才能があるかどうかを探る基準ともなります。

中学生などに試すと如実に表情が変わります。みなたくさん能力を持っているけど学校教育によって摩滅されてしまいます。社会で生きていくために必要ではないからです。

 

===

不定調性論では、これらの様々な和音進行を同列に扱うために「機能感」を取り払い、和音進行のルールを取り払うために膨大な紙面を使いました

見知らぬ国のストリートで流れる聞いたこともない音楽に感動できるのは、あなたがその土地でそれを感じようとしたから感じたもので、それは音楽理論で説明するよりも不定調性論的思考で捉えた方がしっくりくると思います。

理屈はあるのだけど、どのようにその良さを言葉にしてもあなたが感じた「感じ」を越えることができるでしょうか?

だからこそ音楽理論的思考(言葉)と不定調性論的思考(感覚)の両方を持てれば社交的音楽家としてのバランスは取れると思うのです。

 

多くのフォーク、ロック系先輩ミュージシャンが音楽理論や楽譜を嫌うのは、彼らが強烈な独自論、つまり自身が感じたことを言語にしないまま音楽で表現できるスキルと方法論を持っていたからです。

独自論を作るという前例があると知れば、「音楽理論不要論」自体がもはや不要です。まずは自分のやり方で自分の作品ができれば良いわけです。そこから様々な人の方法論を組み合わせて、社会に求められる音楽が構築されていきます。

売れる売れないは学習内容ではなく、出逢った人のその人の方法論とあなたのやり方でうまく化学反応が起こせるかどうかなので、音楽理論はほとんど関係ありません。

音楽理論に詳しかったジョージ・マーティン一人だけではビートルズは成り立ちません。

 

既存の学習が肌に合わないなら、自分の作品を作れる方法論を自ら作れば良いだけのことです。 

 

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site